好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon
久しぶりの投稿になってしまった。
いよいよ結婚式に行くときがやってきた。もちろん仕事だけど、なんだか
そういうところに仕事で行くというのが不思議な気がした。
大阪梅田のとある結婚式場なのだが、一度平日に先輩につれてきてもらい
式場の人に紹介してもらったり写真室の設備の説明などを受けていた。

土曜日だから、7件ほどあっただろうか。もう朝から人ばっかりなのだ。
それも黒い服や着物を着た人ばっかりでぼくには異様な光景だった。
だいいち結婚式というものに今まで接したことがなかったのだから、
何がどうなるのかさっぱり分からない。

一応仕事の流れや、結婚式というものの流れなどは聞いていたのだが、
何件もが同時進行するので、頭がこんがらがってきて理解不能に
陥ってします。新婦さんと新郎さんが入れ替わっていても分からない状態だ。

式が終わって写真室に案内するのだが、隣にあるのだが、ものすごく長い
距離に思えたことを今でも憶えている。そして、最初は集合写真だ。
新郎新婦や、仲人、両親などは最前列に座ってもらうのだが、そのほかの人は
後ろの階段状の台に立ってもらう。そして、その並び方を説明しなければ
ならない。

一組目の時は見ているだけだったのだが、何も見ても初めての光景だったので
ほとんど驚きばかりだった。集合写真そのものは見たことはあったが、撮り方は
もちろん初めてだったのである。

撮影する人は、一番のベテランなので、新郎新婦の衣装を綺麗になおしている。
それを見ていてこんなこと憶えられるのだろうかと正直思った。
また、新婦さんは男に花嫁衣装とはいえ、帯をほどかれたり、体を触られたり、
するのが嫌じゃないのかとも思った。反対にやってる方は恥ずかしくないのかとも
思った。

さて、何件か式も進んで昼時になってきたもちろん、昼飯を食わなければ
ならないのだが、ゆっくり休憩を取るなんて時間はどこにもない。
朝に、弁当を買ってきていて、交代で暗室の中で大急ぎで食べるのだ。
休憩なんてのはない。食事中でも途中で撮影しなければならないときもあるし、
トイレに行っていてもゆっくりしていられないのだ。

そして、撮影中はもちろん立ちっぱなし。きちんとスーツを着て、
ネクタイを締めて、直立不動でいなければならない。かなりきびしい
と感じた。まだまだ学生気分が抜けていないところにスーツにネクタイに
直立不動ではまるで拷問のようだった。ただ、その後スーツというものを
気に入って結構いろいろ買いそろえたものだが。

さて、朝の9時からだいたい、終わったのは7時30分ごろだったと
記憶しているのだが、ほんとに嵐のような一日であった。ただ、終わった
7時30分というのは早いほうなのだ。披露宴のスナップ写真でも撮らない
かぎり、最後までいる必要はないのだ。

メイクや衣装の人たち、宴会係の人などは絶対的に最後の最後まで
お客さんを送り出すまでが仕事だが、写真はその点比較的早く帰れるのだ
まあ、これはちょっとほっとしたところであった。

ほんとに嵐のような一日が終わって長かったのか短かったのかよく分からなかった。
そして、これを仕事としてきちんと覚えてずっとやっていけるのだろうかとも
正直思った。もちろん楽しいとか楽しくないとか苦痛だとかそんなことは
考えられなかったけど。

ああ、ひとつだけ苦痛なのは言葉遣いか。ああいうところではとにかく
お客さんに失礼があってはならない。言葉遣いには最大限の注意が
必要なのだ。ぼくは、大阪の河内で生まれて育ったので言葉は結婚式
では、絶対使えないようなものばかりだ。だから、今ではあの仕事に
ついたおかげでいろんなところでも人に失礼のないような言葉を
使えるようになったのだと思っている。それには感謝している。

さて、次回は結婚式のスナップを撮影することになった話をしよう。
[PR]
# by covaemon | 2004-12-14 15:09 | 写真 | Comments(0)
さて、いよいよ4×5のフィルムを扱う時が来た。
シートフィルムというんだそうだが、なるほどなと思いながら、
撮影済みのもの触ってみたのだが、これぐらいの大きなフィルムに
像がでていると、なかなかきれいだなあとおもった。

ただ、カラーのネガフィルムは気持ち悪いと言うのが最初の印象。
どうしても色が逆になるので、女性の笑ってる顔はちょっと無気味。
モノクロはそんな印象は受けなかった。

フィルムは暗室でシートフィルムホルダーに装填しなければならない。
暗室だから当然、真っ暗。何をするのも手探り。大の男が言うのも
なんだが、ぼくはちょっとばかり閉所恐怖症かもしれないと思ってる。
また、暗いところも嫌いなのだ。小さなエレベータなんて早く
降りたくてイライラするし、もし電気が消えたらとか思うと恐怖で
冷や汗が出てきます。

さてさて、肝心のフィルムの装填だが、そんなに難しいものとは
感じなかった。まあ、裏と表を間違えると大変だけども普通に
やれば間違えることはあり得ないし、とにかく暗室から早く
でていので、作業を早く終わらせる事しか考えなかった。

カラーは4×5までだけど、モノクロは密着なので八切りとか
8×10のフイルムを使う。八切りまではいいのだが、8×10
となると、ちょっとやっかい。それは、手が届かないのだ。
ぼくは、身長は170ぐらいなのだが、手はどうしたわけか、
普通より小さい。特に指が短い。だから、最初はフィルムを折って
しまったりしたこともあった。まあ、練習用だったからよかったが、
折らないように装填できるようになるかなとちょっと不安になった。

次回は、初めて結婚式の撮影を見学した時の感想からはじめたい。
[PR]
# by covaemon | 2004-11-28 21:43 | 写真 | Comments(0)
もうブームは去ってしまったのですが、「バカの壁」を
読みました。
特にどうしても読みたくなったわけではないのですが、
この前テレビに著者のインタビューがあって、この本の
事をしゃべっていたのですが、今まで何冊か本を出したけど、
初めて自分で書いたものではなくてしゃべったものを編集者が
文章にしたということ。そしてその文章がメールのような文章に
なっていると言うことなのです。

ぼくはそれらに興味を持ったので読んでみようと思いました。
読んでみて内容はほんとんど理解できない。ぼく自身が
「バカの壁」にぶち当たっているのかもしれないですが、
どうも著者が言うメールのような文章がなんだか読みにくいと
言うか、理解しにくいと言うか。
それはぼくが年をとっているからかもしれないけど、
著者は自分で書いたら売れなかったと言っていましたが、
この本は売れたけどみんなに理解されたのかは疑問です。
確実に自分の言いたいことが文章になっているのか疑問に
おもいました。そこのところはインタビューでは何も
言ってなかったのです。

まあ、よく理解できたところは、東大生はバカだということ。
それと教師はバカだということも理解できました。まあこの人は
頭はかしこいのでしょうけど、世の中のことを本当にわかって
こんな本を出しているのかどうか理解できませんね。

この人の他の著作物を読もうとは思わないです
[PR]
# by covaemon | 2004-11-28 01:22 | ひとりごと | Comments(0)

今日の昼飯は。

大阪人の命、たこやきでした。
ATMのある、スーパーにいったら、たこやき屋さんの
屋台が出ていたのです。大阪人は、たこやきの屋台を
見てしまうと、買ってしまうという習性があります。

8こで420円とちょっと高いのですg、ひとつが大き
かったので、結構腹は膨れました。

でも、やっぱり4時ごろになると、おなかがすいてきました。
お好み焼きならごはんも食べられたんですけど、さすがに
たこやきとごはんはできないですよねえ。
[PR]
# by covaemon | 2004-11-25 20:20 | ひとりごと | Comments(0)
今まで、写真を撮るとき、ほとんどストロボというもの使ったことなど
なかったのだが、当然、スタジオではストロボで撮影する。それも
見たことも無いような大きなものだ。前や、横や、上や、後や、様々な
場所から一斉に光るのだ。そしてそれらが光るときはボンと音がする。

小さい頃に、学校などで集合写真をとるとき、写真屋さんがなんだか
大きなカメラを構えて、布切れを頭からかぶって撮影するときは、手に
何かを持ってシャッターを切ればその持ってるものがボンっと燃えたのを
覚えている。原理的にはそれと同じだと教えてもらった。

シャッタースピードや、絞りの関係も教えてもらった。名前は知っているが
実際どのように使われるのかは全く知らなかった。スタジオではシャッター
スピードが1/30に設定されていて素人的にはすごく遅いように感じたのだが
これは、フラッシュバルブとの関係もあるのでそれに統一しているとの
事だった。絞りは、ほとんど8か8半。だからその数字を覚えてさえいれば
スタジオでは撮影が出来ると言うことなのだ。

証明写真で使うカメラはマミヤRB67.初めて聞くメーカーで初めて見る
カメラだ。そして重い。大きな三脚にのっていたが、手で持って撮影なんて
できないなと思った。

問題は、フィルムの入れ方だった。67なんてフィルムを初めて見て
触って、ホルダーに装てんするなんてものすごく緊張した。それに
1本広げて見せてくれたのだが、ただ紙に巻いているだけなのだ。
持っている手をちょっとでも弱めてしまうと光が入って使い物に
ならないから気をつけるように注意された。しばらくはフィルムを持つ
左手はがちがちだったように思う。

ぼくは、基本的に左ききなので教えてくれる人が右利きなどよくわからない
時がある。自分で言うのもなんだが左利きは基本的には機用なので
そこは自分なりに乗り切ったのだが、右利きの融通の利かないのには
嫌になる。

実際は、フィルムを入れるときよりも、撮影済みのものを抜き取るほうが
緊張するのだ。もしそのフィルムに光を漏らしてしまったら、もうおしまい。
ただ、人によってすこしばかりやり方が違うときがある。そういうのを
生意気なぼくは嫌になるのだ。どうして統一できないのだろうかと。
素人の新人が教えてもらっても人によって違うと混乱するだろうに。

さて次は4×5のフィルムの入れ方を教えてももらうのだが、
それは次のまわしたい。
[PR]
# by covaemon | 2004-11-24 11:55 | 写真 | Comments(3)