好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

iPhoneついに発売。

全米でiPhone発売 アップルの新型携帯電話

やっぱりほしいけどね。
日本で売るのにはかなり難しいかもね。
キャリアがどこになるかで、仕様が変るかもしれないし、そんなことはappleは認めないかもしれないし、それに、キーボードで日本語入力するのであれば、あのスペースではやっぱり難しいね。

韓国で売ってるこれもかなり興味ありかも。
[PR]
by covaemon | 2007-06-30 13:08 | コンピュータ | Trackback(1) | Comments(0)

おい、おい

ジョニー・デップが“ドラえもん”と夢の共演 | エキサイト シーズンカレンダー

ジョニー・デップって、昔は出演作を選んでいたらしいけど、最近はなんでもありなわけ?

でも、見ようっと。
[PR]
by covaemon | 2007-06-29 10:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)

宇宙でも日本食。

宇宙でも日本食が食べられるようになったんですね。
そしてついに、日清のラーメンも認証されたようです。
CMが現実になったってとこでしょうか。
でもどうやって食べるのでしょうね。スープなんてどうするのでしょうね。

「宇宙日本食」の認証について
[PR]
by covaemon | 2007-06-28 14:33 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

楽葬に花20万本

<坂井泉水さん>お別れ音楽葬に花20万本 直筆の歌詞も
[PR]
by covaemon | 2007-06-27 09:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ふーん。

人々に見せつけるためにフェラーリを購入してはいけない!? | Excite エキサイト

しゃあないな。





がまんするか。
[PR]
by covaemon | 2007-06-26 09:11 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

やっぱり本物はすごい。

スカパーのフジTVで、チャーと渡辺香津美が共演していたのです。おっと、本来はわたくしごとき者がこのお二人を呼び捨てにするなんてことは許されないのでありますが、呼び捨てにしなければ敬称を10コほどつけなければいけないことになるのであえて今回は敬称略でいかせていただきます。

んで、スタジオに二人で入って、なんやかんや喋った後、「じゃ、ギタリストがふたりということは、やっぱりブルースでしょう」なんてことになって、でもチャーが「B♭なんかじゃオレはできねえよ」なんて言うのですね。

で、渡辺香津美が「Emのレゲエ調で」なんて訳の分からない事をいいだしてはじまったのですが、最初の4小節ぐらいはなんだかレゲエ調のような感じだったのですが、チャーが弾きだすとレゲエではなくなったのです。

基本的にギタリストふたりよると、なんかやるのですが、わたくしのようなど素人は、なんとかして相手をおどろかせてやろうなんてことを考えてとんでもないフレーズや一気にへんな音を出したりするのですが、やっぱりこのお二人ではそんなことはしないのですね。

それに、チャーはいつものストラトで渡辺香津美はレスポールタイプのオリジナルギターみたいなのですが、ここで、タイプの違うギターを持っていたのなら、自分にしか出来ない事をやるものなのです。素人は。

だから、ストラトならアームを使ったり、レスポールなら、スイッチで音を消したりと卑怯な事をするのですが、やっぱりそんな素人な事はしないのですね。

しかし、元来、ギタリスト、特にエレキなんてものをやってる人は、ど素人もプロも基本的には気持ちはいっしょなのです。

だから、はじまりや、途中はいいのですが、どうやって終わるかなんてことは全く頭にないのですね。

よく音楽で会話をするなんて言いますが、やってる時は会話なんてしてないのです。で、いくらなんでも終わらないとなあなんて思い出してからお互いに顔を見合って「どうする」「そろそろ終わろか」なんて顔をして「こういうので終われる」「いやあ、それやったら、ちょっとカッコ悪いで」なんて感じでここでやっと会話のなるのです。

しかし、どうしてもまとまらない時もあるのです。そういうときは、いきなり「ジャアーン」と終わるという基本形が存在しているのでいつでもどうにでもなるものなのです。

とわいえ、やっぱりこの二人が何かやるとそうとうすごいです。渡辺香津美は一度だけ見たことがあるのですが、ぼくが高校生のときだったので、アレンビックっていうとんでもなく高価なギターを持っていたのでやっぱりプロはいいよなあなんて思っていましたね。

チャーは何度か見てますが、いつ見てもすごいですね。一度、ライブの途中からぼくはなぜか熱が出てきてフラフラだったのですが、アンコールでホワイトルームのイントロを聴いた時は狂喜乱舞でしたね。もちろん、その後はまともに歩くことはできず、家までタクシーで帰った事を憶えています。

なんだかまたギターを弾きたくなってきたのですが、引越しのあと全く触ってないので、弦はさびてるだろうね。
マーシャルにぶちこんでディストーションバリバリでジャーーンとやりたいなあ。
[PR]
by covaemon | 2007-06-24 21:01 | 音楽 | Trackback | Comments(3)
きのう、フィットネスバイクにまたがっていたときです。
なんとなくテレビをつけていたのですが、全然面白いのがないのですよね。で、ふと思いついたのです。

音楽でもかけるか。
でも、CDだと、一枚まるごと聴かなければいけないし、途中で飽きて入れ替えるのも面倒。

iPodでってのもありかもしれないけど、家の中でイヤホンするのもなあと思ってしまう。
そうだ、MACにはリモコンあるじゃないの。

ディスプレイも液晶になったので、自分に見えるほうに向けて、MACもリモコンの受光部が見えるようにして、後はフィットネスバイクの上からリモコンだけで操作ができる。

そうそう、音はね、オーディオシステムとつないだので、サラウンド環境。
気分によって、好みの曲にすぐに変えられるのはいいですね。
最初はのんびりとクラシックなどでウォーミングアップをして、調子が出てきたら、ドゥービーなんかがドライブ感があっていいし、時には「ハイウェイスター」で、ギンギンに行ってみたりして。

ま、プレイリスト作っておけって意見もあるかもしれませんが、気まぐれなぼくのこと、いつ聴きたい音楽が変るか自分でも想像できませんからね。

ビデオや映画を見ながらってときは普通にテレビを見てますが、音楽だけって時はこれはかなり使えると思ったのでした。
[PR]
by covaemon | 2007-06-21 15:38 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)
本当の意味での「食わず嫌い」について考えてみた | Excite エキサイト

なんて、でっかいことを言ってしまいましたが、生まれてこの方一度も口に入れた事がないというものはかなりあります。

あえて、それは何かは言いませんが、においのひどいものや、見た目が気持ち悪いものは絶対に口に入れることは出来ません。

はい、わたくしは感受性が強いのです。(キッパリ)

もちろん、食べてみて嫌いになったものも沢山あります。
そうなんです、わたくしは好き嫌いが激しいのです。そして、高いものほど食べられないという悲しい性質の持ち主なんであります。

すし屋に行くと高いものほど食べる事が出来ません。安っぽい体質なんでありますね。
まあ、いいのです。おかげで食費が安いのです。
[PR]
by covaemon | 2007-06-18 13:44 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)

やっぱりこれかな。

Flickrではいろんな言語を表示する事が出来るようです。
今ならこれが一番しっくりくるようですね。
b0057987_21205344.jpg

[PR]
by covaemon | 2007-06-15 21:21 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

これがほんとのAppleTV?

b0057987_13123263.jpg楽天でこんなのを見つけました。
ま、りんごに見えなくもないけど。

hannspree
なんだか変なデザインのテレビがいっぱいあります。
[PR]
by covaemon | 2007-06-15 13:13 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)