好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

F1GP/バーレーン

今年のF1第2戦、バーレーンGP。
トロロッソ-ホンダは4位という成績を獲得。
とはいえ、通常は前を走る車が3台ほどリタイアしたからとも言える。
でも、最後までなんの問題もなく走ったのはとってもよかった。

初戦のオーストラリアでは散々な結果だったので今回もどうなることかと思っていた。
チームはこのコースが車にあっていたとのこと。
路面がスムーズな場合は調子がいいってことなのか。
オーストラリアはでこぼこ道らしいから。市街地は不得意なのかも。

一番おもしろかったのは、アロンソがトロロッソに直線で抜かれそうになって慌ててピットに入ったところか。
もちろん予定通りなのだろうけど、どうしてもそんな事を考えてしまう。
確かにマクラーレンは直線が遅い。今年のマクラーレンの車にもホンダのエンジンが乗っていてトロロッソと比べればおもしろいのにななんて思う。

しかし、なんやかんや言ってもマクラーレンもきちんと最後まで走っているし、ポイントも取ってる。こういう前が潰れた時にきちんとレースできるかどうかが中断グループにとって大事なことなんだろう。
いつも潰れるわけではないし、レースで抜けるわけでもない。

でもやっぱりまだホンダのエンジンの信頼性ってのは万全とは言えない。当然、他のメーカーのエンジンも壊れることはあるだろうけど、今までが壊れすぎたからどうしても疑いの目で見てしまう。
テストで良かったのにオーストラリアではやっぱり壊れたし。今回はエンジンは問題なかったらしい。でもまだまだパワーは劣っている。そこをなんとかしないといくらワークスでも優勝争いには程遠い。
年間3基なんて気にしないでバンバンアップデート入れてパワー付けたほうがいいと思う。最後尾からスタートしても抜けるサーキットならいい結果も出るかもしれない。

今のエンジンいやパワーユニットって素人が理解するのは無理。もう少しシンプルなものにしてくれないかな。あのヘイローもブサイクだしね。せっかく悪の権化のシャークフィンが廃止されたのにいつまでたってもカッコイイF1マシンにお目にかかれない。

フェラーリの2連勝だがこのままメルセデスが黙っているはずはないし、レッドブルも2台ともリタイアしてしまってはカッコ悪いから次はなんとしても巻き返してくるだろう。
そうそう、ライコネンに轢かれたメカニックは大丈夫なんかな足の骨を折ったらしいけど。早く回復できるといいけど。

[PR]
# by covaemon | 2018-04-09 16:20 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

荒神TV

原作を知らない人はあれでいいでしょう。
しかし、原作を読んだ人はどうでしょうね。

簡単に言ってしまうと「怪物のCGにお金がかかったからああいうのになってしまった」ってことでしょうか。そこそこ登場人物の多いお話だったので出てこない人もいるだろうなとは思ってました。当然、小説を映像化するのに一から十まで小説のとおりにやる必要はないでしょう。でもねえ、ちょっと酷いかなって思いましたね。今まで宮部さんの作品を映像化したのはいくつもありますが比較的NHKの制作するのは原作に忠実でよかったんですよね。

それがまあねえ。もっとも最初に絵師役があの人だと知ったときから、うーーんって感じだったんですよね。で、武士と絵師のキャラが逆になってますもんね。なんであんなに絵師が偉そうにしてる設定になったんでしょうね。絵師が偉そうにしてる理由がわからないですよね。旅の途中なのに。

まあ、いいです。もう二度と見ないですから。それとね、怪物がじいに山へ帰れと言われて引き返す時ね、地面がなんであんなに綺麗だったんでしょう。最初にどでかい足跡を見て弾正は喜んだじゃないですか。それ以降は足跡付かないって設定?でもねえ、あんなにどすんドスンって音させて歩いてたのにね。
[PR]
# by covaemon | 2018-02-19 14:21 | Trackback | Comments(0)
amazonPRIMEにハリウッド版の攻殻機動隊「ゴーストインザシェル」が来たので、映画館で吹き替え版を観たので字幕版を見出したのです。でもね、なんかいけません。どうもしっくりこない。違和感バリバリ。そりゃね、向こうの俳優さんたちがセリフ言ってるのだから英語なのは当たり前なのだけど、それがどうも納得がいかない。だから途中でやめて吹替版を最初から観ました。
やっぱこうでしょって感じですよね。「そうそう、これやんか」って言いたくなります。でもね、やっぱり荒巻課長は人選ミスでしょうねえ。ビートさんじゃちょっと違うんですよねえ。つまりあの声じゃないとあかんのですよ。ぼくにとっての荒巻課長は「阪 脩」さんですね。
てことで結局最後まで観てしまったのですが、うまく創ったなとは思います。でもやっぱり結局はハリウッド映画なんですよね。そこが攻殻機動隊とは違う。ま、新しいお話と思えばいいと言えばいいのでしょう。
ああそうそう、桃井さんとヨハンソンが部屋で話してるシーンはマトリックスでネオとおばさんが話してるとこを思い出させましたね。とりあえず、お願いだから続編は創らないでね。

[PR]
# by covaemon | 2018-01-30 16:55 | 映画 | Trackback | Comments(0)
森川美穂が帰ってきた。

いや、この表現は正しくないし彼女に失礼だ。
森川美穂はデビューしてからずっと現役でいたから。

しかし、今のこの時代に最高のアルバムをリリースしたと言うのは間違ってないと思う。
でも、新曲が1曲入っているとは言えベストアルバムでしょなんて思う人もいるのは確かだろう。

聴けばわかるという言葉がこれほどぴったりのアルバムも少ないとも思う。
どの曲も今この時代にこのメンバーでこのアレンジでレコーディングするためにあるような感じだ。
もちろん森川さんのボーカルもキレッキレ。

全部の曲を知っていたわけではない。しかし、こんなにいい曲がいっぱいあったなんて凄いとしかいいようがない。
それに今では珍しい全曲バンド編成。いやいやいいですねえ。

だからこれが売れないはずがない。もし売れなければ今の日本がどうしようもないってことでしょう。
もうそうなったら海外で売ればいい。このままで絶対に売れますよ。
こんな上質の音楽を世界がほっておくわけがない。

そして驚いたことにPlayerという雑誌に森川さんがギターの人と一緒に登場。
こういう雑誌に森川さんが登場することになるなんて誰が想像したでしょうね。

ぼくは恥ずかしながらアルバムに参加されているミュージシャンの人達を全く知らなかったのですが、ほんとみんな凄いです。
そう言えば、Be freeはYouTubeで公開されていたのでその中にトーキングモジュレーターを使ってるとこがバッチリ映っていて
ジェフ・ベック大好きなぼくとしてはここは大いに反応したところ。
雑誌でも取り上げられてましたがやっぱり今では珍しいエフェクターなんでしょうね。

もうねほとんど毎日聴いてます。いい音楽は気分をよくしてくれるし、幸せな時間を過ごせますよね。

[PR]
# by covaemon | 2017-12-05 11:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
Apple Watchを使いだしてからひと月以上。初期不良もなく毎日使用してます。基本的に風呂のときと睡眠の時は外してます。
今まで家の中ではほとんど時計はしなかったのですが、これにしてからずっと付けてます。

使い方に関しては複雑なことはしてません。だからバッテリーも3日は余裕です。
おかげで他の時計はずっと引き出しの中に入ったままになってしまいました。ま、仕方ない。

ちょっと前にApple Payを使ってiDで支払いをしようとサイドボタンをダブルクリックしたら何も登録されていないって表示が出たのです。思わずええーっとなりました。レジの前だったのでiPhoneでやろうとしてもこれまたクレジットカードもSuicaも全て削除されてたのです。確かそれより一週間ほど前は何事もなく使えていたのでかなり焦りました。財布は持っていたのでカードで支払いはできましたがしばらくなぜ消えていたのか悩みました。

で、思いついたのがApple Watchのパスコード。初期設定で最初の6ケタのパスコードを設定したのです。その後Apple Payの設定をしたのです。このApple Payはパスコードの設定をしないと使えないようなんですね。しかし、一度外して付け直す時はいつもこのパスコードを入れなければならないので億劫になって解除したのです。その時にApple Payが使えなくなるとかっていう表示が出たかどうかは全く憶えてません。

再度iPhoneにApple Payの設定をしてApple Watchに登録しようとしたらパスコードが必要と言われたのです。今度は4桁にしました。基本的に他の人に見られることは極めて少ないし、あの小さな画面で入力するのは目がしょぼしょぼしてきたおっさんにはかなり辛いものがありますからね。

しかし気がつくとガジェットが増えてしまってほんとに困ったもんなんです。どうしたものか。

[PR]
# by covaemon | 2017-11-16 15:59 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)