好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

はじめての「ミッフィー」

b0057987_10363366.jpgぼくは、ええ年のおっさんであるのに体がやわいのである。とくに冬場になると手がぼろぼろ。ほっておいたら、最初は白くなってきてその後に赤くなってきてほとんど人間の手ではないような状態になるのだ。

だから、ハンドクリームを手放す事が出来ない。このええおっさんが寝る前にハンドクリームを塗りたくってから布団に潜り込むのである。なんとも恥ずかしくて情けないお話なのだ。

ここ何年かずっと使っているハンドクリームをこの前買いに行ったとき、小さなおまけの箱がくっついていた。開けてみると中から「ミッフィー」の絵の入ったチューブが出てきたのだ。

もちろん、家にはミッフィーのものなんてのはない。あるほうが気持ち悪いだろう。だからはじめての「ミッフィー」なのだ。中身は普通にハンドクリームが入っているだけなのだが、簡単に言えば中身増量な訳だし、ちょっと得した気分なのである。

今、このミッフィーはディスプレイの上に乗っかっているのだ。
[PR]
by covaemon | 2006-01-08 10:45 | ひとりごと