好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

これだけは、イギリス物。

ぼくは、あんまりイギリスの物ってのはもっていない。
よく、「ブリティッシュ」なんとかって言うけど、ブリティッシュの後に来るので思い浮かぶ物は「ロック」位の物だ。

クルマも好きなのはないし、服だって、まあバーバリーぐらいか。ああ、マッキントッシュってのはあったな。

でも、これだけは、イギリス物と決めているのがある。それは、「filofax」

ぼくはミーハーの新しもん好きなので、かれこれ20年ほど前に最初の「filofax」を買っただった。その頃日本ではシステム手帳なんて言われだした頃で、かなり高価でもあった。

20年使ったのものは表面の皮はすり切れているところがかなりあるのだが、それはあんまり気にならないのではあるが、中面に布を使ってるところがあって、その辺りがもうボロボロ。で、二代目を購入したのでした。

日本製でもいいのもあるようだけど、どうもさわりごこちがよろしくない。やっぱり手触り感は「filofax」が一番いいようだ。

それに、リフィルの紙質がかなり日本の物とは違う。あんまり触った事のないような紙を使っている。万年筆を使っても滲まないいい紙なのだ。

先代は20年使った。20年の使用に耐えれた物だったのだ。素直にすごいと思うね。さて、今回買った物はこれから20年もつのだろうか。
b0057987_1534367.jpg

[PR]
by covaemon | 2005-12-31 15:36 | ひとりごと