好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon
さて、入社して3ヶ月ほどして、写真のことも少しはわかってきて、35ミリカメラは使えるようになってきた。写真屋なんだから、いる社員はみんなそこそこカメラが好きでいいのをもっているようだ。だから、ぼくにも買えと言われた。

そうりゃそうだな。写真の仕事をやっていていくら写真といえどもカメラを持っていないというのはどうしようもない。それに前回書いたように写真というものがおもしろいと感じ始めた頃だったので買おうと決心した。

ただし、あんまり手持ちはない。だから家に入れる分をちょっと我慢してもらってなんとか捻出した。僕自身は安いカメラでもいいと思っていたのだが、みんなが仕事で使えないようなカメラを写真屋が持ってはいけない。というものだから、金額はだんだん上がってくる。

その当時は、ニコンからF3がでてまもなくなったので、思い切ってそれを買おうかと思ったのだが、これもみんなから反対意見がいっぱい出た。あれは、電子シャッターだからいかんとか、でたばっかりの機種は初期不要があるからやめとけ、とか。

みんなが反対したのはぼくのようなど素人が最新のカメラを持つことに腹がたっただけじゃないかと思っている。まあ、わからんことはないけどね。

で、F3の前の機種のF2がいいとみんな言うのでそれにしようかと思ったのだが、そのF2はもう製造中止になっていてもう店にはないのだった。だから、いろいろみんなが知り合いのカメラ屋産とかに声を掛けてくれて聞いてもらったりしたのだが、どこにもない。

仕事で使ってる人たちはF3の電子シャッターというのがどうも気に入らなかったらしく、メカニカルシャッターのF2を急いで買ったそうだ。やはり、今も昔もこだわりというのはどこにでもあるみたいだ。

だからもうあきらめかけていたところに、なんと地元の小さなカメラ屋にそのF2が置いてあった。新品で。会社の人たちに言うと即買えということだった。誰も反対しなかった。

始めたかった一眼レフカメラがニコンF2という、今にしてみればド素人がなんという贅沢をするのだといわれそうなところだが、その当時はあんまりわかってなかったのでみんなに羨ましがられていたがそんなにうれしくも無かった。それより、それ以降の金欠のことを考えるとものすごく憂鬱になったものだった。

会社にあるニコマートに比べるともっと重たくて大きかった。懸案のファインダー視野率は100%だ。はっきり言ってこれがこのカメラを買った最大の理由だろう。

それともう一つ気に入ったのはシャッターの音。ニコマートのあのギロチンといわれるシャキーンなんて音に比べると実にシャッターを切るのが楽しくなるような音をさせているのだ。だからフィルムを入れずによくシャッターを切っていたものだった。

さて、次回は自分でどんな写真を撮り始めたかなんて話をしようかな。
[PR]
# by covaemon | 2005-01-14 13:38 | 写真 | Comments(3)

冷静に考えてみると。

mac miniってほんとに使えるのだろうか。
いえに、ある人に言わせるとビデオカードがちょっと
チープなので、次期OSX104-tigerでは全てのグラフィック機能は
表示できないと言うことらしいのですよね。

って、ことは、mac miniの次期モデルまで様子見した方が
いいのかなあと。
とはいえ、僕の今のメインマシンのpower bookG3-500に
くらべると断然いいですけどね。

だから、やっぱほしいなあ。
[PR]
# by covaemon | 2005-01-13 09:54 | コンピュータ | Comments(2)
さて、頭が写っては大変と、僕の記憶では、平日に1件だけあった結婚式の時にベテランのカメラマンが式のスナップを撮影した。僕が使ったのと同じカメラで。もちろんベテランなのだから撮影自体に問題があるわけはない。

問題は、現像があがってきたときのことだ。
見事に頭が写っていた。ベテランいわく、「ファインダーにはなかった」
そら、見やがれ、僕の言ったとおりなのだ。

これで僕にはなんの責任も無いことになった。
もっともまだお客さんに写真を渡してないので責任なんて発生するわけはないのだが、日本人はすぐに責任、責任とうるさい。

今まで撮影していた先輩の人はファインダー視野率を見込んだ上で撮影していたのか、それともただラッキーで頭が写らなかったのかそれは聞かなかったの今だに謎だが、とりあえず、そんな状況になることもあるということが判明したのだ。

で、じゃあ、どうする。
どけちの社長は気をつけて撮影しろってことになった。
僕はそんな使いにくいカメラよりもっと広い視野率を持ったカメラに買い換えて欲しかったのだが、そんな意見が通るわけもない。

その時点で「ニコマート」というカメラは製造中止になっておりそのカメラもかなり使い込んでいたのだから新しいカメラに取り替えてもだれも文句をいうことはなかったはずだ。

もっと僕自身が問題にしたのはその視野率というものを理解している人がその会社に何人にいたかということだ。僕自身が知らなかったことはちょっとここではおいとかしていただいて、ベテランのカメラマンが知らなかったというのは僕にはどうも納得がいかなかった。もうその人は10年以上その会社に勤務しているのに、自分たちが使っている機材のことを理解していないのはおかしいでしょ。

写真を撮るにはカメラが必要。それは道具だ。仕事をする道具のことを理解しないで仕事するなんて僕には理解できなかった。20そこそこの僕はベテランはなんでも知っていると思っていた。

まあ、今にして思えば全てのことを理解するなんて無理なことなんだろうが、自分の知らないことは無視してドがつく新人に全てをおしつけようとするのが気に入らなかった。

はっきり言って、その時点でそのベテランカメラマンを僕は大嫌いになったのだ。入社してたったの3ヶ月ぐらいで。ただ、会社を辞めようとは思わなかった。それはなぜかというのはよく憶えてないのだが、たぶん、写真というものを面白いと感じはじめたのだろうとおもっている。

さて、次回はどんな話になるかな。
[PR]
# by covaemon | 2005-01-12 15:41 | 写真 | Comments(1)

Mac miniだって

うわーー。なんじゃこりゃー。
って、驚きましたねえ。Mac mini
これは、いいよおー。
はっきり言って欲しいです。
なんといっても、僕の家には、macのキーボードもマウスも、
ごろごろしてるし、ディスプレイも今はpower book使ってるから
あまってるし、これはいいなあ。
ただ、super draiveはほしいな。

でも、power bookのG5はでなかったですね。
やっぱり、cpuの供給がうまくいかないのかな。
[PR]
# by covaemon | 2005-01-12 10:25 | コンピュータ | Comments(0)
やっと続きを書くことが出来るようになった。今までかけなかったわけではないのだが、なんとなく書く気が起こらなかったのだ。まあ、仕事でもないのでよしとしよう。

さて、何度か撮影の仕事もしてから、結婚式のスナップ写真を撮れと言われた。
これは、新人が最初に撮影する仕事だそうだ。

最初にカメラの説明を受けた。なんといっても僕はほとんどカメラの使い方を知らないのだからフィルムの入れ方、カメラの構え方、ストロボの使い方。何から何まで説明を受けた。
でも、よくわからない。専門用語が多いのだ。それまで、会社にある写真の本とかを読んでいたのだが、読むだけでは身に付くはずはない。

最初は先輩が撮影するのを見学するだけだった。
35ミリ一眼レフに大型のストロボをつけて、12枚撮りのネガカラーを1組に1本使うわけだ。

次の組の時に先に先輩が撮影して次に僕が撮るということになった。だからカメラを2台もっていったのだから、そんなに広くない式場に大の男が2人入って、パカパカストロボ光らせて撮影するのだから出席していた人たちは迷惑だったと思う。

構図などは出来た写真を見て先にいろいろ説明を聞いていたので、わかったいたつもりだったが、暗いのと大型ストロボを付けているのでピントを合わすのが大変だった。

そして、3組目で僕だけが撮影することになった。ただし、先輩の監視付。
まあ、自分では無難にこなしたと感じたのだ。撮影自体はほとんど動かない人たちを写すのだからそんなに難しくはない。

月曜日に現像所にフィルムの現像だけ出して、火曜日に上がってくる。ここで、問題が発生した。露出とか、ピントは大丈夫だったのだが、僕の撮影したものだけが、画面の左下に出席者の頭が写っていたのだ。

これにはひどく注意された。それまで出来上がりの写真を見ていたのにどうしてこんなのを撮るのだというのだ。そりゃそうだ。そんな写真をお客さんには今まで売ったことはないだろう。

ただ、そのとき僕は反論した。撮影のとき画面には頭は無かったと。
僕はその頃20歳そこそこの生意気な男。自分では絶対に画面にいれてないと、言い切った。

そしたら、他の社員の人が「しやりつの問題じゃないのか」と言った。「しやりつ」ってなに?
「視野率」のことなのだが、僕にはまったく理解できない。

で、使用していた「ニコマート」というカメラはその「視野率」がかなり狭くてファインダーで見た画面よりも多くのものが写ってしまうらしい。

そんな説明は聞いてない。第一、画面どおりに写らないってどういうこと?という疑問が涌いてきた。でも、ベテランの撮影者はそれでも頭が写るなんておかしいと言い、次回は自分が撮影すると言った。

もちろん、続きます。
[PR]
# by covaemon | 2005-01-11 13:46 | 写真 | Comments(1)