好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「貧乏人はパンなんて食べなけりゃいいのよ」

そりゃ、公務員の給料を払うためでしょ。なんて書いたら問題かな。でもね、税金ほどばかばかしいものはないでしょう。何のために払うのって思う人は沢山いると思いますよ。というか、思わない人がたくさんいるから、簡単に増税するのでしょうか。

ぼくもサラリーマンですが、とにかく、源泉徴収をやめてほしい。それと、必要経費を認めるべきでしょう。スーツやネクタイなんて仕事に必要なんだから。

税調はいかにして簡単に税収を増やすかということしか考えてないのです。だから、源泉で無条件に税金を払ってくれるサラリーマンからもっと取りましょうってことになるのですよね。

源泉徴収がある限り、日本の税収は安泰です。確実に計算できますから。石とかいう会長は日本の経済が将来どうなるかなんて言ってますが、税制で経済が変化するという考えはないんでしょうかね。経済を見て税制を決めるんじゃなくて、税制をこうしたら、経済は発展するはずだ。みたいな事を言えないのでしょうか。

まったく、ビジョンなんてありませんね。税制調査会ってばかのあつまりですわ。
所詮、政府の気に入るようなことしか考えないのであって、一般国民(公務員以外)にはいいことはなにもありません。

だいたい、公務員ってなんであんなに優遇されてるのでしょう。
これも、こんなことを書くと、公務員の人から批判を受けそうですが、やっぱり、大阪市のことを見たって、自分の市の公務員の給料を見たってどう考えても赤字をかかえている団体がそんなにどうして貰えるのといいたいですよ。ボーナスも確実にあるし。ぼくらみたいな小さな会社に勤めてるものはこの経済情勢でまともにボーナスなんてでません。たとえ、利益がでていてもその額がわずかであれば、まともな額はもらえない。
しかし、赤字の地方公共団体でも全く関係なく、ボーナスは出ている。役所には利益という考え方が無いし、赤字になったのは、一般職員から見れば「オレのせいじゃない」ってことになるのでしょうけど、大阪市を見ていると、労働組合に入ってる者は全員に責任があると判断せざるをえませんね。

あいつらの考え方は、おなじ大阪に住んでるぼくにも理解できません。ぼくは大阪市民ではないので直接は関係ないですが、あの労働組合のやつらの発言を聞いているとほんとに腹が立ちますね。

時々、朝の駅前に、市会議員がなにやら、いろいろしゃべってるのですが、決まって、最初のあいさつに、「みなさま、本日もお勤めごくろうさまです」と発言します。はあ、ごくろうさまですか。今日も私の給料のためにお勤めに行っていただいて、ごくろうさまです。ってとこですかね。こんなばかの市会議員を立候補さす政党は労働者のための政党だなんて言ってますが、根本的に頭の構造がもうだめです。

サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだあー。とお気楽に歌えるようになりませんかねー。
[PR]
by covaemon | 2005-06-30 11:03 | ひとりごと | Comments(1)

コンフェデ3位決定戦

今、やってます。フジテレビで生放送ですね。
しかし、ぼくはフジテレビのサッカー放送が大嫌いです。それというのも、今日も実況をしている青嶋っていうアナウンサー。こいつ、うるさいし、しゃべり過ぎだし、声はきたないし、すぐに叫ぶし(これはフジのお得意か)、もう、こいつの声を聞くとなんだか気分が悪くなります。

それと、風間っていう解説者。こいつも大嫌い。いつもろくなことしゃべってないし、そのくせ偉そうだし、特にこいつは顔が気に入らない。もう音を消して見るしかない。

あとドイツの監督のクリンスマン。ぼくは彼は現役の時からなんだか好きじゃなかったのです。まあ基本的にあんまりドイツの選手で好きなのはいないのですが、とくにクリンスマンは好きじゃないですね。だから代表監督になったと聞いた時は驚きました。だいたい、この人には戦術なんてのがあるのかなと思ってるのです。まあ、ドイツではそこそこ人気があるみたいですけどね。

それに引き換え、オランダの代表監督になったファンバステン。この人はもう大好きです。彼は完璧です。ACミランでオランダトリオでやってた時はほんとにすごかった。ファンバステンが代表監督になったのでこれでやっとオランダもまとまるんではないでしょうか。彼なら誰も文句は言わないだろうしね。

ああ、コンフェデの決勝を忘れていました。どっちが勝つでしょうか。ぼくはアルゼンチンのほうが好きですね。でも、ブラジルかな。とにかく、PKまでいかないで、ゴールを決めてほしいですね。
[PR]
by covaemon | 2005-06-30 01:23 | スポーツ | Comments(0)

目標は優勝だ。

そうなんです。ジーコはドイツワールドカップの目標は優勝であると宣言しました。
土曜日にBS朝日で放送されたサッカー特番でのインタビューなんですが、しかし大きく出たものですね。でも、ぼくはこれではっきりとジーコの監督でワールドカップに行こうと思いました。

この前はいろいろ批判しましたが、これからは一切批判は致しません。完全に100%ジーコを応援いたします。それというのも、もしジーコ以外のものが監督になっても誰も目標は優勝なんて言わないでしょう。(ラモスは言うかもしれないけど)実際誰も優勝なんてできるとは思ってないでしょう。しかしこれぐらい思い切った発言ができるなんてすばらしいと思います。

これから、Jリーグも日本サッカー協会も、政府も日本国民全員がドイツワールドカップの目標は優勝であると認識してそれを実現させるためのプログラムを作成してもらいたいです。目標がそこにないとベスト4も8もないのです。

遅ればせながら、ブラジル戦の感想ですが、日本代表って、どうしても相手に合わしてしまうんでしょうか。ブラジルのようにシンプルで速い攻撃をするようなチームとやるときは日本もそのようなサッカーをする。しかし、ひいて、守ってのらりくらりやるようなチームが相手の時はやっぱり同じようにのらりくらりのサッカーになってしまう。

それと、意味のないバックパスはやめてほしい。前でFWは動いてないのか。大黒は動いているはずです。やっぱりまだまだ視野が狭いと言わなければいけません。中田と中村ぐらいでしょう全体を見れるのは。宮本はハーフラインまでなら見れるでしょう。でもそれではまだまだです。マルディーニのようになってもらいたいものです。

加治はオフサイドだったんでしょうか。スローではオフサイドのように見えました。でも断言はできません。一つ言えるのは。もうすこしましな審判団でやってほしかったですね。無駄な笛やおかしなイエローもあったように感じました。

何はともあれ、目標は優勝です。
でも、もしほんとに優勝なんてしてしまったら、ぼくはどうなってしまうんでしょうか。
[PR]
by covaemon | 2005-06-27 10:56 | スポーツ | Comments(0)
みのもんた失言でスポンサーが降板!

ま、でもまもなく何事もなかったかのようにしゃべりまくるのでしょうね。
でもね、最近「不適切」って言葉でなんでも片づけてしまうのが気に入らないですね。だいいち、それなら適切な発言を常にしているかどうかを聞きたいものです。

全国ネットのテレビ番組って各ネット局でスポンサーが違う場合があると思うのですが、そんなときは大変でしょうね。
[PR]
by covaemon | 2005-06-23 13:32 | ひとりごと | Comments(0)
昨日は午後から仕事を抜けて(ラッキー)アップルコンピュータ主催のカラーマネージメントセミナーなるものに行ってきました。たいへん、有意義なものでありました。

印刷会社に勤務しているものにとってはこのカラーマネージメントなるものはこれから絶対に必要になってくるものと思っているのですが、これがなかなかわかりにくいものなのですね。それというのも、今までは各グラフィックソフトでカラーエンジンが違っていたり、OSそのものにカラーマネージメントのサポートがされていなかったりというのが原因だったわけです。

ここにきて、MAC0SXと、アドビクリエイティブスイートとの組合せで基本的な色合わせができるようになってきたのです。今回のセミナーの最初はアップルからOSがサポートしているカラーマネージメントのプレゼンがあったわけです。

プロジェクターを使ってのものだったので、場内はすこし暗くなりました。そうです。もうお分かりでしょう。その暗さが原因だったのか、毎日の激務が原因だったのか、はたまたぼく自身の生活習慣が原因なのかそれは定かではないのですが、始まってから数分で聞く(見る)ことができなくなってしまったのです。

気が付くともうすぐ終了する時間でした。カラーマネージメントの話は終了したようでMACOS10.4の新機能の説明をしておられました。ですから、内容をここに紹介することは出来ないのです。(何が有意義やねん)

休憩を挟んで、次はEPSONが大型のインクジェットプリンターを使ってプルーフを出力しましょうという提案でした。これにもカラーマネージメントがきちんとききますよということです。

カラーマネージメントを専門の仕事にしておられる方がお話くださったのですが、これはきちんと全て聞いておりました。(ばっちり目を開いておりました。有意義でしょ)

時間が短いので概念的なものしか話せないとのことだったのですが、あんまり深い内容ならぼく自身が理解できないのでぼくのとってはありがたかったです。

オフセット印刷したものとインクジェットで出力したもののサンプルがあったのですが、色はほとんど問題ないと思いました。ただ、インクジェットなので網点は出ません。もし本格的にDDCPのかわりとして使用するのであれば、網点を出すことが可能なソフトを使う必要があるでしょう。

しかし、今カラーマネージメントに積極的になっているのは発注者であるという紹介がありました。やはり、雑誌などでは色がまちまちになるのは避けたいところですよね。トヨタが全面的にデジタル入稿に切り替えてから様々な企業がそれに追随したようです。

ぼく自身はそんな大企業との付き合いはないので今すぐに必要ではないかもしれませんが、やはりいつ必要になってしまうかもしれません。そのときに対応できなけば仕事がなくなってしまう恐れがあるのです。それを考えると導入しておいて悪いことは何もないでしょう。

納期が短縮し、色が一定して、コストが下がる。なにも悪いところはありません。特に大阪人にとってコストが下がると聞くだけで興味を示します。一昔前に比べるととんでもないハードの安さです。導入コストはそんなに高くありません。

ただし、MACOSXと組み合わせる必要があります。だから社長買ってください。(こんなとこに書いてどうすんねん)
[PR]
by covaemon | 2005-06-22 09:54 | 仕事 | Comments(2)
F1čGP 7`[ٗ̈Ċ | Excite GLTCg : X|[cj[XW

とんでもないアメリカグランプリになってしまいましたね。6台だけでのレースなんて面白いはずがない。去年はここで佐藤が抜いて抜いて抜きまくって3位に入りました。このコースは今では珍しく抜けるコースなんです。みんなそれを期待していたのに。

でも、ミシュランはこのコースでは安全が保証されないと言ったようですが、コース自体は急に変更になったわけでもないし、去年も一昨年もやったので、初めてのコースでもない。つまり、シュミレーションと開発ができなかったということでしょうね。それしか考えられない。

今年、ミシュランユーザーが早くてブリヂストンユーザーが遅いのはタイヤのせいなんでしょうか。

これで、来年のアメリカグランプリは取りやめかもしれませんね。ぼくはあのコースはかなり気に入ってたんですけどね。バンクを猛スピードで立ち上がってくるとこなんてやっぱりかっこいいですよ。

ひょっとしてアメリカのことだから、何らかの形で損害賠償請求の訴訟が起きるかもしれないですね。そしたらほんとの真相が明らかになるかも。
[PR]
by covaemon | 2005-06-20 14:58 | スポーツ | Comments(0)
Excite GLTCg : X|[cj[X

今日は、こんなフレーズがいたるところで飛び交っているでしょうが、とにかく勝ちました。ギリシャはユーロ2004で優勝したのですが、あのときのようなサッカーは全くできていませんでしたね。ただ、ぼくはギリシャのようなサッカーは大嫌いですがね。あのメンバーで勝とうとするとあのようなサッカーしかなかったでしょう。それを徹底させた監督のレーハーゲルはさすが、たいしたものです。

それが幸いしたのでしょう、日本はたくさんシュートを打ちました。でも入ったのは大黒さまの1点だけというのは寂しいですね。ほんまにもっとシュートの精度を上げてもらわないと、次のブラジル戦では1点も入らないでしょう。

とりあえず、なんとかして決勝リーグに出て欲しいですね。ブラジル相手にジーコがどんなサッカーをするのか。楽しみです。いろんな意味で。
[PR]
by covaemon | 2005-06-20 09:06 | スポーツ | Comments(0)
先日、フィットネスバイクに乗っていると、ハンドルの上に PowerBookが乗るんではないかとふと思ってしまいました。思い立ったが吉日で、早速やってみたのですが、これがものの見事乗ってしまったのでした。よく見てみるとこのハンドルいかにもPowerBookをのせて下さいという形になってます。

とはいえ、実際はここまでしてネットをしなければならないという事はないわけだし、ペダルまわしながらPowerBookの操作をするのはなかなか難しいでしょう。だからとりあえず乗るというのを確認しただけです。でも中にはこのようなことをやってる人もしるかもしれませんね。

b0057987_1431567.jpg


それにしても今、コンフェデやってますが、いったいいつになったらゴールが生まれるのでしょうね。以前、シュートしないと得点にならないと言いましたが、あほみたいにただ、打ってるだけで枠に行かないのならなんにもなりません。それにもちょっと頭使ってもいいんじゃないでしょうかねえ。
[PR]
by covaemon | 2005-06-20 01:47 | ひとりごと | Comments(4)
ぼくは、ミュージカルが苦手です。もちろん、ステージは見たことがありません。映画もほとんど見たことがありません。正確に言うと見ることが出来ない。いつも見ようとするのですが、途中で断念してしまうのです。

最後まで見れたのは「キャバレー」だけかもしれません。「ブルースブラザーズ」をミュージカルというのなら、これは何度も見たことがあります。見たことどころか大好きな映画です。でもぼくはブラック音楽が好きだからこれはミュージカルとは全く思ってないです。

ああ、「マイフェアレディ」は全部見ました。ヘップバーンは大好きだから。でも歌は吹き替えですよね。だから主演女優賞は獲れなかった。しかし、これに出ているほかの人の歌もどってことないような気がするのです。

「シカゴ」っていうのも最初から見だしたのですが、20分ぐらいでやめました。「オズの魔法使い」なんて最初の2分ぐらいしか見ていないはずです。「サウンドオブミュージック」も断片的にしか見ていません。だからストーリーはだいたい知っております。「ウエストサイドストーリー」もものすごく違和感を感じて全然見れなかったです。

はたと気づいたのは全て実写だから見れないのかと思いました。なら、「ナイトメアビフォアクリスマス」なんてのなら見られるかなと思い挑戦しました。でも30分が限度でした。

どうしても急に歌いだしたり、踊りだしたりするのが大阪人のぼくには「なんでやねん」とつっこんでしまうのです。

でもです。みんな歌も踊りもとってもうまいですよね。それだけを聞いたり見たりしているとものすごく感動できます。

そこで、「ザッツエンターテインメント」です。これのように歌と踊りのところだけを見せてくれるとぼくにとってはたいへんありがたいです。

ジーンケリーもフレッドアステアもビングクロスビーもすごいですよね。ジュディガーランドなんて絶対ここいつは天才やと思ってしまいます。なんであんなふうに歌えるのかどう考えてもわかりませんいつ見ても感動できます。

先日3日間連続でNHKの衛星でやってました。いうなれば、ええとこどりのベストアルバムみたいなものですが、ストーリーはどうてもよくて台詞なんか聞きたくなくて歌と踊りだけを見たいぼくのような人間にはこの映画は最高です。

ハリウッドの黄金時代のMGMですからセットもすごいし、衣装も立派。エキストラもすごい人数。金かけてんでーってことがよくわかりますよね。時々、どうやって撮ってるのか理解できないようなのもあります。特にプールでのなんてほんとにすごいです。

古きよき時代といえるのかもしれませんが、ぼくはリアルタイムで経験していないのでよけいにいいなあと感じるかもしれないですね。
[PR]
by covaemon | 2005-06-17 14:22 | 映画 | Comments(2)
ひめゆり入試問題

学力低下とよく言われていますが、ほんとに低下しているのでしょうか。確かに、試験で現れてくるような数字は低下しているかもしれないですが、それだけをとって低下、低下と叫ぶのには違和感を感じます。

たとえば、携帯電話の使い方や、ゲーム、コンピュータなどはとてもぼくたちの年代にはついていけないほどの興味をもち、使いこなしています。彼らは興味さえ持てばすごい学習能力を示します。それは、仕事でも同じです。

今の学校教育は興味のもてないような授業しかしてこなかったのが一番の原因ではないでしょうか。それは日教組も一部原因かもしれません。もっと言えば旧文部省が一番の原因でしょう。

そしてもっと問題なのは、学校はもっと家庭での教育、しつけをしなければと言うし、家庭では学校が教育をきちんとしてくれないと言う。お互いに自分には責任がないと言い合っているだけ。これでは、いつまでたっても何も解決しないですよね。

青山学院の事も問題を作ったのは教師です。その教師に歴史の知識に問題があるのか、人格に問題があるのかそれとも作った問題をそのまま試験問題としてしまった学校に問題があるのか、新聞記事だけではよくわからないですが、校長が沖縄に行って誤ればいいってものではないと思います。

吉村先生は現代社会のひずみを端的に示していると書いておられますが、もうすこしくわしい説明をしてもらいたかったですね。
[PR]
by covaemon | 2005-06-15 10:17 | ひとりごと | Comments(0)