好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

iPhoneのバグ。

日曜日のことです。iPhoneでメールしてたのですが、文字入力をしていると、一瞬フリーズしてアプリが落ちたのです。今までも何度か落ちるってことはあったのですが、ほんの数文字打っただけではそういうことはなかったのです。

ちなみに、他のアプリでも同じように落ちてしまいます。再起動をしても同じなので、仕方なくiTunesに繋いで、復元をしたのですが、全く変化無し。

もうこうなれば仕方ありません。Genius Bar予約しました。幸い月曜日の夜に取れたのでよかったです。
最初に症状を報告していたので、係の人から「こういう症状は改善できる方法がある」と言われたのですよね。ぼくとして交換なのかなって思っていたので、ちょっと驚きました。

で、その方法とは、設定→一般→リセット→キーボードの変換学習をリセットで、赤い「辞書をリセット」すれば、ああーら、不思議。一気に元に戻りました。再起動することもなく何の問題もなかったかの如く、またちょっと動作がきびきびしたようにも感じられたのです。

こういう症状でGenius Barに来る人はかなりいるみたいですね。最初の頃は改善方法が解らず交換していたそうです。

なぜ復元しても症状が変わらなかったのかと訊くと、復元すると学習機能も復元するので、全く変わらないって言ってました。

ぼくのiPhoneは3Gですが、新しい3GSならメモリも余裕があるからこういう症状には成りにくかったかもしれません。

現在、開発の方に要望出しているので、次のアップデートの時は改善されるかもですね。

それとついでに、連絡先を起動すると勝手にメールを取り込むのはなんとかならないのかって訊いたのですが、そういう事は初めてきいたそうです。ぼくはバージョン2の時はならなかったけど、3にアップしてからだと言っておきました。まあ、実害はないけど、勝手にされるのはどうも気持ちが悪いのですよね。

ああ、それとすぐに横になってしまうのは常に言われるらしいです。これもoffスイッチほしいですよね。

【追記】
3.1.3へバージョンアップされたことで、このバグは解消されたと思っていたのですが、そうじゃなかったのでしょうか。もしそうなら致命的なバグなのかなあ。
という、ぼくも定期的にリセットはしてます。
[PR]
by covaemon | 2009-10-20 15:09 | コンピュータ | Trackback | Comments(25)

え。

<自殺>加藤和彦さんか ホテルで首つる 部屋に遺書 長野

いったい、どうしてとしか言いようがないです。
タイムマシンにお願いしても元には戻らないのでしょうね。
きょうは、ミカバンド聴くしかないな。

合掌。
[PR]
by covaemon | 2009-10-17 14:02 | 音楽 | Trackback | Comments(1)

これはなかなか。

HVにエンジン類似音を義務化へ 国交省「静かすぎて危険」

その日の気分で、フェラーリや、ポルシェの音を選べればおもしろいぞ。
今日はなんか気分が乗らないから、軽の音にしようとか、粋がってるときはアメ車のビッグV8とかね。

なんてのは、全く思わない。
というか、なんでこういう発想になるのかが全く理解できない。
それも視覚障害者が音が聞こえないと危ないと言っている。

たしかに危ないだろう。危ないのは車ではなくて、それを運転している奴だ。
昨日テレビでわざわざ、商店街の中を走って、エンジンの音が聞こえないから誰もよけてくれないなんて言ってたが、どうしてそういう放送をするのか。だいたい、どこにでも車が入ってくるって事がおかしいと誰も思わないのであろうか。

また、警察と視覚障害者がどれぐらいHV車は聞こえないかなんてことをやっていて、その代表と思われる人が、これじゃ危なくて歩けない。我々は音だけが頼りだなんて言ってた。

じゃ、なぜ、車に音を出すなんてばかな考えでなく、人間の安全を考えようとしないのか。
障害者も「オレは障害者だ。もしオレを轢いたら大変なことになるぞ」なんて言えないのか。
もっと、車は遠慮して走れとどうして言えないのか。いつまで車が偉いという社会を続けるのか。

昨日の報道では、ぼくのような意見は出ていなかった。ニュースの中なので時間的な余裕がなかったのか、あっても抹殺したのか、そもそもこんな意見はないのか、それはわからない。

義務化には2年ほどかかるらしい。その間の期間は不安だ。長すぎるなんて言っていたが、こういうのも全く理解できない。障害者も歩いているってことをなぜ言えないのか。

HV車に乗ってる人たちはエコに関心があって、車社会の向上を思って高い車を買っているなんて思っていたが、近頃は、税金が安くなったり車自体の価格も安くなってきたので、ケチな奴らがHV車に乗り換えるなんて事になってるようだ。

ということは、何も考えずに金の事だけ考えてHV車を買って「オレは節約してるんだ」なんてほざいてるんだな。
当然、「オラオラ、HV車が通るぞ、どかんかい」って事になっているのだろう。
まあ日本の車社会なんてそんなもんだ。

これからは止まっている車も音を出さなければいけないことになるかもしれないな。
[PR]
by covaemon | 2009-10-16 09:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
最近なぜか手荒れがひどいなあっと思ってたのですよね。
で、新型インフルの影響でそこらじゅうにある手の消毒液。あれが原因ではないだろうかと思ってたのですよ。
そしたらそんな記事が新聞とか、ネットとかに出てましたね。

皮膚科に手荒れのひどい人がよく来ると。ああ、やっぱりなと思いました。
ぼくは幸い病院まで行くほどにはなってないです。しかし、すでにハンドクリームのお世話になってますからね。
職場の近くにでかい病院があって、そこの中にあるドトールによく行くのです。だからついでに消毒もするのです。

知り合いの医療関係に従事する人がいるのですが、その人にきくとやっぱりあの消毒液は手荒れひどくなると言ってました。水だけでも手荒れするのにいつもいつもあの消毒液を使わされると手はぼろぼろって。

じゃ、消毒液にハンドクリームの成分を入れておけば・・・・あかんわなあ。
[PR]
by covaemon | 2009-10-15 15:23 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

彫刻って凄いんや。

現在、箱根彫刻の森美術館で行われている、
「開館40周年記念 多田美波展 ―光を集める人―」

ぼくが彫刻ってものを意識するのようになったのはこの人の作品を知ってからです。
もう25年以上前ですが、ある写真家のアシスタントをしていた時、何度かこの人の作品の撮影をしました。
大阪から、車に機材をめいっぱい積み込んで東京まで。カメラ機材なので、スピードもそんなに出すことも出来ず、かなり時間がかかりました。

アトリエには制作途中の作品や設計図などが散乱してました。今ではコンピュータで設計もするかもしれませんが、その当時は全て紙に書かれているのです。CADてもうあったかどうかはわからないのですが、その設計図に細かく○○Rと書かれていたのが印象的でした。

この人の作品は曲線を多様するのでそういう指示が必要なんでしょうね。
新作の撮影をするってことだったのですが、どこで撮影するかが問題になったのです。スタジオでの撮影はしない予定だったので、最初は多摩川の土手なんてどうだろうかって意見が出たのですが、写真家から「彫刻の森へ行きませんか」と。

急なことでも、多田先生ならOKでしょうと。そうです。当然「多田先生」とお呼びしてましたよ。でも、その当時はいろんなところに先生っていたのでこの人がどんな人かってのは全く理解してなかったのです。

で、作品をトラックに積み込んで、機材の乗った車と2台で東京から箱根へ向かったのですね。
ぼくは箱根なんて行ったことがなかったけど、車の雑誌で有名な所って印象でした。でも彫刻の森美術館の存在は知らなかったのです。

途中、富士屋ホテルで昼食という贅沢な時間もありここも当然気に入ったのでした。
で、現地について、搬入口から入れてもらったのですが、そこはほんとに素晴らしい空間でしたね。
緑の中に彫刻が浮いている感じ。なぜか遠近感がなくなったような感覚にもなりました。

とはいえそんな感慨にふけっている時間もなく(多分、他の人は何度もここには来ていたでしょうから)機材のセットと作品のセットも。

撮影を始めると、やっぱりお客さんが集まって来ましたが、別段邪魔されることもなく、天気もよかったので順調に撮影は進んだのです。

終わってからは箱根で有名な餃子専門店に連れて行ってもらいましたね。まだあるのかどうかは定かではありません。

二度ほど彫刻の森で撮影したと思いますが、それ以降ぼくは箱根が気に入って、年に数回箱根に行ったなんてこともありましたね。その当時は若かったので車で行きましたから、箱根の道はほぼ覚えてました。新緑の頃はサンルーフを開けて走っているとどんなに気持ちがよかったか。また、秋口の芦ノ湖の紅葉も綺麗でしたよね。

もう長い期間箱根には行ってないのです。こういうのがあると行ってみたくなりますが、何にもまして先立つものが乏しい。それに今となっては車で行くなんてありえない。また、休みといっても、普通に土日。

まあ、朝早く出て、新幹線使って、ここだけ見て、夜フラフラになって帰ってくるってことなら可能でしょうね。
でもなあ、やっぱり富士屋ホテルも止まりたいしなあ。あ、もっと先立つものがないか。

この多田美波さんの彫刻はほんとに好きですね。独特で幻想的で見ていてあきません。
現在は85歳ですが、お元気に新作も発表されているとのこと。ぼくが始めてお会いした時はジャージ着て普通のおばちゃんって感じでした。
もし、時間のある方は是非見ておいて損はないと思いますよ。
[PR]
by covaemon | 2009-10-14 14:37 | アート | Trackback | Comments(1)

何が怖いって。

今一番怖いのは体重計。
9月の5連休に、この前の3連休。いやもう食べる食べる。そして、ゴロゴロゴロゴロ。
太らない訳がないってこっちゃ。
それに、涼しくなってきたから、食欲が増える、増える。

とにかく、食いもんを減らすしかない。
運動不足ってこともわかってるけど、やっぱり腰が心配でウオーキングか、自転車に乗る事ぐらいしかできないし。

こうなったら、徹底的に動かないで、徹底的に食事を減らす。これしかないか。
なんかわびしいなあ。
ま、食費減っていいかも。
[PR]
by covaemon | 2009-10-14 11:35 | ひとりごと | Trackback | Comments(1)

神戸な日。

さてさて、三連休の初日の10月10日の土曜日。
久しぶりに神戸方面へ出かけたのでありました。
目指すは、須磨海浜水族園。かなーり昔に一度来たことはあるのですが、地震の前であったのでちょっと雰囲気が変わっているかもと思ってました。
しかし、予想通りというかやっぱりというか、前回のことなんか全く覚えてなくて初めて来たような印象。
入るとすぐにでっかい水槽が出迎えてくれたのです。
b0057987_1746341.jpg

ぼくは魚介類は食べるのは苦手なものが多いのですが、水族館は好きなのです。
普段見れない生態が見れますからね。
あなごがこんなふうにこちらを見つめていました。
b0057987_1749445.jpg

ペンギンもいるし、
b0057987_17511431.jpg

イルカショーもやってました。
b0057987_17513961.jpg

いやしかし、イルカって賢いんですよねえ。鳴き声もよく聞こえたし、ジャンプして着水する時なんて盛大に水を近くの観客に浴びせるのです。そのために、前の方の人には水を防ぐビニールシートなどを手渡してましたね。
ショーが終わってからしばらくその場所にいたのですが、ちょっとだけですが、イルカの調教をやってました。練習というか、復習というか、それを近くで見てても怒られることもなく、飼育員になついているイルカが妙にかわいく感じられたのでした。

そうそう、アマゾン館なんてのがあって、でっかい淡水魚のアロワナってのがいたのです。
ぼくの身長よりも長い奴でした。
b0057987_17562667.jpg

また、ここはアーチ状の通路があってしたから魚を見ることができるのです。
b0057987_1758767.jpg

海遊館にもありますが、こっちのほうが早くに出来ていたってことらしいです。

そうそう、当然クラゲもいるんですよね。今水族館にクラゲは絶対いますよね。
なんかゆーったりしてふらふらして、ノーンビリしていいなあと思ってしまうのですねえ。
b0057987_1813575.jpg

お土産にマウスパッドと神戸ワインを買ってここを後にしたのでした。

そして、次なる目的地は、新長田。
なぜこんなところに行くかというと、こいつがいるのです。
ジャーン!
b0057987_1845322.jpg

ご存じ「鉄人28号。作者がここの出身ってことなんですね。
ここにこんなのが出来てるなんてのは全く知らなかったのですが、連れが知っていて、じゃ行ってみようってことになったのです。ぼくが小さい頃に見ていたアニメだからほんまに懐かしかったですね。
こんなのが出来るなんてほんまに「夢にも思わない」です。

まだ、工事中でおっちゃんがブルドーザー動かしてました。
でも、みんな写真撮ったり、鉄人と同じポーズしたりで楽しそうでしたよ。
ただ、後ろ側から見るとなんだか張りぼてな感じでちょっと・・・なのですよね。
b0057987_186404.jpg

今はまだ、何もなくて、こいつがずしっと立ってるだけなのですが、これから整備していろんなイベントも出来るようになるのでしょう。周りにはマンションや学校もあって毎日これが見れるってのはかなり羨ましいなあと思ったのでありました。

神戸な日ということで当然、中華街で飯を食うってのが定番であると誰でも考えのでしょうけど、なぜかここから普通に大阪まで帰ってきたのでありました。
土曜日でそんなに人も多くなく、電車での移動なので渋滞なんてのもなくて快適でのんびりした一日でありました。
[PR]
by covaemon | 2009-10-12 18:18 | 写真 | Trackback | Comments(0)

今夜は撮れた。

b0057987_19343169.jpg

昨日失敗した月。きょうは満月だしきれいに出てました。
カメラもAFで撮れば問題なし。
でも、なんでMFではピント来ないのかなあ。
[PR]
by covaemon | 2009-10-04 19:35 | 写真 | Trackback | Comments(2)

初秋の晴れた日に。

きょうはいい天気でしたよね。近所の小学校は運動会をやってましたし、町内では祭りの準備で忙しいようでした。
ぼくはといえば、この前安さにつられて買ってしまった折りたたみ自転車で地元を少しだけうろうろしてみました。

時々ここに載せているMTBは現在修理中なんですよね。部品がないとかでまだ乗れないのです。
当然のことながらMTBと同じ感覚で走ると偉いことになりますね。ブレーキはきかないし、まっすぐ走らないし。
普通の平地っで電動自転車に片手で日傘をさしたオバチャンにあっさり抜かれてしまいました。多分ぼくは15キロぐらいしか出てなかったんでしょうね。

b0057987_1631403.jpg

とりあえず、応神天皇陵の前で一枚。こういう色をフレンチブルーっていうんでしょうね。
スピードも出ないし、そんなに長時間も乗れないの、近場を買い物に行くとかにはいいですよね。後、車に積んでどっか行ってそこで乗るのもいいかもですね。

いちお、シマノの6段変速がついてますが、そんなに使い道はないかも。それよりブレーキ効くようにしたいですね。夜に乗るつもりはないので、ライトはなし。自転車屋で前につけるかごを見たのですが、やっぱりかっこわるいので、やめました。
まあ、いつまで使えるかですわね。
[PR]
by covaemon | 2009-10-04 16:37 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

仲秋の名月なのに。

b0057987_21145126.jpg

きょうは仲秋の名月。夕方雲が広がってどうかなあって思ってたのですが、時々雲の切れ間からきれいな月を見ることができました。

で、当然、写真を撮るってことになるんですが、いつものように、カメラ出して、レンズ付けて、三脚にのっけてってやって、撮ったのですが、なんとピントがきていない。望遠でMFで無限なのになんでやねんですわ。

これまで何度か満月の写真を撮ってましたが、今までこんなことはなかったのです。ってことはレンズが壊れてるか、カメラが壊れてるのどちらか。

んで、他のレンズを付けてみると全く問題ない。望遠もAFで無限でなければ問題ない。夜なのでAFで無限は無理。ああ無情って感じですわ。

使い方は間違ってないんだけどなあ。まあ長いこと使ってなかったし、カードの中に残ってたデータを見たら今年の正月に撮ったきりだしで、カメラに嫌われたのかなあなんてね。

カメラや写真なんて嫌いだい!

とりあえず、パナのコンデジで撮ったのでそれでお茶を濁しておきます。
[PR]
by covaemon | 2009-10-03 21:24 | 写真 | Trackback | Comments(0)