好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ピザは熱いうちに食え。

でも、気をつけなければいけません。
チーズは熱いのです。

ああ、唇がやけど。

口をあけると痛い。
[PR]
by covaemon | 2007-01-30 10:14 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

和な一日。

京都国立博物館に行ってきた。
現在、京都御所障壁画が展示されている。
今見ておかないと、もう二度と見る事は出来ないであろう。

b0057987_2113548.jpg

10時前に入ったので、比較的人は多くなかった。
絵の保存の為に、照明が落とされていたので、ちょっと見にくかったのは確かだが、それは仕方がない。
それでも、絵は素晴らしかった。それに、色も奇麗に保存されている。
襖絵が主なのだが、板に描かれているものもあった。

ただ、見ていてやっぱりこういうものは、それらがあるところで見ないと意味がないように思った。
博物館で、襖だけを見てもどうも、変な感覚になってしまう。
やはり、部屋全体の雰囲気も大事だと思うのだ。

だから、襖絵の下絵も展示されていたのだが、それのほうが、すんなりと見る事が出来た。ただ、その下絵もかなり、丁寧に描かれていて素晴らしいものだった。

特別展とは別に、平常展示として、博物館が所蔵しているものを展示している建物が別にある。ぼくは今までそこは見た事がなかったので、行ってみたのだが、そちらのほうもなかなか見応えがあって、かなりの時間を使ってしまった。
b0057987_21221332.jpg
考える。
b0057987_21225776.jpg
茶室にはつばき。

さて、予想以上に時間を使ってしまった。このあと、ぼくは銀閣寺に行こうと思っていたのだが、時間的に難しくなってしまった。金閣寺は何度か行ったことがあるのだが、まだ銀閣は行った事がないのであった。

で、道を挟んだ所に、三十三間堂がある。ここもぼくはまだ言った事がなかった。移動距離が短いので、行く事にした。
b0057987_21255694.jpg

中は、当然撮影禁止なのである。あれだけ、たくさん仏像が並んでいるのはすごいものだ。
だけど、どれもかなり埃だらけだった。
b0057987_21271270.jpg
長過ぎて入らない。

京都で困るのは食事なのだ。ぼくはどうも京都の食べ物は苦手でほとんどお店に入った事がない。だから、今回も一気に大阪に帰ってきて、お好み焼きにした。
そのあと、夕方にはうろぼろす堂さんと、おでんと日本酒で、「ああ日本人」って一日であったのだ。
[PR]
by covaemon | 2007-01-28 21:34 | アート | Trackback | Comments(3)
きょう、職場に某X社のデジタル複合機がやってきたのです。
当然、全てのコンピュータにドライバやらなんやらの設定をしなければならないのですが、WINは98やMeなんかでも問題なく、某X社の人がインストールしてくれたのですが、MACOS9は来ていた3人とも、知らないのです。

OS9のインストールなんて、PPDをシステムフォルダに放り込むだけなのに、3人とも、ディスプレイの前で固まってるのです。

「誰に電話したらいい?」とか、「あの人今日は休みやったかな?」なんて言ってるのです。

ぼくは、心の中で「お前らあほやろ」と思いながら、「PPD入れればええだけでしょ」と言って、自分でやりました。

リスタートの必要もなく、軽々と、イラストレータからデータがプリントアウトされました。

ああ、OS9が過去のものになったのか、それともぼくが過去のものになってしまったのか。

なげかわしい。

というか、早く、OSXで仕事したい。
[PR]
by covaemon | 2007-01-26 17:58 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)

「OUT」

以前、「バラバラ事件」の時に、「模倣犯みたいだ」って書いたら、「桐野夏生のOUTを思い浮かべた」っていうコメント戴いた。

だから、早速、読んでみた。
恐い話だ。最初は、なんだかかったるいし、おばちゃんたちの面白くない会話がつづいたりで、読むのやめようかとも思ったのだが、突然話は変わって行く。

下巻でのいきなりの展開にはぶったまげてしまった。「なんやねんそれは」って感じだった。
気がつくと「雅子」ってキャラクターに引き込まれてしまっていた。そして、最後まで読むのを躊躇ってしまった。読み終わってしまうと二度とこの「雅子」ってキャラクターにはあう事は出来なくなってしまうからだ。

もっと言えば、これで読むのをやめて、途中まで読んだという記憶もなくしてしまって、「雅子」ってキャラクターの記憶を消してしまいたいとも思った。

だから、最終章をなかなか読めなかった。
読み終わってからしばらくは、何も出来なかった。動けなかった。ほとんど放心状態だった。なんだか全く理解できないような感覚になってしまった。小説を読み終わってこんな感覚になったのは初めての事だ。

小説を読んでいると、なんだか寿命が縮まってしまうような気がする。
驚いたり、感動したり、笑ったり、泣いたり、怒ったり様々な感情がわき起こってくる。そういう感情をすべて小説に吸い取られてしまうような気がする。吸い取られるたびに、ぼくの寿命は縮まるのだ。

しばらくはこの作者の作品は読まないであろう。ひょっとしたらもうどれも読まないかもしれない。この作者の「雅子」以外のキャラクターを読みたいとは思わないから。

次に何を読もうかという気にはなれない。今は何も読みたくない。
こんな気分の時はどうすればいいのだろうか。
[PR]
by covaemon | 2007-01-22 21:45 | 書き物 | Trackback(1) | Comments(8)

3分まてない。

カップめん「3分待てない」人たちの主張に迫る | Excite エキサイト

ウルトラマンは絶対に待てない?
[PR]
by covaemon | 2007-01-20 13:06 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

忘れるわけない。

1月17日
[PR]
by covaemon | 2007-01-17 08:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(5)

あかんべえ

年末にやっと文庫で出た宮部さんの時代小説。
今回もまた、「嫌な女」と、「賢い子供」と「あかん男」が登場。

いやまあ、なんと言うか支離滅裂といっては失礼かもしれないけど、いろんな話がありすぎて、内容をきちんと理解していくのがたいへん。

でも、おもしろかった。ぼくが読んだ時代物では一番好きかもしれない。
先が想像できるなんて意見もあったみたいだけど、そうであったとしてもいいのだ。どうそういう風に持っていくのか、はたまた、そうじゃなくて全く違う展開になっていくのかを考えながら読み進んでいくのもいい。

そして、相変わらず、ラストはあっさりしている。あれだけ、中身が濃いのに、「なんやねんあの終わり方は」って思ってしまうのはぼくだけだろか。

ひょっとして、宮部さんは、書いているときから、「終わり方はみんな考えてる通りです」なんてことにして、そこまで持っていく中身を濃く、濃く、濃厚に仕立てたのだろうか。

さてさて、これの続編はあるの?
[PR]
by covaemon | 2007-01-15 15:46 | 書き物 | Trackback(1) | Comments(4)

衝動はおさえられない。

仕事の帰りに、ちょっとトイレに行きたくなって、あるデパートの中に入ったのです。ついでに、ぶらぶらしよかと、きょろきょろしていたら、今バーゲンなんですよね。

そしたら、普段はほとんどバーゲンなんてしないところが、なんと40%OFFだったのです。ま、見るだけ見ていこかなってことで、値札なんかをチェックしたらやっぱり40%OFFは偉い。

いつのまにかご購入してしまいました。
ああ、なんという、計画性のなさ、なんという、我慢弱さ。以前書いたように、何も考えないでただ、突っ走っているだけってのはほんとであります。
おかげで、今月はこれから、極貧生活がやってきてしまうのです。

miniのメモリ増設と外付けのHDDを買う予定をしていたのに、ほんとに予定は未定であって決定でないってことを実感したのでした。
[PR]
by covaemon | 2007-01-12 08:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

民家の庭

東京での死体切断殺人。ある民家の庭で発見されたらしい、おもわず「模倣犯」やんって思ってしまった。
[PR]
by covaemon | 2007-01-11 09:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)

気になるjobs.

昨日のキーノートを見ていて(見てただけかよって突っ込みはなしよん!)、iPhoneを操作している時、普段かけている眼鏡を頭の上にのっけて、裸眼で見てましたよね。
つまり、ジョブズは老眼ではないってことなんでしょうか。

普段眼鏡を掛けている人はやっぱり近眼だから老眼ではないのかな。
でも、近眼でも、近いところを見るときは眼鏡をはずすってことは、老眼になりかけているってことなんだろか。

ま、そんなことはいいとして、
iPhoneいいですねえ。見ていただけのぼくでも欲しくなってきます。
OSXで動いているからマルチに動かせるのでしょうね。あれで、ワンセグが見れればもう言う事なしってところですね。

とりあえず、アメリカで販売されたらどんな反応になるのか楽しみですね。
[PR]
by covaemon | 2007-01-10 23:56 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)