好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

攻殻機動隊はあの声優じゃないとな

amazonPRIMEにハリウッド版の攻殻機動隊「ゴーストインザシェル」が来たので、映画館で吹き替え版を観たので字幕版を見出したのです。でもね、なんかいけません。どうもしっくりこない。違和感バリバリ。そりゃね、向こうの俳優さんたちがセリフ言ってるのだから英語なのは当たり前なのだけど、それがどうも納得がいかない。だから途中でやめて吹替版を最初から観ました。
やっぱこうでしょって感じですよね。「そうそう、これやんか」って言いたくなります。でもね、やっぱり荒巻課長は人選ミスでしょうねえ。ビートさんじゃちょっと違うんですよねえ。つまりあの声じゃないとあかんのですよ。ぼくにとっての荒巻課長は「阪 脩」さんですね。
てことで結局最後まで観てしまったのですが、うまく創ったなとは思います。でもやっぱり結局はハリウッド映画なんですよね。そこが攻殻機動隊とは違う。ま、新しいお話と思えばいいと言えばいいのでしょう。
ああそうそう、桃井さんとヨハンソンが部屋で話してるシーンはマトリックスでネオとおばさんが話してるとこを思い出させましたね。とりあえず、お願いだから続編は創らないでね。

[PR]
by covaemon | 2018-01-30 16:55 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caffein.exblog.jp/tb/28056415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。