好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon
大阪市立美術館で「王羲之から空海へ」という展覧会に行ってきました。

基本的には地味な展覧会ですが、実は内容はとっても濃いものです。好きな人にはたまらない内容じゃなかったでしょうか。ぼくはそこまで詳しくないのでどう表現したらいいのか難しいのですが、やっぱり字の綺麗な人は何事にも得だよなあって思った次第です。

王羲之は中国の人で書道のお手本にもなってますね。空海もこの人の書を勉強したらしいです。
入っていきなり行列ができていて王羲之の書が並んでいました。驚いたことに中国の若い人たちがかなり来られていたんです。
中には大学の先生が生徒さんを連れてきたって感じのグループもいました。これはなかり驚きましたね。日本に住んでおられるのかどうかはわからないですが、研究してる人もいるんだなと。
それとね、王羲之や空海の書を見ているのは理解できるのですが、紀貫之のかな文字の前で中国の人がなにやらしゃべっていたのが驚きでもありました。彼らは読めるのでしょうか。日本人でも読めない人が多いのに、外国の人が読めて地元の者が読めないのは情けないですもんね。と言ってもぼくも読めないので偉そうなことは言えないのですが。

ほんとにとっても見応えのある展示でした。それになによりこういう展示なので来ている人たちがやっぱりそれなりの人たちなんですよね。

今までもいろんな展覧会に行きましたがどこに行っても、ああなんとかならんのかなあって人が少なからずいるのですが、今回はそのような人が全くいなかったのです。

簡単に言えば逆に見てる人なんていなかった。ま、もっとも書なので、右から見なければ全く意味がないから逆に見るのはあほなんですがそういう人はいなかったのです。子供も数人いましたが騒ぐような子供もいないし、極めて秩序だてられた空間でした。

そりゃあね戻ってもう一度見るってことをする人もいるのですが、それも無理やり割り込んでくるなんて人はいない。ほんとに快適でした。

子供、若い人から着物のおばあさんって人まで様々な人が見に来られてました。近年まれに見るいい企画の展覧会であったと思いました。

それともうひとつ印象に残ったもの。それは図録。今回のはよくある図録よりも大きなB4サイズ。それに箱に入っていてお値段はなんと5,000円。いやあ、そうですかって感じです。でも買わないわけにはいかないですもんね。お財布にも体力的にも重かったです。
[PR]
# by covaemon | 2016-05-05 19:07 | アート | Trackback | Comments(0)

iPhoneの寿命は3年らしい

これ話題になってますね。ほんとの寿命なんてわからないような気もしますが。
今までのガラケーは別としてもiPhoneを3年以上使う人ってどれだけいるのでしょうか。
もちろん、使っている人いますよね。ぼくのまわりにもおられます。

でも、メーカーよりもキャリアが2年縛りなんてことで2年で買い替えろって必死になってるじゃないですか。
おまけにキャリアを変えてキャッシュバックでお得なんてことも言うてますしね。

iPhoneは基本的に毎年新型が登場します。だから1年ごとに買い換えてる人もいますよね。ま、そんなのはほとんど趣味の世界ってことになるかもしれないですね。

ぼくも基本的には2年ごとに買い換えてきました。だから3年と言われてもああそうですかってぐらいにしか思わないのです。初代3Gは2年、4を2年弱、4sを2年、で現在の6。

4の次は普通でいけば5にするところなんでしょうけど、4のデザインが気に入ってたんですよね。それに5はでかくなる。全体がでかくなるのであればいいのですが、ただ長くなっただけ、これはどうも気に入らなかった。

4までauのガラケーと併用していたのですが、4sでauにしてSBは解約しました。結果的に5のauのLTEはよくなかったらしくてラッキーではありましたね。

それとね、ぼくはなぜか1年ごろに本体を交換してもらってるのです。なぜか1年ぐらいの時期に不具合が起きる。で、applestoreで見てもらうとバッテリーもヘタってるので交換しますってことになるんです。

そう、一番の問題はバッテリーですよね。当然本体を交換してもらっても全くの新品になるわけではないけど、やっぱりかなりバッテリーの持ちは回復します。で、また気分よく1年使うんですよね。

4sはまだ最新のOSをインストールすることができます。でも、かなりモタモタです。6とくらべてもかなり遅いですから6sとならかなりの差があるでしょう。

つまり3年も経過すると本体の機能やスピードにかなりの違いが出てくるでしょうね。しかしです。6を買った時に感じたのですが、これなら3年は使えるだろうとね。もうスピード的にはかなりのレベルに来てると思うのです。これからはそんなに違いが感じられないかもです。

だから7は多分買わないと思います。そして7sかな。それまで使いたいなって思ってます。
[PR]
# by covaemon | 2016-04-26 11:53 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)
世間の一部の人からはぼくはガジェットオタクなんて思われているようなんですが、けっしてそうではありません。しかし、そうでもない状況になってしまったようです。

amazonのプライム会員になったので一番安いタブレットを4000円割引で買えたのです。
今までタブレットってものを使ったことがなかったのですが、あの値段なら一度買ってみてもいいかって思ったんです。ただし、スペックにはちょっと不安はありましたけどね。

当然のことながら注文して翌日には到着。
ネットには開封動画なんてのもありますが、そんなたいそなシロモノでもありませんよね。開けてみるとこんなものかって印象。見た目よりも重いなって感じ。最初に充電をしたのですが、いきなりアップデートしましたよ。

よく言われているようにログインするとすぐに設定されて使えるようになります。便利といえば便利。スピード的にはまあこんなもんかと。スワイプは特に問題ないかも。ただね、Facebookをスクロールしようとするとちょっと引っかかる感じはありますね。

主な使用目的は本。今までiPhoneで読んでましたがやっぱり画面が小さい。文字の大きさはどうにでもなるけど、ページめくりが頻繁になって指が疲れる。
しかし、このタブレット画面が粗い。iPhoneでいえば3Gの頃の画面。だから文字がちょっとガタガタ。そして、なぜか文字の間隔がいびつ。そりゃルビが入ると若干の調整は入るのですが、そうじゃない時も 文字が異様にくっついたり、離れたり。もちろん読めないことはないのですが、どうも気になる。

とはいえ、画面が大きいのはいいですね。それにiPhoneともPCのアプリとも連動するからどれでも続きから読めるのはいいですね。

もひとつ画面でいえば一番暗く設定してもまだ明るい。これはネットでも言われてますね。だから夜間モードにしてもあまり効果を感じられない。これは最新のiPhoneとはかなり違います。それに自動調整もないですもんね。

まあなんというか、今世にある一番安い部品をかきあつめてタブレット作ってみましたって感じでしょうか。

これで家にあるコンピュータはMacmini、Chromebook、fireタブレット、iPhone。もうオタクですわ。職場では当然Windowsも使ってますしね。
miniはデスクトップなので見ようと’思えば机まで移動しないといけない。でも、ノートやタブレットは寝っ転がったままで使える。これは楽でいいですよね。ますますグータラになりますわ。
[PR]
# by covaemon | 2016-04-15 16:11 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)

Amazonプライムはお得か

プライムは有料サービスなので今まで使ってませんでした。そんなに必要性を感じなかったからです。しかし、ここにきてプライム・フォトで写真データは無制限でクラウドストレージを使えることになったんですよね。

最近はいろんなサービスがあってGoogleでもでかい写真は縮小されることはあっても無制限で使えます。ぼくも利用してます。なかなか便利です。使いやすいしね。iPhoneの写真もデジカメで撮ったのも保存しておけます。ですから、これに過去の全ての写真を保存しました。昔のであれば容量が小さいのでサイズダウンされることもなくオリジナルデータのままでいけますしね。

基本的にはバックアップはMacで自動的にやってます。それと他のHDDにも時々ダビングしてます。それでも、HDDはいつ壊れるかわからないですよね。だからクラウドはいい保存場所であると思うのです。

そこでAmazonプライム。これは他のサービスとは違ってRAWデータを写真データとして認識してくれるんですよね。他のサービスではjpegだけなんてのが普通です。ですから今まではクラウドにRAWデータは保存してませんでした。そりゃ有料の1TBのものを契約すればどってことないでしょうけど、そこまではなあって感じなんですよね。

それにこれはフォルダのまま保存できるのもいいですね。ほんとにストレージです。アップロードが速いのもよかった。もっとも全部でも100GBぐらいしかなかったですけどね。

プレビューでは全ての写真を見ることができるのですが、jpegとRAW両方あるデータは並んで表示されます。ただし、RAWのほうはぼやけてます。とにかくRAWデータをクラウドに保存できたことでなんかちょっと安心なんですよね。単純ですけど。

映画や音楽も利用できるんですよね。まだまだ本数は少ないみたいです。音楽はApplemusicに入ってますからそんなに必要はないのですが、映画は期待しました。でも少ない。でも仕方ないですね。おまけみたいなもんですから。年間4,000円弱であれだけのサービスを使えるのであればお得かなとは思うんです。もっともぼくのようにRAWデータの保存ってことをやらない人はどうなんでしょうね。写真以外は5GBしか使えないですから。

映画の本数だけでももうちょっと増えないかなって思うのです。
[PR]
# by covaemon | 2016-02-04 16:44 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
さあどうなんでしょう。
参考になると言えばなるし、ならないと言えばならない。
出た、得意の曖昧な答え。

でもね、そうですよね。みんなそう思うでしょ。
みーんな、自分の撮ってる写真が最高だと思ってるわけじゃないですか。
ってことは人の写真なんて眼中にないはずですよね。
でも、見てああだこうだ言うわけです。

もっとも、ぼくの場合は写真を生業にしているわけじゃないし、なんらかの収入を得ているわけでもない。
だから、自由気ままに撮りたいものを撮ってればいいのです。人に見せるって場合もSNSやFlickrぐらい。
別に誰にも文句を言われるようなものでもない。いちお、公序良俗には反していないはず。

さて、参考にするってどういうことなんでしょうね。
世間では「インスパイア」とか「オマージュ」なんていいますが、それってパクリじゃね?って思ってしまいますよね。

「パクリ」嫌な言葉ですよねえ。なーんも考えないでやるんですから。
しかし、「真似」は違いますよね。
「真似」するのにはかなりの労力が必要です。真似るにはそのものがどうなってるか理解しなければいけません。だから「パクリじゃない。真似しただけ」って言っても、真似になってない場合が多いのです。

仕事は見て盗んで憶えるなんていいますが、見よう見まねともいいますよね。最初は真似るんですよ。
で、この真似るのが上手い人は仕事を憶えるのが早いなんて言うのですね。まあ、これも適当ですけど。

ぼくの場合は基本的に左利きなのでどうしても真似できないものってのがありました。でも、そこは得意の適当って手段でなんとかしましたね。それに、右利きよりもやっぱり左利きは起用の部類に入るのでそこはなんとかなりました。

おっと、かなりタイトルから離れた話題になってますが、だから「真似」してこの写真はどうやって撮ったのかってことを理解すれば参考になるんじゃないでしょうか。

デジタルの場合だとデータを見ることもできますよね。露出とかどんなレンズを使ってるとかわかってしまうわけです。だから真似るのは簡単になってきてます。

偉そうなことを言ってますが、最初に自分の写真が最高だなんて言うておきながらなんの説得力もないですけどね。まあ、みんな楽しく写真やればいいんじゃないでしょうか。しかし、人の迷惑だけはいけません。迷惑かけて撮るなんて誰でもできますが、迷惑かけないでいい写真を撮るのが最低限のレベルと思ってます。
[PR]
# by covaemon | 2016-01-18 15:24 | 写真 | Trackback | Comments(0)