好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

F1GP/バーレーン

今年のF1第2戦、バーレーンGP。
トロロッソ-ホンダは4位という成績を獲得。
とはいえ、通常は前を走る車が3台ほどリタイアしたからとも言える。
でも、最後までなんの問題もなく走ったのはとってもよかった。

初戦のオーストラリアでは散々な結果だったので今回もどうなることかと思っていた。
チームはこのコースが車にあっていたとのこと。
路面がスムーズな場合は調子がいいってことなのか。
オーストラリアはでこぼこ道らしいから。市街地は不得意なのかも。

一番おもしろかったのは、アロンソがトロロッソに直線で抜かれそうになって慌ててピットに入ったところか。
もちろん予定通りなのだろうけど、どうしてもそんな事を考えてしまう。
確かにマクラーレンは直線が遅い。今年のマクラーレンの車にもホンダのエンジンが乗っていてトロロッソと比べればおもしろいのにななんて思う。

しかし、なんやかんや言ってもマクラーレンもきちんと最後まで走っているし、ポイントも取ってる。こういう前が潰れた時にきちんとレースできるかどうかが中断グループにとって大事なことなんだろう。
いつも潰れるわけではないし、レースで抜けるわけでもない。

でもやっぱりまだホンダのエンジンの信頼性ってのは万全とは言えない。当然、他のメーカーのエンジンも壊れることはあるだろうけど、今までが壊れすぎたからどうしても疑いの目で見てしまう。
テストで良かったのにオーストラリアではやっぱり壊れたし。今回はエンジンは問題なかったらしい。でもまだまだパワーは劣っている。そこをなんとかしないといくらワークスでも優勝争いには程遠い。
年間3基なんて気にしないでバンバンアップデート入れてパワー付けたほうがいいと思う。最後尾からスタートしても抜けるサーキットならいい結果も出るかもしれない。

今のエンジンいやパワーユニットって素人が理解するのは無理。もう少しシンプルなものにしてくれないかな。あのヘイローもブサイクだしね。せっかく悪の権化のシャークフィンが廃止されたのにいつまでたってもカッコイイF1マシンにお目にかかれない。

フェラーリの2連勝だがこのままメルセデスが黙っているはずはないし、レッドブルも2台ともリタイアしてしまってはカッコ悪いから次はなんとしても巻き返してくるだろう。
そうそう、ライコネンに轢かれたメカニックは大丈夫なんかな足の骨を折ったらしいけど。早く回復できるといいけど。

[PR]
by covaemon | 2018-04-09 16:20 | スポーツ