好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

陰陽座名古屋公演参戦記

いやあ、ほんまに熱いですねえ。え、暑いの間違いやろがって?いやいや、ライブは熱かったのです。はい!
って、わけで、7/24名古屋ダイアモンドホールで行われた陰陽座名古屋公演に参戦してまいりました。

まずは名古屋まで行かなければなりません。土曜日ということもあり、時間に余裕があるので、新幹線を使わずに近鉄特急アーバンライナーで行くことにしました。値段もオトクなのでこっちのほうがいいのです。

鶴橋からちょうど2時間で名古屋に着。お昼をちょっと過ぎたあたりでしたので、とにかく昼飯ってことで、名古屋ですから「ひつまぶし」だろうと目を付けておいた、お店に行ったのでありますが、なんと長蛇の列。並ぶことや待つことが超苦手な大阪人には無理な光景がそこには広がっておりました。

そこは、比較的若い人が行くようなショッピングビルであったのですが、そのお店の前だけは、いろんな年齢の人がいたのです。ひょっとして有名なお店だったのでしょうか。そこまではリサーチしておりませんでした。

で、そのフロアでさまよって、天麩羅のお店があったので、ぼくは穴子天丼、連れはえび天丼を注文。まずお茶がおいしかったんですよね。で、出てきて驚き。穴子はでかい、えびはいっぱい。穴子とえびを交換して両方食べましたよ。

食べ出したころは、なんとも思わなかったのですが、最後の方はお腹が苦しくなってきました。ものすごい量だったのです。こんなの毎日食ってたら重量オーバーになることは明白。贅沢はやっぱり敵なのでありますよ。もちろん、味も良かったです。赤だしも付いてました。超満足で、前屈みになれないお腹状態のまま、次に目指したのは、apple store。

そうです。せっかく名古屋に来たのですからapple storeがあるのであれば、行かなければいけません。
ちょっと歩いただけで到着。心斎橋と比べると若干狭い感じ。でも、並べられている商品と備品は全く同じ。1階、2階というのも同じ。でも、客席はなかったですね。店の中で少しイスを並べてセミナーのようなのをやってました。
行ったという証拠のための写真を一枚。向かいにある松坂屋のマークが入り込んでしまいました。
b0057987_1339359.jpg


お店を後にしてチェックイン。またまたちょっと歩いてホテル到着。そうなんです、昼食から、apple store、ホテルと全て栄にあるのです。ライブハウスから近いところでホテルを探したら、偶然ここになったのですよね。apple storeをメインで考えたのではありません。

暫く休憩して、地下鉄で一駅の新栄にあるライブハウスに向かいます。駅に降りると、それらしい人がいっぱい。場所は確認してましたが、その人達に付いて行くとライブハウスに来てしまいました。

開場時間は17時だったのですが、その時間をすこし過ぎてましたが、やっと入場が始まったようで、まだ外には沢山の人達が並んでいました。そこはビルの裏側でもう熱くて大変でしたね。非常階段を上らされて会場にやっと入ることができました。

ぼくは、陰陽座のライブは今回で3回目なのですが、連れはもうベテラン。そして筋金入り。お知り合いの人もいっぱいいて、挨拶を交わしていました。

今回は初めてのオールスタンディング。腰に爆弾を抱えているぼくとしてはちょっと心配であったのですが、鉄柵に捕まることができたので、なんとか最後までもちました。

定刻通りにライブは始まり、あっという間の2時間半。アンコール4回。3回アンコールが終わったところで、場内にはお約束の、「本日の公演は全て終了しました」のアナウンス。しかし、アンコールは4回が常識の陰陽座ライブ。誰も帰りません。いや、ぼくの前を二人ほど帰ろうとしている人がいましたが、「ああ、まだあるのに」と思ってると、またまた登場。その人達も慌てて戻ってきました。

今回は普段とはちょっと違ったセットリスト。ぼくとしては初めてライブで聴く曲がいっぱいで充分楽しめたのです。当然ヘビメタなのですが、バラード曲もあり、ちょっと?なトークもありでみんな満足したのではないでしょうか。

やっぱりね、エレキギターの音は歪んでいなければいけません。当然、アンプはマーシャルでなければいけません。やっぱりいい音ですよねえ。あの音を聴くと素直に血が騒ぎます。

ライブで汗だくになってしまったので、晩飯をどうしようかと迷っていたのですが、とにかくシャワーを浴びたい気分なので、コンビニでビールと食いもんを調達。それと連れにお祝い事があったので、スパークリングも買って、部屋でグダグダと感想を言い合いながら、晩餐。

疲れていつの間にか寝入ってしまいました。
翌日はどこも行くことなく、名古屋駅でお土産を買ってまたまた近鉄特急で大阪へ帰りました。そうそう、名古屋駅でまたまたそれらしい人、数人に遭遇。週末ということもあって、いろんな所から来ていたようですね。

さて、次は9月の大阪。今度はちゃんとイスのある席。これまた楽しみなのであります。


-------------------------------------
以下、excite広告。
[PR]
by covaemon | 2010-07-26 14:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
こんなタイトルを書くと、ひどいコメントの嵐になるかもしれませんが、実際そう思うのだから仕方がない。
でもまあ、「オレは絶対にやめない!」って人は、それでいいです。無理にやめろとは言いませんから。

で、「たばこやめたいけどなあ」とか、「たばこなんてやめようと思えば、いつでもやめられる」なんて言ってる人達。こういう人は実はやめません。

それと、「おれは禁煙する!」と宣言しても、二週間ほどすれば、「禁煙やめたから」と言って堂々と吸ってる奴ら。

これが信じられない。
なんでやめられないのでしょうね。「それがわかったら苦労せんわ!」と言われてしまいそうですが、ぼくは全く苦労しないでやめたのですよ。

だから、やめられない人の気持ちが全くわからない。
そして、また吸い出す人の気持ちも全くわからない。

それにぼくの両親も病気が原因ではあったけど、すぱっとやめた。二人ともかなりのヘビースモーカーではあったけど、全くうじうじすることなく、やめるのをやめることなく、完璧に禁煙している。

ま、一言で言えば、意志が弱いんでしょうね。
ああ、そうそう、「1,000円になったらやめる」なんて言ってる人がいっぱいですよね。それだから日本たばこは1,000円にしないのでしょうけど、結局やめる人は少ないでしょうね。

とはいえ、たばこ1,000円の日本を見てみたいですがね。


------------------------------
以下、excite広告
[PR]
by covaemon | 2010-07-23 14:03 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

グダグダな三連休。

無事に三連休も終わった今日この頃。いかがお過ごしのことでございましょうか。
ぼくは、全く何の予定も計画もない三日間を過ごしたのです。

もうね、朝起きて外を見るだけで暑苦しくなってどこにも行く気力がなくなる。
冷房のきいた部屋にいると、ちょっとでもそこから出ると、不快になってまたすぐに戻りたくなる。

とはいえ、部屋の掃除と、シーツの洗濯はしたのです。あ、畳の拭き掃除もしましたよ。
外に出たのは日曜日にスーパーに買い物に行った。それだけ。

溜まっていた録画を見ながら、三日間とも昼からワイン飲みながらいつの間にか昼寝。昼間に寝ているから、夜は寝られない。当然、夜更かし。朝ゆっくりというか、昼前というかって感じの時間に起きて、しばらくぼーっとしてから、昼飯と、ワイン。ああ、堕落した生活。

土曜日だけかな、ちょっとだけフィットネスバイク回しました。
それも、冷房きいてた、扇風機の風にもあたりながらだから、あんまりカロリー消費してないと思うのです。
自堕落とはこういうのを言うのでしょうね。

とはいえ、きょうはちゃんと出勤しております。当然、眠いです。ぼーっとしてます。何もやる気起こらないです。週末が待ち遠しいのです。あ、いつもそうか。

---------------------------------------------------------
以下、excite広告
[PR]
by covaemon | 2010-07-20 15:56 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

いいねえ、こういう人。

ジブリの宮崎監督が『iPad』を痛烈批判!「感心も感動もない。嫌悪感ならある」

iPadに痛烈批判だそうです。
多分、インタビュアーの態度が気に入らなかったのかもしれないですね。
「おれ、iPad使いこなしてるんだっぜー」てな態度が見え見えだったのでしょう。

でもね、「自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことをしないで、上前だけをはねる道具としてiナントカを握りしめ、さすっているだけだからです」ってのはどういう意味なんでしょうかね。
出かけていくってのは、どこに行けと言ってるのでしょうか。現地、それとも図書館?まあそれもわからないことはありません。

「想像力を注ぎ込むことをしない」ってとこは大賛成。今こういう人多すぎる。

何でもネットで調べればいいってものではないですからね。でも、現地も近くならいけますよ。でも、海外ならねえ。

図書館もすぐに目的のものが見つけられるか。あ、考えないで、向こうからやってくるってことに納得がいかないのでしょうかね、この人は。

全文を読んだわけではないので、なんとも言えませんが、ぼくもipadには感動はなかったですね。え?一緒にするなって?まあまあ。

前も書いたかもしれませんが、iPadにしか出来ないことって何ですか?
iPadでやらないといけないことって何ですか?もちろん、iPadを使って世界が変わったって思った人もいるでしょう。それはそれでいいと思います。今までコンピュータってものを使えなかった人が、これでネットやメールをすることができる。いいですよね。

でもね、ぼくはどうしても現在のiPadに納得がいかないところがあるのです。それは、キーボードがローマ字入力しかできないとこと。

つまり、かな入力ができない。iPhoneのようなフリックもないのです。
ぼく自身はローマ字入力しかやらないから問題ないですが、日本人は全員ローマ字打てるのですか?高齢者にもiPadはいいデバイスですなんて言っても、文字入力ではキーボードが出てきてローマ字入力しかできない。

これはどうしても納得ができないし、疑問なんですよね。現にぼくの母親(80超)はローマ字なんて無理って言うてました。

appleは高齢者といっても80以上は想定してないのでしょうか。母親に使わせようと思ったわけではないですが、これでは高齢者にやさしいとは思えないのですよね。

おっと、かなり話がずれた。
しかし、よく考えてみると、この人はiPadを批判してるのではなくて、たんに文句言ってるだけだし、使ってる人に対して文句や批判をしてるように感じたんですけどね。
[PR]
by covaemon | 2010-07-14 10:24 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
今大会の最大の主役はタコ君ってことでしょうかね。

まあ、それはいいとして。決勝のスペイン対オランダ。
さすがに生で見る元気はなかったので、録画をして、昨日に見たのですが、はじまって20分ぐらいで見るのをやめてしまいました。

まあ、なんというか、面白くない試合というか、ファウルすることが目的であるような試合でしたね。特にオランダ。ええはっきりいいます。オランダは下品なサッカーでした。

あんなのを90分見る気にはなりません。結局延長まで行って120分やったんですよね。イエローも乱発だったらしい。もちろん、スペインの選手にも出されたようですね。

ワールドカップだから、決勝だから勝ちたいでしょう。当然ですよね。しかしねえ、品がない。
誤審が多い大会だったなんて言われてますが、いつもどこでも誤審はありますよ。それが試合を左右してしまうこともあるでしょう。

でも、今のシステムでは仕方ないこと。なんらかの対策を考えるのかは、FIFAがやればいいこと。それに、批判してる人達も、誤審が自分に有利になったこともあったでしょうに。

それに、明らかにファウルであるのに、手を広げて、「なんで」「ボールに行ってる」「おれ何もやってない」って態度。サッカーの練習しないで、そういう練習ばっかりやってるのでしょうかね。

相手がファウル覚悟できてもそれをかわすのもプロだと言う人もいるでしょうね。まあたしかにそうでしょう。でもそれって卑怯でしょ。サッカーやってないんだから。

とにかくことれで静かになっていいです。ぼくはツール・ド・フランスに専念できますから。
[PR]
by covaemon | 2010-07-13 14:23 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
なんか遅配してて、あちこちで大変らしいです。
ぼくには全く影響はないのですが、このお中元シーズン。食べ物などはえらい事になってるんじゃないでしょうか。
ペリカン便とくっついたんですよね。恥ずかしながらそういうの全く知りませんでした。
宅配って基本的に、くろねこと佐川があれば間に合ってます。個人的にも仕事的にも。

ぼくはゆうパックって送った事ないですね。ま、たまたま必要がなかったのでしょう。ぼくが何かを発送するなんて、年に数回ですから。

で、今回のは一緒になって、一時的に荷物がいっぱいになってもうどうしようもなくなったって事ですよね。これって、この前のiPhone4の予約が一気にアクセスしたので、サーバーがパンクしたってのと同じかも。

とはいえ、7月のこのお中元シーズンにシステムの変更ってきついんじゃないでしょうか。報道ではマニュアルも6月中頃しか届かなかったし、テストは一回しかしてないし、新システムは事前には一度も動いていなかったとか。それはちょっと信じがたいことですよねえ。

荷物が遅れたってことで思い出したのは、その昔勤めていた会社で、一気にMacを8台だか購入して、それが午後の1時頃に到着という事だったのです。しかし、2時になっても3時になっても来ない。設置の為に来ていた購入した業者の人はあちこちに電話してましたが、よくわからない状態。やっと5時前頃に到着。

配送業者がどこかは忘れてしまいましたが、トラックを運転してきたのは60を過ぎたと思われる、ひょろっとした、おっさん。おいおいですよね。Mac本体と20インチのブラウン管ディスプレイ。これだけで、どれぐらいの重量か。それに一人で持てないでしょうが。

おっさんは、運ぶの手伝ってくれともの凄く当たり前のように言いました。客をなめてますね。
そのおっさんに言っても仕方ないので、もちろん業者には黙ってませんでしたがね。

それに、このおっさんどうやってトラックに積み込んだのだろうとも思ったし、現場行って、どうやって下ろすのかとも。誰もなーんも考えてなかったのでしょうかねえ。

ああそうそう、翌日に支店長が謝りに来てましたわ。
[PR]
by covaemon | 2010-07-06 13:18 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)