好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

幽霊と妖怪の絵がいっぱいだったのです。
大阪歴史博物館に幽霊・妖怪画大全集なるものを観に行って来ました。

初日だったせいかお客さんも結構いました。ちょっと前に行ったボストン美術館展よりも多かったかも。
いやいや、とにかく幽霊と妖怪がいっぱいだったのです。なんといっても初めて本物を観た、円山応挙の幽霊画がいいですねえ。こういう幽霊ならいつでも出てきてもらって大丈夫です。
b0057987_1533767.jpg


他には定番の幽霊さんとか妖怪さんとか。
国芳の妖怪浮世絵は何度見てもいいですよねえ。
妖怪に関してはよく聞く名前のとか初めてのとかありましたね。

とにかく見応えがありました。
でもね、最後の最後に展示してあった若冲のどくろ。これが最高でしたね。あれ一点だけでも満足であったでしょうね。
野晒し図っていうそうです。
b0057987_15102618.jpg

[PR]
by covaemon | 2013-04-22 15:11 | アート | Trackback | Comments(0)
もうすぐ新しいランドセルを背負った一年生たちが街に出る季節。
ぼくはこのランドセルってものがなぜか嫌いだった。
理由を言えと言われるとちょっと困るのだけど、なぜか嫌いだったのだ。
気がつけば家にランドセルがあった。買うときにぼくもお店に行ったのかどうかなんてすでに憶えていない。

なんかねあの形というかデザインというか、ボテッとした感じがどうも好きじゃないのかも。それにぼくらの時代は男は黒、女は赤と決まっていた。他の色は存在してなかったから。
私学では違う色のを採用してたとこもあったけど別に羨ましくなんてなかった。

だいたいなんでランドセルってものを背負って学校に行かないといけないわけ?
そもそもこの疑問に誰も答えてくれなかった。
それに、その当時のは皮だったから重かったんよね。それなのに、ランドセルだけでは全て入らないから、別の袋を持たされたり。これって意味ないやんとか思ってた。

もっとも、学校へ行くのが嫌だったとも言えるかもしれないね。
まあ、それはしゃーない。
一人っ子で、近所に同じような歳のやつもいなかったし、親戚にも歳の離れた人しかいなかった。

幼稚園でさえみんなと同じ事をさせられるのが嫌だったのに、学校てところではもっと厳しくなる。全て画一的。あれのどこが面白い?
え、面白がるところじゃない?ああ、なるほど。教育の場ですもんね。

と、いうわけでまたまたきょうも、わけのわからんことを書いてしまったのでありました。
[PR]
by covaemon | 2013-04-03 11:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)