好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いつも見る風景。

毎朝通勤のときに通っている家の近所です。
気がつけば朝日がずいぶんと斜めからになってきました。
まだ8月ではあるけど、秋の気配が感じられます。
b0057987_23263047.jpg


階段を登りきって振り向いてみました。
b0057987_2327938.jpg

[PR]
by covaemon | 2006-08-27 23:27 | 写真 | Trackback | Comments(2)

大阪スタイルお好み焼き

先日某公共放送でいろんなお好み焼きの焼き方ってのをやってました。なぜか、黒人の男が英語でやってたのが不思議でしたが。

大阪スタイルとして紹介されていた焼き方は、最初に生地を鉄板に広げてその上に、豚肉をのせる。
またその上に、生地をすこしのせる。

つまり、生地の中に豚肉を挟み込むのですね。でも、これでは豚肉を蒸したような状態になる。かりっと焼けてない。これはぼくはいや。
以前、大阪人が100人いれば100通りのお好み焼きの焼き方が存在する。と書きました。
ぼくは、
b0057987_10231461.jpg
最初に、豚肉だけを焼くのです。もちろん、途中でひっくり返してその上に生地を全部のせるのです。

b0057987_10243056.jpg
何度かひっくり返して、ソースとマヨネーズ、かつおぶし、青のりを振りかけて完成であります。

b0057987_10252141.jpg
焼き上がったときにはもうほとんどビールはなくなってしまっているのです。もちろん、おかわりは必須であります。

そしてです。箸なんて使って食べては行けません。コテで食うのです。だから、猫舌のやつとお好み焼きはあんまり食べには行きたくないのです。
[PR]
by covaemon | 2006-08-27 10:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)

映画「模倣犯」を見る。

これもCATVでやってたので、見ました。
でもね、これってはたして「映画」とよんでいいものでありましょうか。
ぼくにはほとんど学芸会にしか思えなかったのです。いや、そんなことを言えば学芸会が怒ってくるかもしれないですね。

ほとんど映画の体をなしてないし、役者なんてまるで演技してないし、どこにも説得力がないし、まあ、山崎努はいいけど、他の奴らはまるで見る価値がない。あれで山崎努が出ていなければ、「クロスファイア」の時のように5分で見るのをやめたことでしょう。

そして、最大の欠点は脚本が脚本でないこと。あれでは映画にならない。
どの場面もなんの繋がりもない。場面転換はそのへんのテレビドラマのCMあけのような始り方をする。

脚本は監督もやっている森田芳光が書いたらしい。ぼくはこの監督の映画はみたことがないのでなんとも言えないが、いつも脚本も書いているのであろうか。もしそうであればどれもこんなj感じで無茶苦茶な映画になってるのであろうか。

それにだ、途中で前畑の旦那が殺されてしまう。ラストはどうなるんだと思っていたらまあなんと、もう笑うしかない。

たしかにあれほどの長い小説だから2時間ほどに収めるのはなかなかつらいものがあるだろう。しかしだ、あれではまるでなんのことかかわらないであろう。塚田真一の存在ってこの映画には必要ないと思ってしまった。

森田は宮部みゆきの語りたかった事は確実に盛り込んであるというようなことを喋ったらしいのだが、全くそうは思えない。森田は模倣も出来なかったのだな。というか、小説があまりにも重すぎて森田では消化できなかったって事だろう。

宮部さんは試写会の途中で席を立ったという噂があるのだがほんとなんだろうか。

「理由」も映画になってますね。これは監督は大林宣彦。この監督の映画もぼくはみたことがない。ま、日本映画はほとんど見ないから仕方がないのだが、評判も賛否両論。またテレビでやれば見るかも。

とにかく、宮部作品は映画にはしにくいってことだろな。
[PR]
by covaemon | 2006-08-23 23:35 | 映画 | Trackback | Comments(4)
現在、家でネットはCATVで繋がってます。
最初の頃は速くて安くて使いやすいものだったのですが、今となっては光に比べると全く速くないし、値段も安くないし、おまけにこれが最大の問題点なのですが、電話サポートの程度が悪い、家に来る営業がばかという全く今では使えないものになってしまったのです。

だから、乗換えを検討していたのです。以前に書いたのですが、プロバイダを換えるとどうしてもメールアドレスが変ってしまう。これは実際には嫌なのですが、もう今のCATV会社にこれ以上お金を払うの嫌なのです。

ただ、テレビはやめるわけにはいかないのがつらいところです。CATVってにはその地域には一つしかないので、選べない。つまり独占企業だから少々サービスが悪くても客は確保できるってことなんですよね。

でも、ネットや電話は今や他にもいっぱい選ぶ事ができる。というわけで、NTT嫌いのぼくは、関西電力の子会社がやっているeoネットってのにしようと思ったのです。これだと、光ケーブルを使ってネットと電話もできるのですね。

ネットからも契約ができるのですが、いろいろ見ているとソフマップに体験コーナーがあるとでてました。その店はぼくの通勤の途中にあるし、ときどき、メディアやプリンタインクを買ってたところだったので、一度見てみようと思ったのです。

お店の一角に他の接続プロバイダが固まってコーナーを作ってました。で、そのeoネットを見ていていろいろ説明も聞いたのです。まあ、とりあえず申込をしてみたのですが、説明してくれる人が、こうすれば安くなるとか、一番安いタイプはこれだとか、とにかく安くなる方法をいっぱい教えてくれるのです。

ぼくは基本的に素直じゃないので、そんなに安くなる方法ばっかりを説明されると「ほんまかいな」って思ってしまうのです。

ただ、今申し込んでも2-3ヶ月待たないと工事はできないということだし、キャンペーン中で工事費は無料(ついもキャンパーンみたいだが)だし、とりあえず、契約書にサインしました。

で、そしたら、ソフマップで申し込んだからソフマップのポイントを10,000円分くれるというのです。これには驚きました。つまり、10,000円もらったのと同じこと。

もし、素直にネットで申し込んでいたらそんな特典は全くないのです。ま、たまたま通勤途中の店だったし、交通費もかからないしで立ち寄ったみたら10,000円もらったようなものです。もちろん、eoネットのサイトにはそのような特典があることなんて書いてあるはずはありません。

今では、何でもネットで出来てしまう時代ですが、ときにはリアルな店にも行ってみないといけないものなんですねえ。
[PR]
by covaemon | 2006-08-22 11:02 | コンピュータ | Trackback | Comments(2)
むかーし、昔、どこかで聞いた事があるようなフレーズではありますが、
「お前も、おっさんやろ」って言われれば、そうですと答えるしかないのですが、ぼくが言うおっさんはもちろん、にっくき「団塊の世代」

今日は朝の通勤の電車の中、この「団塊の世代」たちの多数のもの達は同じ行動をしていた。それは、新聞を読むこと。

それもほとんどがスポーツ新聞。読んでいる内容はもちろん昨日の「高校野球の決勝戦」。
だいたい、この「団塊の世代」は電車の中で、

座っているとき、混んでいても足を組む。
新聞は、大きくひろげて読む。
荷物は自分の横に置く。
立っていて新聞を読むときは前に座っている人のことはまるでいないかのような行動をする。

だいたい、高校野球なんて、50年以上前から脳みそが固まってしまっているジジイの集まりの「高野連」と日本国民をばかにしている「朝日新聞」とこれをいいことに、受信料を奪い取りにくる「NHK」がグルになってやっている、なんとも気持ち悪い野球のようなもの。

で、それを理解できない「団塊の世代」とが結びついたらもう気持ち悪くて気分が悪くなる。
ぼくはいつも高校野球には批判的なのだが、別に野球をやっている高校生には何の批判もない。野球とは言ったが、あるところで読んだ事があるのだが、あれは「高校野球」であって、「野球」ではないらしい。

「高校野球」という「野球」とは違うスポーツなのだ。ああ、なるほどねと思った。だから一般人には理解できない理不尽なルールも「高校野球」だからそういうルールがあるということなのだろう。

昨日で今年の高校野球もやっと終わったと思ったらなんと引き分け再試合。この暑い時に2日連続で炎天下でやって大丈夫なんだろかと心配をしてしまう。1日ぐらい休ませてやってもいいと思うのだが。

おっと、「団塊の世代」の話しに戻そう。
ぼくは今まで仕事をするようになってから「団塊の世代」ってやつらでまともなやつを見た事がない。ほとんど職場でやつらは

なぜか、偉そう。
なぜか、自分は仕事ができると思っている。
なぜか、この会社は自分で持っていると思っている。
それなのに、
自分の仕事を増やしたくない。
自分の仕事を人に押し付ける。
自分にはどんなことがあっても責任がかかってこないように仕向ける。
経営者、上司には絶対に何も言わない。イエスマンだ。
人を育てられない。
自分のやっている事が人ができないと虫けらのように扱うくせに、自分のできないことは「それは俺の仕事ではない」とのたまう。

これぐらいにしておこう。
もちろん、全ての「団塊の世代」がそうじゃないという意見もあるだろう。しかし、ぼくはこんなやつらしか見た事がないし、接した事がない。

このごろ、よく言われていることに、「団塊の世代」の大量退職。定年が近づいて来たのだ。そしてやつらは、「我々がいなくなれば困るだろう」なんてことをのたまっている。偉そうにね。

しかし、はっきり言っておく。今すぐに「団塊の世代」がいなくなっても全く困らない。困らないどころか、反対に仕事がすんなり動くのは目に見えている。

こういう意見もある。「すぐれた技術を持っている、団塊の世代がいなくなれば仕事の技術力が落ちてしまう」。絶対にありえない。

やつらのやってることなんてはっきり言って時代遅れなのだ.やつらのやっている効率の悪い仕事のしかたで会社を運営しなくてはいけないところに今の問題があるのだ。だから今すぐにいなくなったほうがいいのである。

ああ、それにやつらは、どこででも平気でタバコを吸う。タバコを吸わない人間のことはまるで気にしない。いやできる頭がないのだ。そして職場ににんにくの臭いをさせて平気で仕事をしている。常識がないのである。

今すぐ、消えていなくなりやがれ。
[PR]
by covaemon | 2006-08-21 11:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

今頃言うか。

Excite エキサイト : ジーコの解任、W杯前に考えた=川淵会長

ああーあ、これやから、川淵って嫌いなんだよなあ。
今頃そんなことを言って何の意味があるのだろ。
もし、ほんとにジーコの解任を考えていたとしても今となっては言う理由がないでしょう。

こんなことなら、オシム監督も不安を持ちながら監督をやり続けることになってしまうのだろうか。

川淵が会長であり続ける限り日本のサッカー界は暗い。
[PR]
by covaemon | 2006-08-17 22:04 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

貯まれ、貯まれ。

b0057987_17544776.jpg







ついに、あこがれのぶたさんの貯金箱を手に入れました。まあ、そんなにたいそなもんではないのですが、なかなか見つける事が出来なかったのですが、なんと百均にあったのです。
さて、どれだけ貯まってくれるか。
[PR]
by covaemon | 2006-08-15 17:57 | ひとりごと | Trackback | Comments(11)

嘘でしょ。

左利き男性は、右利き男性よりもお金を稼ぐことが明らかに | Excite エキサイト

そんなことないと思いますけどね。
ちなみにぼくは左利きですが同年齢の人より収入が多いとは思っていないです。
ま、無理矢理親に矯正させられたから純粋な左利きではなくなってしまっているのかもしれないですけどね。

それに、この話はアメリカでのことだから日本には当てはまらないのかもしれないです。

ぼくの親はぼくを矯正したのは「左利きだと人に迷惑がかかるから」だといいました。
思わず、殺してやろうかと思いましたね。
人に迷惑のいぜんに、ぼく自身の事はまるで考えていなかったということなんですね。

なにがどう左利きだと人に迷惑がかかるのか。
そんなことどうでもいいことでしょ。
だいいち、右利きでも無茶苦茶迷惑なやつっていっぱいいるわけだ。

ぼくは、純粋な左利きでもなければ、右利きでもないという中途半端に人間になってしまったのです。
これだけは、親を恨みます。
矯正なんて絶対にさせてはいけないのです。
[PR]
by covaemon | 2006-08-14 10:52 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

お盆だから。

以前、ここに書き込みましたが、「極楽浄土の庭」がある四天王寺で、「万灯供養法要」なんてのがありまして、ろうそくがいっぱいになるのです。

普段は伽藍の中に入ろうと思えば、拝観料なんてのが必要なのですが、この期間は完全に無料。おまけに五重塔も登り放題なのです。もちろん、ぼくは登りはしませんでしたが。

b0057987_040934.jpg

b0057987_0402658.jpg

感度を800まで上げたのですが、やっぱりブレます。今流行の手振れ補正機能がほしくなりますね。
[PR]
by covaemon | 2006-08-12 00:41 | 写真 | Trackback | Comments(4)
昨日の試合はとにかく、勝った。それでいいと言えばいいのだが、オシム監督とすれば全く納得がいかなかったようである。

「最後まで走れていない」とのことだ。たしかに後半は急激に走る力がなくなったように見えた。だが、世界中のどの選手も90分間走り続けることが出来るやつってどこだけいるだろうか。

そうか、90分間を走り続けるために、無駄な動きをせずに、体力のバランス考えて試合をしろということなんだろうか。

ま、とにかくこれでオシム監督が目指すサッカーの方向性は見えた。同時にそれは日本代表が唯一世界に向けて優位に立てるかもしれないことかもしれない。

これからは、変な横槍を入れないで、今はとりあえず、監督に100%信頼をおいていくべきだろうな。

しかしだ、サントスってなんで今の方がよく動けるのだろうか。ジーコの時はまるでやる気がないように見えたのに。

それに、マスコミの得意技も披露してくれた。まるでジーコジャパンなんかなかったかのごとく「オシムばんざい」だ。

そりゃあたしかに、ジーコが監督でワールドカップでぼろ負けしたのだから批判の一つや二つは出てくるだろう。しかし、あれだけ手のひらを返したように変れるものだ。

選手達をほめるのはいいが、サッカーとして当たり前のことをやっているのに、とんでもなくいいプレイのように言うのはjどうだろうか。だいたい今までそんな常識なことをやってこなかったから勝てなかったのではないか。

それとも、サッカーの常識をまるで理解していないやつらがテレビでコメントを言ってるのだろうか。そんなやつらはひとつもプラスにならないから消えてもらいたいね。

とにかく、次の試合が楽しみなのである。
[PR]
by covaemon | 2006-08-10 10:28 | スポーツ | Trackback | Comments(2)