好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

カテゴリ:コンピュータ( 160 )

新品を買わないといろんな所で宣言しているのですが、中古ならOKやん、っていう勝手な解釈をして、家にやってきたのが、

PowerMacG4-500DPであります。

なんで今更こんな古いのって思われるでしょうが、はっきり言って予算的にこれが限界であったのです。それに、やっぱりOS9が動かないのは許せないというところでしょうか。

仕事ではこの筐体はいくらでも見たことはあるのですが、自分の家の中で見るとやっぱり大きいなあという印象ですね。まあ、家が狭いんだから仕方ありませんが。

とりあえず、キーボード、マウスをつないで電源をいれると、何の問題も無く立ち上がりました。ただ、ついてきたキーボードとマウスはちょっと古いものでした。本来は黒い光学マウスがついてるはずですが、まん丸いボール式のものでした。キーボードもファンクションキーが小さなのでした。

OSのCDもなんにもついてないものですので、安かったのかとむりやり納得させて、チェックしてみたのですが、問題は無かったようです。ディスプレイは以前使っていた17インチのCRTを復活させました。

PowerBookG3と同じ環境にしたいので、ターゲットモードにして、全てをコピーしてから、OS9でブート。全く問題なし。やっぱりOS9は楽ですねえ。

しかし、OSXは立ち上がりませんでした。バージョンは10.2.8なんですが、OSXはコピーしても立ち上がらないよ。とは聞いていたのですが、ほんとでした。

さてさて、困りました。実は、本体が家に届く前にバージョンアップしてTigerにしようと思い。アップルストア心斎橋に行ったのですが、ちょっとばかり突発的な状態に陥りましてTigerを購入できなかったのです。

PowerBookG3をターゲットモードのまま起動ディスクに選んで立ち上げると問題なく立ち上がりました。ファームウエアも問題ないということです。

いろいろ考えてみたのですが、やっぱりいちからOSXをインストールするしかないのかという結論になりました。仕方ないので、OSX関係のファイルはすべて削除してOSX10.2をインストールしようとしたのですが、「古いバージョンが入ってないので、これは入れられまへんでー」と言われてしまったのです。

うーん、またまた困った。ならばということで、それより古い、10.1をインストールこれは問題なく終了。そして、この上に10.2をインストール。今度はなにも文句を言われずにインストールが出来ました。

立ち上がると自動的にアップデートを探しに行ってOSX10.2.8にバージョンアップ。その他セキュリティーやiTunesなどのファイルも次々とダウンロード。システム関係のバージョンはPowerBookG3と同じになりました。

さて、ここからです。システムは触らずに、アプリケーションとライブラリーとユーザーだけをPowerBookG3のものと入れ替えたのです。そして、ブート。おおー、見慣れたデスクトップが出てきました。ドックも以前と同じものになってます。メールもブックマークもG3といっしょでした。

見事に、PowerBooG3と同じ環境になりました。終わってからこれって常識なのかなあ、どこかのサイトを覗けば書いてあったことなんかなあとか思ったのですが、やっぱりマックのOSって融通がきくなあと妙に納得したのでした。

このモデルにはDVD-RAMというあんまり使い道のないドライブが搭載されているのですが、やっぱりCD-Rは必須。外付けのドライブはあるのですが、古いものなので、SCSI接続なのです。G4にはSCSIはついてない。

今までは、PCカードをかまして使っていたのですが、G4で使うにはUSBかFWに変換するか。SCSIのPCIカードを使うかです。ぼくの家にはそのPCIカードがあまっていました。かなり前のことなんですが、ベージュのPowerMac用に外付けHDを買ったのですが、なぜか、MAC用はちょっと高い。安いものを探すのが得意な大阪人はWIN用のところも覗きに行きました。そこにあったのは、同じハードで、WIN用のフォーマッターがついてるもので、おまけに、SCSIのPCIカードもついてました。それなのに、マック用より安い。これを買うしかありません。というわけで、カードがあまっていたのです。

そいつをかましてCD-Rドライブも問題なく使用可能。完全にPowerBookG3から移行しました。

ただし、これも噂どおり、ファンの音がすごい。もう騒音ですね。仕事場ではあんまり問題ないかもしれないですが、一般家庭ではかなりのうるささだと思いますね。さいわい、OSXではスリープにしておくと一瞬にして立ち上がるのでそんなに問題はないと言えばないのですが、今の新しいのは静かなんだろうなあと思うとやっぱり羨ましいかも。

家には、MACが4台。その中で新品で買ったのは2台。68K。PowerPC、G3、G4。まあバランスのいい買い方です。これで、多分G5は我が家にはやってこないでしょうけど、次はインテルマックです。これは、出たら速攻手に入れたいなあ。
[PR]
by covaemon | 2005-08-01 13:44 | コンピュータ | Comments(5)

今のiPodはFWが使えない?

やっとこさ、大阪のアップルストアに行ってきました。そろそろ初代iPodがやばくなってきたので、とりあえず、見に行ったのです。

今のってドックコネクタってのがついていて、ファイヤーワイヤーや、USBケーブルが直接つながるのではないのですね。

んで、製品にはUSBケーブルしか付いていない。で、店員さんにファイヤーワイヤーで使う場合はドックが必要なのかどうか聞いてみたのですが、その答えは今のiPodはファイヤーワイヤーは使えないとの事なのです。

なら、ぼくのPowerBookG3では、USB2.0は付いてないので、使えないのかと聞くと、そうだと言い、どうしても使う場合は、USB2.0のPCカードを差し込んで使うしかない。との回答だったんです。それじゃ、iPodより先に、新しいMACを買わなければいけません。

でもですよ、サイトのストアにはドックコネクタのついたファイヤーワイヤーケーブルが売られてるのですが、これって使えないのかなあ。ドックコネクタの付いたiPod専用となってます。ってことは今販売されてるiPodは使えると言うことになりますよね。

一体、どっちがほんとなんでしょ。まさか、アップルストアの店員さんが知らなかったってことはありませんよねー。
[PR]
by covaemon | 2005-07-09 09:46 | コンピュータ | Comments(2)
IntelMac始まる
ついに、MACにintelが搭載されることになります。よく考えてみると、これって、今のWINマシンにOSだけ買ってくればMACになってしまうってことなんでしょうか。それともappleから販売されるハードでしか動かないのでしょうか。もし、自作なんてのが可能になればちょっと楽しいかも。

それと、も一つ問題は完全にMACとOSXの感覚は維持されるかということです。WINみたいなCドライブなんてのは見たくないですからね。

基本的にNEXTはintelで動いていたわけだしOS自体の移行はそんなに難しくはないでしょう。ぼく個人が一番問題なのはアドビがどうするかです。intelベースのOSXに対応してくれるのでしょうか。

PowerPCはもう限界だったのでしょうか。どうしてなんでしょうね。設計に無理があったのでしょうか。ゲーム機は全てPowerPCになったということは、グラフィックには最適ということかな。その辺は無知だからよくわからないですが。

ゲーム機用に大量生産しなければならないので、apple用にはそんなに供給もできないし開発もできないとIBMが言ってきたのでしょうね。それなら、マイクロソフトと同じCPUなんて使うかー。とジョブズが言ってintelに変更したということでしょうか。

でもね、今まであれだけ、G5はすごいってキーノートでデモしてたのに、一気にintel万歳ですから、人間なんて信用できないもんです。

同じクロックのペンティアムを搭載したOSXとWINでフォトショップを走らせてOSXが遅かったらやっぱり問題だろうなあ。

どちらにせよ、どんなものが出てくるか楽しみではあります。正直言ってMAC信者はintel嫌いってとこがありますから、出てきた物を見てintelってこんなに凄いんだって思うかもしれないですからね。
[PR]
by covaemon | 2005-06-07 09:47 | コンピュータ | Comments(1)

今日の車内広告

ぼくは毎日JRの大阪環状線を使って通勤をしているのですが、今日、ぼくが乗った車内の吊広告はすべて「msn hotmail」の広告でした。何パターンかあったようで色も何種類かあったようですが、文字だけでしたね。写真は使われていませんでした。

ということは、比較安価にできたのでしょう。しかし、車内全部を「msn hotmail」の広告で満たしてもどれだけ効果があるんでしょうかねえ。へえ、とすこしは驚くでしょうけど、それをみてhotmailに入ろうという人がどれだけいるのか。

マイクロソフトがそこまでして、hotmailの広告をしなければならない理由ってのはなんなんでしょうかねえ。ぼくにはさっぱりわかりません。
[PR]
by covaemon | 2005-03-28 09:00 | コンピュータ | Comments(0)

ほらiPodが。

値段下がってますね。
特にphotoのほうの値下がり率がおおきいですね。
やっぱり焦って買わなくてよかった。
でも、次いつ買えるか解らないけど。

ただ、photoでなくてモノクロディスプレイのは20GBしかなくなって
しまいましたね。ぼくとしてh、40GBで、3万円台にならないかなあ
とおもっていたのですが、appleとしては全部からディスプレイにしたいのかな。

初代iPodの所有者としては20や30でも充分な容量であることはまちがい
ないところですよね。ただ、会社から仕事を持ってかえってくる時に
MOでなく、iPodだとものすごく便利です。
やっぱり、60GBか。
もちょっと安けりゃなあ。
[PR]
by covaemon | 2005-02-24 01:09 | コンピュータ | Comments(2)

iTunesのラジオ

職場では今まで、全く音楽を流していなかったのですが、とうとう耐えられなくなって、使わなくなっていたコンピュータ用のスピーカーをWINマシンにつないで、iTunesのラジオを流すことにしました。

本当は日本のFM放送を流したかったのですが、どこにもラジオがなかったので苦肉の策なのです。とはいえ、これで、CDも聞けるし、iPodからも流せるしまあいい環境が整いました。ただ、WINでiTunesを使うのはちょっと罪悪感を感じてしまいます。しかし職場のMACはCPUパワーが低いので他の作業をすると時々途切れてしまうのですよね。

ぼくがいつも聞いてるのはもちろんクラシックロックのチャンネル。70年80年を中心のところがあって結構気に入ってます。そこはDJもないし、CMもない、アーティスト名と曲名は時々iTunesに表示されるときもあるようです。

でも、ロックばっかりでなく、popなものも流れるので、なかなか選曲が驚異的です。この前なんか「ベイシティーローラーズ」の「サタデーナイト」の跡に「イーグルス」の「ホテルカリフォルニア」が流れたときにはこけそうになりました。
[PR]
by covaemon | 2005-02-15 09:25 | コンピュータ | Comments(0)

こんな夢を見た。

昨日のことです。夢の中でipodを買った夢を見ました。40GBのやつ。
で、よろこんで、次の日にみんなに見せびらかしてたのですが、なんとその日にそのipodが値下げされてしまったので、1日違いでものすごい損をしてしまいました。

まわりのみんなかからは、あほーといわれるし、路行く全く知らない人からもあほーと言われ続けました。ほんま情けない夢でした。

ぼくは、結構夢で見たことが現実になることがあります。ということは、まもなくipodは値下げされるのかなあ。
[PR]
by covaemon | 2005-02-12 09:09 | コンピュータ | Comments(4)

冷静に考えてみると。

mac miniってほんとに使えるのだろうか。
いえに、ある人に言わせるとビデオカードがちょっと
チープなので、次期OSX104-tigerでは全てのグラフィック機能は
表示できないと言うことらしいのですよね。

って、ことは、mac miniの次期モデルまで様子見した方が
いいのかなあと。
とはいえ、僕の今のメインマシンのpower bookG3-500に
くらべると断然いいですけどね。

だから、やっぱほしいなあ。
[PR]
by covaemon | 2005-01-13 09:54 | コンピュータ | Comments(2)

Mac miniだって

うわーー。なんじゃこりゃー。
って、驚きましたねえ。Mac mini
これは、いいよおー。
はっきり言って欲しいです。
なんといっても、僕の家には、macのキーボードもマウスも、
ごろごろしてるし、ディスプレイも今はpower book使ってるから
あまってるし、これはいいなあ。
ただ、super draiveはほしいな。

でも、power bookのG5はでなかったですね。
やっぱり、cpuの供給がうまくいかないのかな。
[PR]
by covaemon | 2005-01-12 10:25 | コンピュータ | Comments(0)
 使い慣れたキーボードっとずっと使っていたいと思うんです。
デザインや、DTPの仕事をやりはじめてから、もう10年以上
たつのですが、ずっとMACを使っていたのですが、今年の
6月から、職場が変わってWIN環境になったのです。
今の職場は印刷会社なんですが、WINしか無いという、なかなか
ユニークなところであります。

 使うソフトはお馴染みのイラレやフォトショップなので使い慣れてる
のですが、やはり、WINではなかなか使い勝手が悪い。
ある、メルマガでWINにMACのキーボードがつけることができる
ソフトを紹介していておもわず、万歳をしてしまいました。

 で、なぜか、古いADB拡張キーボードが転がっていたので、
imateをかまして、使いはじめたのですが、こんなに精神衛生的に
気持ちがいいとは思わなかったです。もうcontrolキーとはおさらばです。
commandキーを使えるってこんなに気分がいいもんなんですねえ。

それに、command+spaceで日本語と英語が切り替えられるし、
画面のキャプチャーもMACと同じようにできるし、このソフトを
作ってくれた人に感謝ですね。
外注さんの、MAC使いな人も驚いていて、「これならWINに変えても
問題ないなあ」なんて言ってました。

でも、ぼくは、早くMAC買ってほしいです。
中古でいいから、ね、社長!
[PR]
by covaemon | 2004-11-07 01:10 | コンピュータ | Comments(0)