好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

OS9はストレスが溜まる。

もはや今ではOS9ではアップルサイトのオープニングムービーを見るl事が出来ないのだ。
ネスケでも、IEでも全く表示しない。

時代はOSXなのである。
しかし、仕事上まだまだOS9を捨てるわけには行かない。
いかないどころか、なくてはならない。移行出来ない。
今まで、何度かこのような内容のことを書いて来た思うのだが、普通に仕事にだけMACを使っている分にはOS9でもいい。

しかし、デジカメ写真を扱ったり、ネットでいろんなサイトを見たり、iTMSで、曲を買ったりしたいと思えばOSXでないと何もできないのだ。

OSX上でもクラシック環境でOS9を使えば問題ないと思われるかもしれない。無理なのだ、それはこれも何度か書いているがフォントの問題。ふるーいフォントを使わなければいけないような環境では、クラシックではそのフォントは使用できない。

だから、ネイティブでOS9を起動させなければならない。
ああ、ストレスが溜まる。
正直言ってもうOS9には飽きた。

この業界も徐々にではあるが、OSXへの移行が進んでいる。
ただ、関西地方とりわけ、大阪はなぜだか、なかなか進まない。
大手の印刷会社などは完全にOSXに対応しているのだが、我々のような中小零細仲間では全く対応できていない。

また、個人でやってるデザイナーさんなども、できていない。全てフォントが問題になってくる。
一番の問題は、印刷会社が製版システムを導入したのはいいのだが、フォントを購入していないなんてのが多いのだ。

だから、イラストレータで制作して、すべてアウトラインにして、イラレ8でなんて言ってくるのだ。OSXって何それ?てなぐあいだ。当然、ページものであったとしても、クオークでは受け付けてくれない。インデザインも嫌がられる。

よく考えてみると全盛期の遺物で仕事をしているのだな。
[PR]
by covaemon | 2006-11-29 10:31 | コンピュータ | Trackback | Comments(8)
ケーブルテレビを解約した。
この会社では、テレビとネットと電話に加入していた。
ちょっと前にネットと電話を解約していたのだが、今月の請求書には解約をしたにもかかわらず、請求されていた。

電話で問い合わせたら、解約した電話でいまだに登録されていた。
解約の時に、営業が家まで来て、「解約確認書」にサインと新たな電話番号まで聞いて言ったのにである。

当然、ぼくはブチギレしたのである。
「お前とこには、1円たりとも金は払わん」
と言って、電話を切ったのだ。

ぼくは、その後出かけたのであるが、先方から詫びの電話がかかってきたらしい、家の者には何のことだかわからなかったのであろう。

次の日は日曜だったので、解約の時に来た営業が謝りに来た。
なにやら、システムの不備でこんなことになったとごちゃごや言っていた。

「今後はこの様なことがないように、改めます」なんて言っていた。

ぼくは、
「今後なんて俺には関係ない」

そうなのだ、なぜに、誰かが犠牲にならなければシステムの不備が確認できないのか。
シミュレーションはしないのであろうか。
まったく、客をばかにしている。
ぼくは言った。

「テレビやネットや電話をお前とこで使ってる人達はお前らにとっていったい何やねん」

そしたら、
「もちろん、大切なお客様です」
と。

なら、
「こんだけ、客の言うてることをやらんし、むかつく事ばっかりするようなとこの客にはなってたない」

ってことで、
「全部持って帰れ、お前とこには絶対に金なんか払わん」
ということで、全てを解約した。

テレビだけは残しておくつもりであったのだが、あまりにもばかばかしいし、むかつくしで、その営業には「二度とおれの前には現れるな」と言って追い出したのだ。

ああいうふざけたケーブル会社はなくなればいいと願っているのだがねえ。ああ、JCOMです。

で、テレビだ。
いままでは、地上デジタル、BSデジタル、CSとケーブルで約100チャンネルほど見れたのであるが、それが、地上アナログとBSアナログだけになってしまったのだ。

全く、一昔前に戻ってしまった。
それに、まるで、見たいものがない。
なぜに、これだけくだらない番組ばっかり作れるのであろうかと思ってしまう。

ニュースにしたって、ニュースステーションが終わってしまってからは、民放では「WBS」ぐらいしか見てないし、近頃の討論番組などはどれも出ているのが一緒だし、あほもいっぱい出ているので見る気がしないしってことになると、受信料を払っていない、NHKしか見るものがないのが現状なのだ。

NFLは好きだし、7時のニュースの天気予報の半井さんも見たいし、日曜美術館も見なければいけないし。これで、受信料を払えって言って来なければ最高なのであるが。

しかし、やっぱり一度HDの画像を見てしまうとアナログには耐えられなくなってくる。
なんて汚い映像だと思ってしまうのだ。住んでいるところの影響もあり、ゴースト出るから最悪なのである。どうしても、BSを見るしかなくなってくる。
デジタルチューナー誰か、くれ。
[PR]
by covaemon | 2006-11-27 14:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

「狂気」に狂喜乱舞

b0057987_11331470.jpgちょっと前に、某公共放送で、ピンクフロイドのライブをやってました。
94年にロンドンで行われたもので、アルバム「狂気」を再現したものでした。

放送されたのはその「狂気」の部分とあと数曲でしたが、ライブ自体は2時間以上もあって、数年前にWOWOWで一度だけ放送されたものでした。今回はインタビューもあって、それなりにはよかったのですが、なぜ、全部を放送しないのかちょっと疑問ではありました。

この時はもうすでに、ベースのロジャーは脱退していたのです。やっぱり4人いないとなあと持ってしまいます。
ですが、ライブ8の時はなんと4人が揃ったのです。そりゃあみんな興奮しますよね。ぼくもディスプレイをなめるように見ておりました。

いや、しかし、年月というのは恐ろしいものです。あのかっこよかったギルモアがギター持ってなかったら完璧に悪役レスラーにしか見えないし、ロジャーはほんまにただのおっさんだしねえ。

でもです。もし、日本で4人揃ってライブをやってくれたら、もうそれこそ狂喜乱舞で気が狂ってしまいそうになることでしょう。
[PR]
by covaemon | 2006-11-25 10:40 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Adobe Lightroomのお勉強

今日は、APA主催のイベントがあって、そこでAdobe Lightroomのセミナーがありました。休みだったし無料であったので、行ってきました。

基本的にLightroomはRAWデータの現像ソフトなのですが、ファイルブラウザとしても使えるし、プリントアウトもできるので、使いこなせると便利かもしれません。

で、ベータ版も日本語になったので、自宅のMACにインストールしてみました。MAC版は10.4でないと動かないので、職場のには入れられないのでした。

ペンタックス純正の現像ソフトはブラウザと現像ソフトが別になっているので、ぼくとしてはちょっと使いずらいのです。

だから、このLightroomはなかなかいいと思いました。ただ、今までの、アドビ特有のインターフェースとは違うのでなれるのにはちょっと時間がかかるかもしれません。

近頃はjpegでしか撮影してなかったのですが、久しぶりにRAWで撮ってみました。無事にぼくのペンタックスDLのRAWデータも読み込んでくれたので、何の問題もなく現像が出来たのです。

ちなみに、左側のクロノグラフはクオーツではありますが、20年以上前に買ったセイコーです。ほんとはジウジアーロがデザインしたのが欲しかったのですが、これの倍以上の価格だったので手が出なかったのです。電池を入れ替えているだけで、何の問題もなく動き続けております。さすが日本の工業製品は壊れない。すごい。

右側のは、ついこの前に買った、同じくセイコーのダイバーですが、これはメカニカルムーブメントです。製造は香港で、主に海外で販売されてます。某楽天で購入。1日に15秒ほど進みます。ま、こんなもんでしょ。

b0057987_21594581.jpg


しかし、Lightroomってなんかべたべたなネーミングですよねえ。明室か。
[PR]
by covaemon | 2006-11-18 22:02 | 写真 | Trackback | Comments(0)
無精者の味方? 「忍者スリッパ」でござるよ | Excite エキサイト

前後がなくて、どっちからも履けるからいいとのこと。
不精者には必需品かも。

ぼくとしては、前後も裏表もなかったらもっと便利だと思うけど、そこまでは無理か。
[PR]
by covaemon | 2006-11-14 11:44 | ひとりごと | Trackback | Comments(5)
いちお、菊なんです。
b0057987_23304187.jpg

[PR]
by covaemon | 2006-11-12 23:30 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

.del

昨日、仕事の帰りに電車のドアのきわに立っていてぼーと外を見てたのです。たぶん駅前にあるパチンコやだと思うのですが、こんなでっかい電飾があったのです。これやっぱり店の名前だと思うのですが、
b0057987_10325673.jpg

写真を撮れなかったのが残念でありますが、
読み方ってやっぱり、「ドットデル」でしょうね。「どっと出る」ってことでしょうね。
ま、しゃれてると言えばしゃれてますが。
さすが、大阪、べたべた。
[PR]
by covaemon | 2006-11-11 10:35 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
いわずと知れたサディスティックミカバンドの名曲「タイムマシンにお願い」。
ちょっと前にボーカルが木村カエラって人で新しく出されたようですね。
iTMSで購入しましたが、なんかオリジナルと比べると、ねえ。

オリジナルはリアルタイムでずっと聞いてましたし、CDももってるし聞きなれたもんなんですが、同じくiTMSで高中のライブでミカがゲストで歌ってるのがあるのですね。やっぱり年取ってもこの声じゃないとねえ。

映像もBSで流れてたのですが、「え、こんな人だったっけ」って思ったのは事実です。
以前、バンドやってたときにこの曲をやりたかったのですが、ぼく自身がどうしても高中のようには弾く事が出来なかったのですよね。個人的に練習してましたが、全く人に聴かせられるような状態ではなかったので、「この曲やろう」なんてことも言えませんでした。
その当時はボーカルが女性だったのに、ほんまに残念なことでした。

今なら、どうかですが。えーと、とりあえず、赤いストラトはあるのですがねえ。

もし、タイムマシンにお願いができるのであれば、行ってみたいのはもちろん「蒲生邸」であります。(って存在してへんちゅうねん)
[PR]
by covaemon | 2006-11-06 15:49 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

14番目の月

こんなタイトルの曲がありましたね。
ちなみにぼくは三日月が一番好きです。
ただ、なんとなく。
満月って明るすぎて気持ち悪い。
オオカミが出てもおかしくないって思ってしまいます。
ちなみに、ぼくはうさぎになり・・・ません。
b0057987_2162188.jpg

[PR]
by covaemon | 2006-11-04 21:06 | 写真 | Trackback | Comments(4)
前回の続きである。
職場の「団塊の世代」の人のことである。

あいかわらず、いまだに、その孫から電話がかかってくる。
いくら温厚なぼくでも、もうがまんが出来ない。

普通にやさしく、
「会社にお孫さんから電話がかかってくるっておかしいと思いませんか」
と言った。
そしたらこう言われた、

「孫が会社に電話掛けてきたらあかんって社内規定があるのか」


ぼくは、どう言い返していいのかわからなかった。
そして、

「あかんかどうか社長に聞いてこい」

と。
心優しいぼくは、「ほんまに聞いてもいいんですか」と言ったら

「ええ、聞いてこい」

とのこと。
もうこのおっさんには何を言っても無駄だと思って素直なぼくは社長に聞きに行った。

答えは当然、いいわけがない。

社長もそのおっさんが孫と電話でしゃべってるのは知っていたが、直接孫が電話を掛けてきているとは思ってなかったようだ。

そして、もっと信じられないことは、孫に電話を掛けさせているのはその母親、つまりおっさんの娘なのだ。
やっぱり一家揃って、「アタマガイカレテイル」

一昔前に、ぼくらの世代より若い人たちのことを「新人類」などと言っていたが、団塊の世代のほうがよっぽど、「新人類」じゃないだろうか。
いや、人類じゃないかもしれない。人類ほど脳は発達してないのかもしれない。
[PR]
by covaemon | 2006-11-02 11:52 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)