好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

午後8時45分からの某公共放送の関西ローカルニュースの中でプロ野球速報をやっていたのですが、アナウンサーが

「5ー2で阪神が巨人に敗れてしまいました」

と言ったのです。え、「敗れてしまいました」っていくらローカルとはいえ、ニュースの枠の中なのに、その言い回しはいいんでしょうか。

ニュース原稿にそう書いてあったのか、アナウンサーがそういうふうに言ってしまったのかは解りませんが、いいんでしょうかねえ。

いえいえ、ぼくは、阪神がどうの巨人がどうのではなくて、純粋にニュースとしてその言い方はいくらローカルとはいえ、まずいのではないかと。

そのアナウンサーは純粋に巨人に負けたのがむかついたのかなあ。そう考えると許せたりして。
[PR]
by covaemon | 2005-07-28 01:13 | ひとりごと | Comments(2)

そんなあほな。

Excite エキサイト : 社会ニュース

ぼくが子供の頃は土曜の昼は吉本新喜劇を見るために急いで家に帰ったものでした。誰も道草なんてしなかったのです。

友達と遊ぶときはそれが終わってからと決まっていました。週明けは新喜劇見ていないと話題についていけないほどでしたね。

あの頃はほんとに個性のある役者さんがおおぜいおられました。また、吉本で腹のそこから笑わしてくれると思っていたのに、ほんとに残念です。

追悼番組は大阪の局ではたくさん放送されるだろうからビデオのセットをしておかなければ。
[PR]
by covaemon | 2005-07-26 15:20 | ひとりごと | Comments(2)
毎週日曜日にNHK教育でやっている美術番組で広島の原爆慰霊碑はイサムノグチに依頼されていたとのことです。そして、彼はコンセプトを元に原型まで制作していました。

もしこれが完成していれば、威厳に満ちた素晴らしい作品になっていたことでしょう。でも、それはイサムノグチがアメリカ人だという理由で却下されたそうです。

今現在は、ぼく自身はイサムノグチは国籍はどうあれ日本人だと思っています。どの作品もどこから見ても日本人にしか出来ないようなものばかりです。

でも、あの時代は仕方なかったのかもしれません。もしぼくがあの時代に生きていたならイサムノグチをアメリカ人だと言ったかもしれない。

アメリカ人でも素晴らしい作品だからいいじゃないかとはいえない雰囲気もあったかもしれない。しかし、ほんとに残念です。実現していたら日本が世界に誇れるモニュメントであったでしょう。

長崎のモニュメントも立派なものです。どっしりしていて、威厳に満ちていて全てを包み込むような憂いのある顔を持っています。

ぼくは、先に長崎に高校の修学旅行で行きました。あのモニュメントを見てすごいなあと思ったものです。その何年か後に広島に行きましたが、そのとき思ったのは、平和公園は立派だけど長崎のようなモニュメントは無いのかなと思いました。原爆ドームがその役割をしているのかとも思っていました。

でも、平和公園を設計した丹下健三はモニュメントを作っていたのですね。でも、どうもしっくりきていないような感じがします。

放送ではイサムノグチは却下された事を聞いたときものすごく落胆したそうです。そりゃそうでしょうね。アメリカ人であったとしても、日本人であったとしてもあの作品を見てしまうと普通の人であれば、却下するなんて考えられません。

現に、丹下健三のものはイサムノグチを超えていない。

陳腐な言い方ですけど、アメリカと日本で時代に翻弄されたイサムノグチが原爆慰霊碑を創ることこそに、最大の意味があるのではないでしょうか。

今からでもイサムノグチのモニュメントを平和公園に設置することはできないのでしょうか。あれだけのものを埋もれたままにすることは日本人の罪だと思います。
[PR]
by covaemon | 2005-07-26 11:37 | アート | Comments(2)

たこ焼きにキャベツ!?

昨日あるテレビ番組で関西のある地方ではたこ焼きにキャベツを入れると言うではありませんか。たこ焼きの地元大阪に生まれてからずっと生息しているcovaemonとしてはキャベツをいれるなんて信じられないし、許されないのです。

たこ焼きにキャベツを入れてしまうと、お好み焼きをたこ焼きのように丸く焼いただけではないか。となるわけです。

キャベツが入っているたこ焼きになれてしまっている人が大阪のキャベツが入ってない正当なたこ焼きを食べるとなんだかものたりないらしいのですが、これは邪道なものに洗脳されてならされてしまっているのです。

それに、キャベツが入っている方がヘルシーだし、腹持ちもいいといいます。

なんでやねん。いくら大阪人はたこ焼きが好きやから言うても、毎日毎日食べるわけではないし、だいいち、たこ焼きで満腹になりたいとは思っていないのです。満腹になりたい時はお好み焼きを食べます(どっちにしても粉もんかい)。

ただ、やっぱりその地方で食べ物は変化するのは当たりまえですよね。でも、不味くはつくらないでほしいものです。以前、浅草の三社祭の時に屋台のたこ焼きを食べたのですが、外見はたこ焼きでしたが、味はまったく違ったものでした。一個食べて捨てました。

やっぱり、大阪のたこ焼きが一番です。でもです。たこ焼きにマヨネーズをかけるのはやめてください。マヨネーズはお好み焼きにかけるものです。
[PR]
by covaemon | 2005-07-24 11:42 | ひとりごと | Comments(2)
正直言って「これでいいの?」って感想です。見ていて、「ええー」や「おいおい」や「それはあかんやろ」とか、「なんでやねん」とか大阪人のぼくにはつっこんでしまうようなところが一杯ありました。アメリカ人にはあれでいいかもしれないけど、繊細な日本人にはちょっと納得できないのではないでしょうか。

ただ、EP1の時に感じたC3POの疑問が解決されておりました。これだけが納得できたとこですね(こじつけではありますが)。EP2は3回ほど映画館に見に行きましたが、EP3はもう行きません。DVDは出ればもちろん買いますが。

やっぱりぼくが一番好きなのは今で言うところのEP4。輝くスターウオーズ第一作目であります。見たのはまだ10代でしたけど、あんなにワクワクした映画は初めてでしたね。今見てもワクワクします。冒頭で巨大宇宙船が後方から頭上にかぶさってくる映像はものすごいインパクトがありました。エピソードの中の一話ですが、あれだけで完結しているとも言えます。やっぱりハリウッドは偉大だと思うのですよね。

EP4はハリウッドの手法で製作されたのですが、もうハリウッドの手法にならされてしまっていてそれを見るとなんだから安心してしまうのかもしれない。だからEP4は終わったらすっきりするのでしょう。ファンファーレが鳴ってレイアにメダルもらって終わって音楽で盛り上げて完璧なエンディングです。場内が明るくなって気分良く帰れます。

とにかく、これでスターウオーズシリーズは終わりになりました。EP3とEP4のあいだのストーリーをTV シリーズで製作するという発表がありました。これはこれで楽しみではあります。それと、デジタル映画館で今までの6作を立体映像にしたものを公開するともプロデューサーは言ってました。いったいどんなのになるのかは想像しにくいし、出来上がるのは何年後になるのかも解らないですが、とりあえず、スターウオーズーはまだまだ続くのです。

この夏は、「皇帝ペンギン」が楽しみです。
[PR]
by covaemon | 2005-07-17 10:08 | 映画 | Comments(4)
Excite エキサイト : 経済ニュース

なんとも歯切れの悪い会見だったのですが、前回には天下りはやめるし、受け入れないとの発言が撤回されたことになります。だから、これからも天下りは受け入れるし談合もこれからも続くのだということになります。

これだけ見るとなんとひどいことじゃないか。トヨタの奥田さんともあろう人がなんということを言うのだと誰もが思いますよね。

しかし、です。ここまで完全に前回の発言を撤回したのには権力側からの圧力があったのではないでしょうか。

だから、奥田さん的にはこれかも天下りは経団連のどこの企業でも受け入れるし、談合もバンバンやります。だから、日本の企業はすべて不正をやってるのです。それも国に言われて。

って感じではないでしょうか。だから、検察さん。よろしく。またアメリカさん。なんとかして。と。

まあ、アメリカはひょっとしたらこのままのほうがいいかも知れないですが、全世界へのアピールになったかも。
[PR]
by covaemon | 2005-07-12 09:13 | ひとりごと | Comments(0)
7月9日土曜日大阪厚生年金会館でのジェフベックのライブに行ってまいりました。
20年ぐらい前に一度見たのですが、そのときからベックは何も変わっていなかったです。ほんとにすごかった。それしか言えません。

ライブなんて何年ぶりでしょうかねえ。アマチュアのライブは何度か行ってましたが、お金を払って行ったのはペイジ&プラント以来かもしれない。ってことは前世紀のはず。ぼくってほんとに音楽好きなんだろうか。

だから、厚生年金会館なんて20年以上行ってない。地下鉄の駅を降りてから一瞬、どっちの方向だったか迷ってしまいました。それに、土曜日なので、5時からスタートというのもなんだかちょっと違和感。

しかし、始まってみると、最初から緊張感いっぱいでした。あんなに客が動かないライブも珍しいのではないかと思ってしまいました。ほとんどの人がシートから身を乗り出すようにして見てましたね。

結構、年齢層も幅がありました。もっとおっさんが多いかと思っていたのですが、若い人も多かったし、女性もかなりいたのです。これにはちょっと驚きました。もちろん、彼に連れられてって感じではありましたが。

1時間ほどで休憩に入ったのですが、もう1時間もたったの?って思えるほど時が早く過ぎて言ったのです。休憩は10分間の予定だったので、トイレに行ったのですが、場内アナウンスで休憩は5分間というではないですか。もうこんなところまで緊張感を持続させるなんてさすがにベック。

後半が始まってから、他のメンバーは水を飲んだりタオルで汗をぬぐったりしてたのですが、ベックには全くそんな事をする様子がなかったのです。やっぱり達人というのはすごいことを汗もかかずにやってしまえるのでしょか。

アンコールにはジェニファー・バトゥンが飛び入り参加。東京で飛び入りしたといわれていたので、期待したのですが、出てきてくれました。さすがにアンコールでは場内総立ち。

最後はキーボードと2人だけで「オーバーザレインボー」。ベックの澄んだストラトの音がほんとに虹のかなたに飛んでいくようでした。

外に出るとまだ明るかったのです。そして雨も上がっていたのです。これで虹が出ていれば最高だったのですが。残念ながら厚い雲に覆われて虹は出ていませんでした。

しかしですよ。ジェフベックって61歳。ええー、そんな年なのって誰でも思うでしょうね。とてもとても61なんて思えません。もう彼は史上最強の61歳ですね。
[PR]
by covaemon | 2005-07-11 09:48 | 音楽 | Comments(2)

今のiPodはFWが使えない?

やっとこさ、大阪のアップルストアに行ってきました。そろそろ初代iPodがやばくなってきたので、とりあえず、見に行ったのです。

今のってドックコネクタってのがついていて、ファイヤーワイヤーや、USBケーブルが直接つながるのではないのですね。

んで、製品にはUSBケーブルしか付いていない。で、店員さんにファイヤーワイヤーで使う場合はドックが必要なのかどうか聞いてみたのですが、その答えは今のiPodはファイヤーワイヤーは使えないとの事なのです。

なら、ぼくのPowerBookG3では、USB2.0は付いてないので、使えないのかと聞くと、そうだと言い、どうしても使う場合は、USB2.0のPCカードを差し込んで使うしかない。との回答だったんです。それじゃ、iPodより先に、新しいMACを買わなければいけません。

でもですよ、サイトのストアにはドックコネクタのついたファイヤーワイヤーケーブルが売られてるのですが、これって使えないのかなあ。ドックコネクタの付いたiPod専用となってます。ってことは今販売されてるiPodは使えると言うことになりますよね。

一体、どっちがほんとなんでしょ。まさか、アップルストアの店員さんが知らなかったってことはありませんよねー。
[PR]
by covaemon | 2005-07-09 09:46 | コンピュータ | Comments(2)
ロンドン同時爆発テロ | Excite エキサイト : 国際ニュース特集

バグダッドへの空爆の時もそう感じたのですが、やっぱりこんなことはやってはいけないと素直に思うのです。

よく、憎しみの連鎖なんてことが言われますが、そうなんでしょうか。ぼくにはわかりません。わからないけど、テロや戦争をやっていいということではないはず。

今回はまたアルカイダの犯行ではないかと言われてますが、もしそうだとしたら、なぜ、一般市民を狙うのでしょうか。たしかに、ニューヨークのビルもロンドンの地下鉄や2階建てバスはその国や都市を象徴したものであり、それを攻撃目標にするというのが理由でしょう。

でも、それには人間の犠牲者とくにアルカイダにはなんにも影響をおよぼしてない人たちもまきこんでしまうことになってしまう。

そんなことをするから、アメリカは「我々は軍事施設しか攻撃しない」などと言って正当化するのです。もちろん、アルカイダに軍事施設を攻撃しろと言ってるのではありません。

イラクが今どうなっているのか、まるで報道されていないのはなぜなんでしょう。報道されていないのは日本だけなんでしょうか。しかし、今回のようにロンドンでのことはすぐに全世界を情報が駆け巡ります。そして、全世界的に悲しみモードに入り、お偉いさんたちは「テロには屈しない」とお決まりの台詞を述べられる。

ニューヨーク、ロンドンと来れば次は東京なんでしょうか。しかし、東京や日本を象徴するようなものってなんでしょう。東京タワーってことはないだろうし、東京ドームも違うだろうし、東京都庁なんてのは絶対違うだろうし。富士山は標的にならないだろうし、やっぱり「新幹線」しか思い浮かばないのですが、そんなことだけは起こって欲しくないです。
[PR]
by covaemon | 2005-07-08 09:55 | ひとりごと | Comments(0)

様々な意見や考え方。

全く、わけがわからない。
ある人の記事にTBしたら、第三者がコメントを入れた。その第三者はぼくの考えはおかしいと言う。それはいい。どんなコメントも意見も大歓迎だ。

でも、その第三者の意見もぼくはおかしいと思った。何度がやりとりをしたのだが、どこまで行っても話は永遠に平行線のままだとも思った。

それに、その第三者は自分の意見を押し通すことばっかりで、ぼくの意見はまったく理解を示さなかった。いや、示さなかったように思えただけなのだろうか。

ぼくもその第三者の意見はまったく理解できなかったのだが、何度かやり取りをやって、この人はぼくとは根本的に考え方が違う。そして、ぼくはその第三者がそのように考えることは認めてもその考えをぼくは受け入れられなかった。

しかし、第三者は自分の意見を受け入れさせようとした。おろかなことだ。

無駄なやりとりばっかりが続くと思われたので、そろそろ終りにしようと思った。何を言っても根本的に考え方のスタンスが違うのだからお互いが納得できないのだ。

そしたら、無責任だと言ってきた。まあ、その第三者にはたしかに無責任に思えたかもしれない。じゃあ、どこまでいったら無責任でなくなるのか。答えはでないだろう。

おまけに、ぼくが最初にTBした人にも無責任だと言う。なぜ?無責任なのかなあ。別に、TBした人とは一度もやり取りをしてないのだからそのようなことを言われることはないと思うのだが。

なぜ、自分以外の意見を受け入れられないのだろうか。別にそれに同調しなくたって、その考えはおかしいと思ってもそれはそれ。違う意見でいいのではないか。なぜ、それがわからないのだろう。
[PR]
by covaemon | 2005-07-05 16:09 | ひとりごと | Comments(0)