好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

セレッソ首位だー。

Excite エキサイト : スポーツニュース

ついに我がセレッソ大阪は単独首位に立ちました。
ただ、今日の試合は勝たないといけないでしょ。
たらればを言えば、前節と今節を勝っていれば、もう優勝は決まっていた。

もう、最終戦を勝つのみ。
ああ、長居に行きたいー。
[PR]
by covaemon | 2005-11-26 22:04 | スポーツ | Trackback(2) | Comments(2)
最近気づいたのですが、昼食にお腹いっぱい食べて、「食えねえ、食えねえ、もう食えねえ」ぐらい満腹になってもなぜだか夕方5時とか5時半ぐらいには空腹になってきます。

でも、昼にうどん一杯だけとか、コンビニのサンドイッチひとつだけどかですました場合、もちろん満腹にはならないのですが、夕方になってもそんなに空腹感を覚えないのです。

昔の人は言いました。「健康のためには腹八分目」そうなんですねえ。
特にぼくはなぜだか人より太りやすい体質。ほとんどの人はぼくの体格を見て「そんだけしか食べないの?」っていいます。それでもなかなか痩せないのに、腹一杯食べるなんて事はできないのです。

リバウンドってありますよね。たとえば、60キロの人が10キロ太って70キロになってしまった。ダイエットして63キロぐらいまで体重は減った。そこで怠けるとまた10キロ太って今度は73キロになってしまう。

60キロから70キロになったってことは、その人は10キロ太れる体質なんですね。だから、63キロから73キロになってしまった。これがリバウンドの恐怖なんてす。

でもなあ、腹八分目を常に実行するのは難しいですよね。なんか目標があればいいのですが、ぼくの場合腰に負担をかけないためにも体重は減らした方がいいみたいです。
[PR]
by covaemon | 2005-11-26 02:17 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

優勝あるのみ。

Excite エキサイト : スポーツニュース

我がセレッソ大阪は、ついに勝ち点で首位のガンバと並びました。
もう、目指すは優勝しかありません。

でもなあ、最終戦はなんとあのFC東京。
また、悪夢がよみがえってきそうではありますが、長居ということもあって、ぜひとも勝ってほしいですね。

ただし、次節のマリノスに負けてしまってはもう終わりです。
なんとしても勝たなければならない。引き分けでも苦しい。
得失点差ではガンバに大きく離されているのでなんとしても勝ち点で上に行くしかない。

昨日の試合は結局はスタジアムには行きませんでした。
やっぱりぼくが行かないと負けないというジンクスはまだ続いております。
ただ、最終戦はやっぱりスタジアムに行きたい気持ち。

もし、これに勝ったら優勝なんてときに行ってもし負けたら。
もちろん、行かなかっても負けというのはあるかもしれない。

最終戦で優勝を決めてくれてその場にいたらと思うと、じっとしてられないというのが正直なところ。

12月3日は土曜日、仕事も休みだし。ああ、どうすればいいのだ。
[PR]
by covaemon | 2005-11-24 10:27 | スポーツ | Trackback | Comments(3)
Excite エキサイト : スポーツニュース

おお、いつのまにか、我がセレッソ大阪が2位に浮上しているではありませんか。
それに、1位は同じ大阪のガンバ。こんなことがいまだかつてあったでありましょうか。
なのに、ほとんど大阪は盛り上がっておりません。なぜなんでしょうね。

それより、23日には長居で大分との試合があります。久しぶりにスタジアムに行きたいような気もするのですが、前にも書いたようにぼくが行くと負ける確立が高い。

もし、行って負ければ。なんてことを考えるとどうすればいいのか悩んでしまう。
でも森島がまたゴールを決めてくれればもう狂喜乱舞の世界。
それで1位にでもなれば夜を徹してのお祭り騒ぎ。

なんてことになればいいけど。
やっぱり行くのやめとこ。
優勝が決まって安心して見に行くのがいいかも。
[PR]
by covaemon | 2005-11-21 08:48 | スポーツ | Trackback | Comments(1)

ボジョレー飲んだけど。

今年も毎度お騒がせのボジョレーの日がやってきました。
毎年とりあえずは1本買ってきて飲んでいるのですが、ほんとに飲んでいるだけで、味なんてわからないのです。

基本的にはワインは好きなんですが、どちらかというと、まったりとこくのあるのが好きなんですよね。だからボジョレーはほとんどおいしいとは思わない。

もっとも、味わうんじゃなくて今年の傾向を味わうのだとのことですが、あれを飲んで年数がたっていくとどうなるかなんて、素人のぼくにはわかりません。

今年は世間の評判では最高のできだそうです。でも、毎年同じような評価を聞いてるような気がするのですが、違いますでしょうか。

おっと、今年の味ですが、開けてすぐ飲んだらかなり酸味がありましたね。まこれは毎年のことです。で、しばらくしてくるとその酸味がかなり消えてきました。フルーティだという評判もありましたが、そんなにフルーティだとも思わなかった。

でも、いつもよりはちょっと濃い目であることはたしかです。フルボディを好むぼくとしてはいいかもしれませんね。でもおいしくなるのはやっぱり5年ぐらいたってからでしょうね。
[PR]
by covaemon | 2005-11-18 09:34 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

背骨が曲がっている?!

ぼくは、若いときから、曲がったことは大嫌いでした。
親からも曲がったことだけはしては行けないと言われてきました。
時には、実直で一本気な性格だと言われたこともあります。

なのに、

「ぼくの背骨は曲がっているのです」

ああ、先月の終わりぐらいに、急に腰が痛くなってしまいました。
もっとも昔から腰痛持ちではあったのですが、そのときはかなりの痛さでした。
薬局で湿布薬を買ってしばらくしたら症状はおさまってきたのですが、その後、こんどは左足の付け根が痛くなってきました。

まあ、こんなこともあるわいと、思ってしばらく過ごしていたのですが、どうもよくならない。いつもより長引いてる。

昨日、はじめて整骨院というところに行って来たのです。
整骨というだけあって、どのように骨を整えてくれるのだろうかと思っていたのですが、腰だけでなく背骨まで真っ直ぐではないので、かなり整えがいのある患者であったことでしょう。

これから何度か通うことになるんでしょうけど、曲がった背骨って元通りになるんでしょうか。
でも、とりあえず、腰だけでも何とかしてくれればありがたいところです。

全身を揉みほぐしてくれたんですが、「がちがちにこっている」と言われました。
自分では全くこっているなんて感覚がなかったものですから、以外でした。つまり、自分ではもう「認識できないぐらい、こっていた」ってことなんです。

なんとも情けないことでありますねえ。
運動不足と、ずっと座って仕事をしているのも原因なんでしょう。
それと、水分不足と言われました。これも以外だったのですが、人間は1日に最低でも1.5リットル位の水分は補給しないといけないそうですね。

でないと、血液に水分が不足してどろどろの血液になってしまうんだそうです。がちがちになっているのはそれも原因の一つだと言われました。まあ、最近はなにがほんとだか解らない時代ではありますが、とりあえず、もちょっと水分を採ってもいいってことらしいです。
でも、ビールは2リットルぐらい飲むけどなあって言っても、却下されました。酒は水分ではないんですって。当たり前ですが。

でもなあ、お酒なら飲めても水やお茶ばっかり飲めないですよねえ。
[PR]
by covaemon | 2005-11-15 14:04 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)
別に、殴り合いをやったわけではありません。
客同士でもめたわけでもありません。

何かのひょうしに、店のマスターと口論になったのです。
それが、エスカレートしてきて、ついに、ぼくはプッツンしたのでした。

しかし、ぼくを怒らせたのは店のマスター。

ぼく「なんぼ酔っぱらいの客やいうても、怒らせたらあかんろ」
マス「あんたみたいな客は不愉快や、帰ってくれ」
ぼく「ああそう、こんな店二度とこんわ」

って、感じでした。

その店はときどきではありましたが、20年ほど行っていたのですが、そんな事は一度もなかったのです。どちらにしても、客商売をしている以上客を怒らせるというのはなにがなんでもやってはいけない。どんなことがあってもね。結婚式というものすごく気を使う仕事をしていたぼくはどうしてもそう思うのです。

ですから、この店には二度と行かない。どんなことがあっても。
そして、こんな店は潰れればいいのです。
[PR]
by covaemon | 2005-11-13 23:22 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)
つい、この前。
職場でもう60歳ぐらいの人から言われました。
「covaemonはキーボード見ないで打てるのか。」って。

そのときは、なんとなく気分よくカタカタと文字打ちをしていたのです。
だから、目はディスプレイを見たままでした。

その人は
「原稿だけ見てできるなんてすごいな」
ですが、ディスプレイを見ていたので原稿は見ていなかったのです。

実は、原稿は存在していなかったのでした。
ぼくは、仕事中であるにも関わらず、ブログを更新していたのでした。

仕事じゃなかったので軽快にカタカタ出来たのでしょうけど、仕事ならトロトロだったかも。
[PR]
by covaemon | 2005-11-11 11:46 | 仕事 | Trackback | Comments(4)
今年の冬はコートを買おうといろいろ探していたのですが、財布と相談したらなかなか折り合いがつかなかったのですが、なんと写真の3点セットで、iPod shuffleの1GBモデルとほとんど変わらない価格で購入することが出来ました。

コートは、ポーランド軍のトレンチコートとのことです。だから、ついていたタグは見たこともない文字が並んでいました。生地の表示もなかったのですが、多分、コットンとナイロンの混紡でしょうね。裏地はポリでしょう。

ブーツは軍のものではないですが、なんとなくミリタリー。ファスナーがついてるので、なかなか使い勝手がいいようです。ブローブもモコモコですが、あったかそうです。

ブーツとグローブはブラックですが、トレンチはチャコールって表示です。でもほとんどブラックに近いですね。いい色です。サイズもぼくにぴったりだし、色も気に入りました。

シングルでフードがついてるところも気に入ったところです。フードのおかげでかなりカジュアルな雰囲気にもなりますね。

ボトムがないのですが、やっぱりブラックのジーンズかな。
b0057987_22455164.jpg

[PR]
by covaemon | 2005-11-07 22:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
土曜日にWOWOWでイギリスでやったクイーン+ポール・ロジャースのライブを放送していました。
やっぱり、日本のライブ見たかった。
フレディがいなくなってもう二度と見れないと思っていたけど、やっぱりクイーンはいいです。

そしてポール・ロジャーズはまちがいなく、ポール・ロジャースでした。けっしてフレディの代わりではありませんでした。絶対に、フレディの代わりなんてできっこないのです。だから、ポール・ロジャースのような自分のスタイルを持ったボーカリストでないとできなかったのでしょう。

それに、フレディはロック史上、最高で最強のボーカリストであることは疑う余地はありません。それは、これから何十年、何百年たとうと未来永劫変わることはないのです。もうフレディを超えるロックボーカリストなんて絶対に出てきません。

でも、ベースのジョン・ディーコンが参加していないのはほんとに残念です。彼のベースはなんか不思議なんですが、クイーンというバンドにポップな雰囲気を与えていました。だからもし彼がいなかったらクイーンというバンドはまるで違った音楽をやっていたかもしれない。

クイーンの曲もさることながら、ポールの曲もいいですよね。フリーの「オール・ライト・ナウ」や、バッド・カンパニーの「キャント・ゲット・イナフ」なんてリアルタイムで聞いていたものにとってはクイーンも歌えて、ポールも歌えて最高のライブだったでしょうね。

もうヒット曲オンパレードのなかで、約束どおり「ウイ・アー・ザ・チャンピオン」で終わりましたが、あれ、「ボヘミアン・ラプソディ」やってないですよ。日本のライブではやったんじゃなかったでしょうか。

やっぱりあれを聞かないとクイーンという感じがしないですよね。イギリスでやらなかったのか、放送でカットしたのかはわからないですが、聞きたかったですよね。

もちろん、録画してます。まちがいなく、永久保存にいたします。
[PR]
by covaemon | 2005-11-07 09:27 | 音楽 | Trackback | Comments(0)