好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

ああ、ニコンも。

フィルムカメラから撤退 ニコン

とうとうこのときが来てしまった。いつかはこうなるのではないかと思ってはいたのだが、実際にニコンだけは撤退しないのではという希望的なことも考えてはいた。

思えば、はじめて買った一眼レフカメラがニコンだった。F2だったのだが、ほんとに手にしっくりきて撮影が気持ちよくできるカメラだった。

その次のF3はもっと気持ちよかった。その当時はまだAFは出てなかったのでマニュアルカメラの中ではこれ以上のものはないと思っていた。

今ではそのどちらも所有してないのだが、今から考えるとなんとか手元においておくべきであったと後悔している。

レンズも主要なものを除いてAFに移行するらしい。そして問題なのは大判用レンズも製造中止になってしまうことだ。自分では所有はしてなかったが、何度か仕事で使った事があったのだが、すこし独特な写り方で結構気に入っていた。また、引き伸ばしレンズもなくなるらしい。

ただ、これからフィルムカメラはどこのメーカーも縮小していくは間違いない。需要がないのだから仕方がないのだ。それにデジタルの方が便利である事は明白。

趣味でフィルムを使う人はまだまだいるだろうが、仕事ではもうほとんどいないだろう。特に印刷業界ではフィルムを持ってこられると面倒なのだ。

だから、これからニコンにはもっと先進的なデジタルカメラを開発してもらいたい。
[PR]
by covaemon | 2006-01-13 09:20 | 写真