好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

もう、フラフラやねん。

花粉が飛んでいる。
たくさん、飛んでいる。
ぼくは、花粉症だ。
それも、並の花粉症ではない。
かれこれ、花粉症歴30年だ。

だから、世間で花粉症と言われる前から花粉症だったのだ。
医者に「お前は花粉症だ」と言われてもそれがなんだかさっぱりわからなかったのだ。
だから、ぼくは、時代の先端を行っているのだ。

時代の先端を行くという事はたいへん、辛いものなのである。
特に花粉症の場合、時代の先端を行っている事を証明しなければならないので、「オレは花粉症だ」と言いふらさなければいけない。そしてその症状を人に見せなければならない。

だが、恥ずかしがり屋のぼくは人に自分が花粉症だなんてことを知られたくない。今や花粉症であっても全く時代の先端を行ってないのだ。

だから、きちんと薬を飲んでいる。目薬もさしている。鼻にはスプレーもしている。まあ言えば「花粉症の3点セット」だ。

だから、フラフラなのである。花粉症の飲み薬は眠くなる傾向のものが多い。風邪薬と似たようなものだからかもしれない。しかし、今ではあまり眠くならないものも出てきているようだ。だから一度それをためしたことがある。しかし、ぼくには効かなかったのだ。

なので、今でも眠くなる度合いが多いほうの薬を飲んでいる。

フラフラなのである。
眠いのある。

ディスプレイを前にして、キーボードとマウスを握りながらほとんど寝ているようなものである。昼飯を食ったあとなどは、完璧に睡眠タイムとなっている。
もう我慢できないのだ。毎日が3日間徹夜したあとみたいな状態なのである。

でもだ、今年は去年に比べてスギ花粉の飛散量は少ないらしい。でも、ぼくは去年の方が症状はゆるかったのである。ほんとに、ひねくれたやつだ。多い時の方が軽くて、少ない時の方が症状が重い。まあ、人と違うところが並の人間とは違うところの証明なのだ。

ああ、杉のないところに行きたい。
[PR]
by covaemon | 2006-03-16 17:43 | ひとりごと