好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

どっちかが、盗作でしょう。

2人の絵、並べて展示を 伊画家の弁護士が提案

並べて展示などしなくてもわかりそうなものと思えるのであるが。
ただ、両方の画家も自分の主張を繰り返しているだけなので、これからどうなるかではあるな。
イタリア人画家が日本人画家が盗作したと主張しているが、なにぶんイタリア人の事なので、100%信用するってのもどうだか。

しかしだ、もうすでに、日本人画家の負けが決まってしまっているのだ。日本人画家は、「構図は似ているかもしれないが、絵の具や、塗り方などが違うので、見てもらえればオリジナル作品ということが理解できるはず」と言っている。なんやねんそれ。

もしも、モナリザをそっくりそのまま、鉛筆で描いて、これはオリジナルですと言っても通じないわな。
絵の具や塗り方なんて単なる手法であるわな。
問題は絵の中身。あれだけ同じような構図の絵が何も無いところから生まれるものなのであろうかと思うのであるな。

写真撮影会などでは、一人のモデルを一度に沢山の人が撮影するので、同じような写真が出来るときがある。しかし、絵の場合もそういうことってあるのであろうか。
画家って同じものを描いてもみんな違うものになってしまうと思っていたのであるが。

さきほど、日本人画家の負けが決まっていると言ったが、もしこの問題で日本人とイタリア人の立場が逆であったなら、イタリア人は「日本人が盗作をした」と主張するであろうな。
[PR]
by covaemon | 2006-05-31 09:35 | アート