好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

草間弸生のTシャツ

ユニクロの新聞折り込み広告を見ていると、草間弸生の名前の入ったTシャツが売られているというのを発見したのです。多分本人はデザインはしてはいないでしょうけど、面白いので買ってみました。

草間弸生は自分で自分のことを「前衛芸術家」と言っています。以前ぼくは、「自分で芸術家なんていうやつにほんとの芸術家はいない」なんていいましたが、この人は「前衛芸術家」と言い切っています。すごいことだとおもいますね。

前衛ということは、今までになかった全くのオリジナルなものを常に造り出していかなければならないのです。本来、芸術というものは、そういう、ものであったはずなんですが、いつのまにか、自己満足の芸術とよばれるものが溢れるようになってしまったのですね。

だから、草間弸生は自分で自分のことを「前衛芸術家」と言ってるのだと思いますね。自己満足だけじゃなくて、社会にインパクトがあるなにか訴えるようなものを造り出しているのはすごいと思います。

ちなみこの人は1929年生まれなんですね。なんともう70の半ばをすぎているのです。まだまだパワーは続くのでしょうね。そういえば、1929年だとうちの母親と同じ歳ということになる。うーん、うちの母親のパワーもまだまだ続きそうです。ああ。
b0057987_9303257.jpg

[PR]
by covaemon | 2006-05-28 09:30 | アート