好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先週の土曜日1/25に池田にある逸翁美術館小林一三記念館に行ってきました。

いつも冬の寒い時期に来てるなって印象なんですよね。美術館のほうは花をテーマに陶器や絵画など展示されてました。どれが見たいってこともなく今回は久しぶりに行ってみようかなってことだったのであんまり印象にのこるのはなかったですね。ただね、酒井抱一の水仙図屏風が2/18から展示されるらしくてそっちは見たいなって思いました。

ちょっと離れたところにある小林一三記念館はきょうは小林一三さんの命日らしくってお茶会が開かれていました。着物を着たご婦人が多数。ぼくは完璧に場違いなカッコでした。

もっともお茶会に参加するのじゃないので構わないのですが、もちょっとマシな服装で来るべきだったかななんて思ってしまいました。

記念館のほうは一三さんの業績や趣味などの展示がされているのです。阪急電鉄やタカラヅカのこと、それに様々な趣味などの展示。ぼくはこっちのほうが面白かったですね。前回行った時はレストランの2階の展示室には行かなかったのですが、そこは暮らしてられたスペースらしく、バスルームなども残されていてちょっとレトロな家具もいっぱい。

そして、驚いたことにその家具の引き出しを何気なく開けてみると、新聞紙が敷かれていたのですが、その新聞の日付に驚き。大正時代や昭和一桁の時代のものがありました。

多分、引き出しを開けるような人はいないのでしょう。持って帰ろうとは思わなかったですが、写真は撮りたかったですね。

帰りには池田の駅前のラーメン屋さんに突撃。これがなかなか美味しかったのです。これでここに来れば飯の心配はしなくていい。でもね、ちょっと煙たかったのがねえ。まあ仕方ないか。
[PR]
by covaemon | 2014-01-31 11:26 | アート | Trackback | Comments(0)

正月も終わって

ここんとこ極端に書き込みが減ってますが、生きております。
きょうが今年の初出勤です。
はあ、眠いです。

正月休みだからといって何をするわけもなく、普段の休みとあまり変わらない生活をしております。
つまり、飲んで食って寝てであります。

来月早々には健康診断があるので多分かなり増加しているであろう重量をどうするか。これが今の課題でありますね。まあ、なるようにしかならないでしょうけど。

しかし、この年末年始。テレビはオリンピックと富士山ばっかりでしたね。
もう何見て過ごしたらええねんって感じでした。
とはいえ、年末にやっとの思いでブルーレイレコーダーを購入したのですよ。
今までは6年ほど前に買ったDVDレコーダーでしたから、動作もキビキビしてますし、HDDの容量も250GBから1TBに増えたので残りを気にすることなくバンバン録画できるようになったのです。
毎年年末年始はフットボール見て過ごすってのが多いですからね。結構な時間録画することになるのでかなり安心感が増えました。

しかし驚きますよねえ。今のってYouTune見れるんですね。もっともまだ見てないですけど。無線LANで接続できるので便利ですね。

でもね、取説も分厚いし、いろんな設定もあってこれがかなりややこしい。反対にアンテナの接続やテレビとの接続は簡単になってますよね。
それとまだブルーレイディスクを見てません。はい。何も買ってません。レンタルもしてません。ダビングもまだしてません。残しておこうって思うような番組も少ないですけどね。

そうそう、同じく年末に母親がホットカーペットが冷たいって言い出したのです。つまり壊れた。29日だったです。うちの母親はなぜか年末に電気製品を壊します。以前も30日に電子レンジを壊しました。この時は慌てて買いに行きましたよ。
今回は29日注文で30日に配達できるってことでネットで購入。便利な時代です。

便利と言えば今の時代は正月でもほとんどのお店が開いてるので食べるものには困らないですよね。ぼくの子供の時代は完璧に閉まってました。基本的におせち料理ってものを食べないので、あの頃は何を食べていたのでしょうね。お餅しかなかったのかなあ。ほかにはラーメンとかね。そんなもんぐらい。

てなことで来年もまた同じようなことを書くんでしょうね。ぼくは生まれも育ちも大阪だからどこへ行くってこともない。もっとも人混み嫌いだから避けてますけどね。
とにかくもう若くない。無理はしない、できない。また、頑張るとか努力なんて言葉も大嫌い。人からの評価なんてのも気にしない。だから反対に成長しないとも言える。

とりあえず人には迷惑をかけないようにやっていくしかないですよね。
[PR]
by covaemon | 2014-01-06 15:55 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)