好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

愛を止めたくなかったら明日に向かって中央フリーウエイを走れ

変なタイトルではありますが、「あれ!」っと思った方はそこそこ長く人間をしている人たちでありましょう。もちろん、ぼくもその一人なのであります。

iTMSを覗いていると吉田拓郎の「明日に向かって走れ」とオフコースの「愛を止めないで」、山本潤子の「中央フリーウエイ」が目に止まったのです。

かねてからぼくは「反逆のロック人間」と宣言しておりますが、実は最初はアコギから始めたのです。で、拓郎の「今日までそして明日から」や「どうしてこんなに悲しいんだろう」とかでよくなりきっておりました。
それに、「今日まで〜」のおかげでカポの使い方がわかったし、「どうして〜」でやっとFのコードが押さえられるようになったのです。

ちなみに、あるプロのギタリストが「Fのコードはある日突然向こうからやってくる」と言ってました。ぼくはそれを聞いて「ほんまや!」と思ったのです。まさしくぼくの場合がそうだったのです。昨日までまったく押さえられなかったのに、今日はもう10年も前からおれはFは押さえてるよ、って具合にすらっと出来てしまったのですね。例えて言えば昨日まで自転車に乗れなかったのに、今日はまったくよろよろしないで乗れてしまう。このまま日本全国どこへでも行けぞ。ってなことでしょうか。

話がそれましたが、ただ、「反逆のロック人間」としては、その当時よく言われていた(言っていたのはぼくだけかも)「軟弱フォーク」ってのが大嫌いなのです。「ふきのとう」とか、「クラフト」とか、「グレープ」とか(嫌いな割にはよく知っているかも)。で、「軟弱フォーク」の親分みたいなのが、「オフコース」だったのです。

しかし、気まぐれで適当な「反逆のロック人間」は嫌いなオフコースでも「愛を止めないで」という曲だけはなぜか好きだったのです。どこが好きなのかと言われても上手くは答えられないのですが、初めて聴いたときから今もずっと好きなのですねえ。

「中央フリーウエイ」はもち「ユーミン」の曲です。初めて中央フリーウエイを走ったときは「ほんまや、競馬場とビール工場あるやん」って叫んでましたね。(すごいミーハー)

拓郎はCD持ってますが、あとの二曲はなかったので、iTMSで購入しました。
ちなみに「中央フリーウエイ」はユーミン、庄野真代と3曲になりました。でもやっぱり山本潤子が一番上手いですね。

しかし、ほんまにぼくって「反逆のロック人間」なんだろか。
[PR]
by covaemon | 2006-05-06 17:12 | 音楽