好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

iOS7の不満

なんてタイトルをつけたもののかなり満足しております。
そりゃ4sだから画面がちょっと短いとか、多少モタっとすることがありますが、黒のバンパーをはめて黒で固めた現在の姿に満足しておるのです。

しかし、あえて不満点を出すとすれば、それは

カメラが勝手に連射を始める。

であります。

3Gから使っていたものとしてはあの頃のiPhoneは手ぶれ補正がなかったのですよ。だからシャッターに指を置いて、切るときに手を放すってことをやっていたわけです。

それをiOS7でやろうとすると、勝手に連射が始まる。カシャカシャカシャと音も激しい。
連射オフモードをつけてくれれば簡単だと思うのにねえ。
それとも今のは手ぶれ補正が効いてるのでポンとシャッターを押せば問題ないってことなんでしょうか。

でもね、シャッターに指を置いてから構図を決めるってのはすでに僕の撮影スタイルなんですよね(何を大袈裟に言うとんねん!)だからなんとかしてくださいよねえ。
[PR]
by covaemon | 2013-09-30 13:41 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)

まだまだ頑張るiPhone4s

いよいよきょうからiOS7の提供もされたし、明日9/20はiPhone5s,5cの発売日。
ぼくも当然そこそこはそわそわしておるわけでありますが、とにかく最低でも今年いっぱいは4sのままにすることに決定したのです。

ぼくの4sにはバッテリーケースを装着していたのですが、充電が終わってケーブルを引っこ抜いたらなんと、コネクターがブチっと取れてしまったのです。つまりもうおしゃか。

このバッテリーケースは4の時から使っていたのでかなり傷んでいたし、バッテリー自体もちょっとへたってきてるようには感じていました。

4s本体もなんかバッテリーがへたってるかなって感じてはいましたが、両方あるのでそんなに困ってはいなかったのですよね。しかし、もういけません。

Wi-Fiも時々途切れてしまうこともあったので、Applestoreに突撃です。
症状は予約時に伝えてあったので、すぐに点検してくれました。

そしたら、かなりバッテリーがへたっていたようです。追加保証も加入しているので、本体を交換してくれました。今はバッテリーだけを交換することもできるって聞きましたが、延長保証に入ってない人の場合なのかもしれないですね。

20分もカウンターに座っていなかったように思います。
その後、iCloudでアドレスやカレンダーのデータを取り戻してメールとネットは出来る環境にはなりました。

純正のバンパーを買って、別のお店で両面にフィルムを貼ってもらって完璧です。
家でバックアップから復元をすると元通りの環境になりました。
ただ、音楽と映像は自動にしてなかったので自分でやりました。

さて、バッテリーはどれだけもつようになってるでしょうね。昨日のきょうなのでなんとも言えないですが、気持ち減りがゆっくりなような気がします。(ほんとに気がするだけかも)

それとなんとなく動作がキビキビしてるような気も(これも気のせいでしょうねえ)。
ま、ともかく新品ではないにせよ。今までのものよりは快調なのは確か。ありがたく使わせてもらうことにします。

さーて、iOS7はどうなんでしょうね。さっそくインストールした人たちがあちこちで発言してますが、いいって人とあんなんあかんやんって人が極端なようですね。
それとバッテリーが急激に減って怖いとか。それは多分、インデックスの再構築とかやってるからとおもうのですよね。だからSpotlight検索を全てオフにしてた場合はあんまり減らないのではないでしょうか。減らないよって言ってる人もかなりいますし。

おおむね、4sはいいけど、4はもっさりなようです。これは仕方ないでしょうね。そりゃ5のほうが快適なことは間違いないでしょう。画面も大きいので使いやすいでしょうし。

でも、あのPOPなデザインは5cのほうが似合うんじゃないでしょうか。もし、全面も同じ色になっていればかなりサイケな感じになったかもですね。

とにかく、ぼくはしばらく様子見です。で、我慢できずに明日ぐらいに7にしてたりしてね。
[PR]
by covaemon | 2013-09-19 16:30 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)
久しぶりの映画館。スター・トレック イントゥ・ダークネス/3D。
3Dだから観に行こうかと思ったんですよね。
もちろんスター・トレックはTVシリーズから観てきましたし、数本の映画も劇場で観ました。
でも、現在のシリーズはまだ見ていない。だからどうなっているのかさっぱりわからないって状態で行ったのです。

今回は今なにかと話題の、カンバーバッチって人がほとんど主役。
老若問わず女性からは絶大な人気のようでありますね。

さてその人の役名「ジョン・ハリソン」
ん?ジョン・レノンとジョージ・ハリソンを組み合わせたのか。
どっちももう死んでるやん。って思っていたら本名が明かされた時にはあっと驚きましたよ。
まあなんというかこれで全ては納得というか、ああそういうことをやりたかったのねって感じです。

で、このカンバーバッチって人。すっごく姿勢がいいんですよね。立ち姿も座ってる姿も背筋が伸びてる。
日本に来た時に浴衣着た姿があったのですが、みょうに似合ってると思ったのはそんなのが原因だったのでしょう。

それはともかく、登場人物はおなじみの名前ばっかり。
カークの顔はなんかのっぺりしてましたね。スポックはうーん。ただね声は「2001年宇宙の旅」のHALの声にそっくりに聞こえたんですよね。ちょっとエコーがかかっていてね。

宇宙船の中の感じは2001年とかスター・ウォーズとかどっかで見たことあるかもって思えるのがありましたが、まあそれもええかと。監督はスター・ウォーズの次回作の監督もやるそうですからね。そうそう、冒頭でウフーラが赤いスーツ着てたので思わずエヴァンゲリオンかよって思ってしまいましたね。

2時間以上の映画でしたけど、飽きることもなく、突っ込みどころ満載で面白かったですね。
ただし、劇場のイスはよかったのですが、思ったよりもスクリーンが小さかったし音響もどってことなかった。3Dもこんなもんなの?って感じであんまり迫力はなかったように思ったんです。あれなら2Dでいいかなともね。

それと字幕。文字はもちろん綺麗に読むことができました。でも、ところどころなんかセリフと違うような感じがあったんですよね。当然、英語のセリフを全部理解できるわけではありませんが、何度か?ってとこがありました。

とはいうものの、スタートレックファンはほとんどの人が満足するだろうなって内容であることは間違いないですね。


【追記】
IMAX3Dで観てきた。やっぱりでかい画面と大音響は必須である。
3Dの迫力も全く違った。画面もくっきり。
役者の肌の質感もバッチリだった。カークの鼻はカサカサであった。
[PR]
by covaemon | 2013-09-03 14:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)