好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

強制撤去は当然の事

ホームレスのテント撤去 2公園で大阪市

大阪に住んでいる者として一言。
撤去されるのは当たり前です。
そんなところに勝手にテント建てて住み着いてるほうが悪いのです。
第一、公園と言うところは公共の場所なんです。そしてそこは税金で造られたところです。我々のような税金を払っているものが使用するためのものなのです。彼らはもちろん、税金なんて払ってませんよね。そんなやつらを黙って居座らせておく必要はないのです。

支援者ってのは一番の曲者ですね。
いったい何を支援しているのか。たとえば自立するように仕事を世話するとか、住むところを探してきてやるとそんなのなら支援者と言ってもいいでしょうけど、そこに居座るのを支援しているのなら、犯罪に手を貸しているのとほとんど変らないでしょう。

いちお、大阪市では、形式上は簡易宿泊施設などに移るように事前に警告していたようですね。だから突然ではなかった。

ほんとは毎日強制撤去をしてほしいぐらいですね。ああいうのがいると汚いは、臭いはでいいことなんて何にもありません。

なぜホームレスになったかなんてのは関係ないのです。あんなのは見たくもないのです。「テントはごみじゃない」いいえ、ごみです。すみやかに片付けて下さい。
[PR]
by covaemon | 2006-01-30 13:03 | ひとりごと | Trackback | Comments(5)

給食未経験者です。

ネットで「あの頃」の給食メニューが買える | Excite エキサイト

ぼくの住んでいるところはものすごく貧乏な自治体なんです。だから、世間ではぼくの世代でも給食を経験しているはずなんですが、ぼくは小学校も中学校も一度も給食というものに接した事がありません。

元来、好き嫌いの激しいぼくなので、そのほうがうれしいかったので、全く残念には思っておりません。当時から、給食のメニューや、全部食べないと立たされるとか帰れないなんて話を聞くと「ああ、給食がなくて良かった」とどれほど思ったことか。

ただ、各家庭はどこも「なんでこの市だけ給食がないねん」ってPTAとかはガミガミ言ってましたね。原因は、他に税金をいっぱい使っていて給食なんてのに全くまわせなかったんですね。給食どころか、体育館はないし、プールはないし、最低の市でした。ま、今ではそのようなものは全て揃っているようです。

今見ても、給食のメニューを食べてみたいなんてちっとも感じないですね。毎日たこ焼きか、お好み焼きだったら食べたいですけど。

だいたい、自分の好きな物を食べれないなんてのは、それこそ「人権侵害」の何ものでもありません。メニューがひとつしかない、そしてそれを基本的には拒否することも出来ない。まるでどこかの国みたいじゃないですか。

安い物でもいい、自分が食べたいと思ったものがいいです。
[PR]
by covaemon | 2006-01-26 11:02 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)
わが社はプリンティングカンパニーというほどの規模では全くありません。しかし、いちお、印刷会社ではあります。

だから、印刷の事はよく知っておらなければいけません。

でも、それはなかなか難しい物ではあります。

印刷用語に「禁則処理」ってのがあります。変換も一発でしてくれます。
どうもこの用語をわが社の人たちは知らないらしいのです。

いや、わが社の名誉のために申し上げておきますと、「禁則処理」ということの内容は知っているわけです。仕事ではその処理はきちんとやっているわけです。印刷会社ですから。しかしその言葉を知らない。

知らなくて今までどうしていたのだろうと思うのですが、まあ常識ということで扱っていたのかもしれません。

ワードやエクセルだけで仕事をしていた人たちですから、イラストレータのようにコマンドが用意されていないのでしょう。でも「禁則処理」って用語は古くからあるんじゃないかと思ったんですが。ぼくは印刷業界に入ったのはMACやりだしてからなのでアナログは全く知らないのですよね。だから、偉そうなことは言えない。

で、営業の人たちは知っているかも思って聞いてみたのですが、知っている人と知らない人がやはりいるようです。

知らないで校正できるのだろうかと思ったのですが、その営業の人は校正をしていないとすれば知らなくてもいいのだし、たまたまぼくはその営業からの仕事はほとんどしたことがないので、彼がどのような仕事の仕方をしているかはよく知らないのでなんとも言えない。

いろいろ偉そうなことを言ってますが、ぼくも知らないことなんていっぱいあります。と言うより知らないことの方が多いのに決まってます。

しかし、今や印刷データをコンピュータで作成するのはもはや当たり前になってきました。
それも画像も実データを入れて完全原稿をです。

ワード、エクセルだけでほとんどアナログ作業をしているのを見ているとほんとに悲しくなってきます。それに、そんな仕事がいつまでもあるわけがない。

景気が上向いてきたなんて言ってますが、そんなの末端の零細には全然関係のない事。
おまけに前時代的な仕事の仕方をしているのだから、なおさら。

もちろん、ぼくはそんな前時代的な事はやってはおりません。
ただ、それしか出来ない人たちに「そんなことも出来なくて何年印刷の仕事をしてたんだ」なんて言われると、そいつをベランダから突き落としたくなります。

そりゃあ、できないより出来たほうがいいでしょう。でも、そんなことをやっていても、これからは仕事は増えません。増えるどころか減っていくだけ。それが、全くわかっていない。経費もかかるし時間もかかる。それもわかっていない。ああ、嘆かわしい。

団塊の世代の定年が近づいてきております。その人たちはまさにその世代。
早く、定年になってよ。再雇用はしないから。
[PR]
by covaemon | 2006-01-25 10:36 | 仕事 | Trackback | Comments(4)
<ライブドア>堀江社長ら逮捕

ホリエモン逮捕ですね。やっぱり特捜が動くと確実に逮捕ってことのようです。
金儲けはうまいけどやっぱり違法な事をやってたんじゃ、いけませんよね。

昨日からテレビはこればっかり。ほかのニュースはみんなとんでいる状態ですね。
政治家もいろいろコメントを出しているようですが、自民党幹事長や首相の責任を野党はなんだかんだいってますが、そんなのどうでもいいと思うのです。

だいたい、選挙には出たけど、形式上は自民党ではないし、当選もしてなかった。それより、選挙違反で逮捕された人たちとその党の責任はどうするのっていいたいですね。民主党なんて偉そうなこと言えないでしょ。

それより、検察は「耐震偽装問題」では動いているのだろうか。
ライブドアはたしかに違法だ。それに市場を混乱させた。でも、贈収賄はないような気がする。(あくまで気がするだけだが)

でも、「耐震偽造問題」は贈収賄の可能性が高いですよね。これを検察は立憲するつもりがあるのか。ライブドアは経営陣を逮捕すればほぼそれで終わりでしょう。

しかし、「耐震偽造問題」はそうは行かないでしょうね。野党もライブドアがどうのこうの言ってないでこっちをもっと追求するべきでしょう。ただ、あんまり追求すると自分達の首も危なくなって来るのでないも言わないのかも。

国会で国会議員によって同じ国会議員の不正を暴くなんて事は出来るはずはないんです。だから、証人喚問なんて無駄はことはやめてもらいたいですね。証言拒否されてもどうしようもないなんて、ほんとに茶番です。

自民党は、今、マスコミや国民の関心がライブドアに行ってるのを喜んでいるでしょうね。これでアメリカ牛肉問題で政府はこんなにアメリカに抗議をして、今現在は輸入停止で、アメリカがきちんとした対応をしない限り輸入再開はありえない。なんてことを大げさにぶち上げたならまたまた、政府の支持率は上がってしまう。

与党も野党もマスコミも国民もみんな単純。
[PR]
by covaemon | 2006-01-24 09:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

豚まんは551にかぎる。

豚まんと肉まんの違いって? | Excite エキサイト

関西人には551の豚まんが基準になってます。だから、おいしくないと思う豚まんが多すぎる。だから551の豚まん以外は「肉まん」といって551だけを豚まんと呼んでいるのです(ぼくだけかも)。

会社帰りの電車の中ではこの551の豚まんの香りが漂ってきます。そういうときはほんとに食べたくなります。「おれも買ってくればよかった」ってね。

こんなの書いてると食べたくなってきます。もう今日は絶対買って帰る事になるでしょうね。
ああ、単純なやつ。
[PR]
by covaemon | 2006-01-23 10:10 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
Excite エキサイト : 社会ニュース

無気味だった記者会見以来憎っくきライブtドアがこんな事になって一番喜んでいるのはフジテレビでしょうね。とくにあの会長はほくほくでしょう。

しかしあの会長「東証に迷惑をかけて」なんて言ってましたが、その意味が取引の全停止のことなら違うといいたいですね。全停止になってしまったのはシステムがアホだったからでしょ。あれだけの取引数は想定外だったと言われてもああそうですかとは言えません。

どちらにしても検察はかなり前から捜査を進めていたということですね。でないと特捜がそう簡単には動かないでしょう。

昨日テレビで言ってたのですが、午後4時にNHKが速報を出したけど実際に乗り込んだのは6時を過ぎてからだったというのは、メディアがライブドアに集まるのを待っていたってこと。それと午後4時ってには株の取引が終わった後。なんとも絶妙な時間であったということでした。

情報が漏れるのは困るけど、全く乗り込むところを全報道されないのも困る。でも取引中で混乱を巻き起こす事もできない。検察といえども世間の事を考えているようですね。

でも、一斉に「ライブドアは違法な取引をずっとやっていた」と言われてもねえ。ぼくは株はやらないからあんまり知らないのだが、機関投資家はライブドアの株はほとんど買っていなかったらしい。どうもあやしいと考えていたようだ。だから、買っていたのはほとんどが個人の投資家。

これでやっぱり株はあぶないとか、個人でやるのはやめようとか。評論家が言い出さない事を祈るね。
ま。どちらにしてもこれでライブドアは終わりなんだろうか。ホリエモンの逮捕があるのだろうか。また、メディアが今までホリエモンを持ち上げていたけどどういう態度に出てくるのか。いろいろ注目ですね。
[PR]
by covaemon | 2006-01-21 11:02 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(2)
自分の家を空から見れるのだ。これはかなりおもしろい。
まあ、しかしのどかだ。家より田んぼ畑のほうが多い。

だからか、夕方にはこうもりが飛んでいるし、雨の日には蛙が飛び跳ねてるし、晴れた日には亀が甲羅を干してるし、家の軒先にはツバメの巣。

暖かくなってくると、菜の花やれんげが咲く。秋はもちろん彼岸花。
なんと典型的な田舎なコト。いちお、これでも大阪(市内ではないけど)。

とはいえ、家の前に広がっている田んぼや畑が住宅に変ってしまうのはやっぱり嫌。でも、時間の問題かも。これ以上人口増えてほしくない。
b0057987_1105531.jpg

[PR]
by covaemon | 2006-01-18 11:02 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)
テレビで5分間の短い番組だけど、東京に「書籍バー」なるものがあるとのことだ。そこには本のメニューなんてのがあって、お酒を飲みながら本もオーダーできるらしい。で、ゆっくりと酒を飲みながらのんびりと本を読んですごすという空間。

でも、酒を飲みながら本を読んでいてその内容を理解できるのであろうか。たまにヨーロッパの映画で夜、酒を飲みながら本を読んでいるシーンを見ることがあるが、そういうことってよくあるのだろうか。

たいてい、そんなシーンのお酒はウイスキー(ブランデー?)が多いようだ。そこに登場するのは男がほとんどなのでそんな酒になるのであろう。テレビでもウイスキーかブランデーのようだった。

ぼくは、残念ながらウイスキーもブランデーも苦手なのでどうしようもないのだが、もし酒を飲みながら本を読もうとしたらやっぱり、ビールのようなグビグビと飲むものはあわないであろう。やっぱりチビチビやる、ウイスキーやブランデーが合うような気がする。

さてさて、じゃ、ワインやシャンパンはどうであろうか。それならぼくも飲めるのだが、やっぱりあわないかもしれない。ひたすら飲んでしまうからだ。

やっぱり酒を飲むときってなにか食べながらになってしまう。本を肴にするなんて高度なことはぼくにはできそうもない。
[PR]
by covaemon | 2006-01-16 10:10 | 書き物 | Trackback | Comments(5)
この世の中にパラダイスなんてものは存在しない。
それは、未来永劫絶対にあり得ない。

もしパラダイスなんてものがあるとすれば、それは人々の記憶の中だけ。
その記憶がたとえ、自分には嫌な事だったり、悲しい事だったり、寂しい事だったりしてもほんとに嫌な事は憶えていないものだ。だから記憶している事はすべてパラダイス。でもそれはほんとだろうかとも思う。

人は毎日そのパラダイスをもとめて生活しているのか。
[PR]
by covaemon | 2006-01-14 18:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ああ、ニコンも。

フィルムカメラから撤退 ニコン

とうとうこのときが来てしまった。いつかはこうなるのではないかと思ってはいたのだが、実際にニコンだけは撤退しないのではという希望的なことも考えてはいた。

思えば、はじめて買った一眼レフカメラがニコンだった。F2だったのだが、ほんとに手にしっくりきて撮影が気持ちよくできるカメラだった。

その次のF3はもっと気持ちよかった。その当時はまだAFは出てなかったのでマニュアルカメラの中ではこれ以上のものはないと思っていた。

今ではそのどちらも所有してないのだが、今から考えるとなんとか手元においておくべきであったと後悔している。

レンズも主要なものを除いてAFに移行するらしい。そして問題なのは大判用レンズも製造中止になってしまうことだ。自分では所有はしてなかったが、何度か仕事で使った事があったのだが、すこし独特な写り方で結構気に入っていた。また、引き伸ばしレンズもなくなるらしい。

ただ、これからフィルムカメラはどこのメーカーも縮小していくは間違いない。需要がないのだから仕方がないのだ。それにデジタルの方が便利である事は明白。

趣味でフィルムを使う人はまだまだいるだろうが、仕事ではもうほとんどいないだろう。特に印刷業界ではフィルムを持ってこられると面倒なのだ。

だから、これからニコンにはもっと先進的なデジタルカメラを開発してもらいたい。
[PR]
by covaemon | 2006-01-13 09:20 | 写真 | Trackback(1) | Comments(2)