好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

カテゴリ:自転車( 3 )

CYCLE MODE 2011

南港インテックス大阪で行われたCYCLE MODE 2011に行って来ました。
前回行ったのは何年前だったかもう憶えてないのですが、最近は自転車が盛り上がってますからねえ。

入場料金は公式サイトから買っておくと200円お得だったのでした。
b0057987_11114097.jpg


てなわけで入場してみるとこれがかなりのお客さん。やっぱり自転車人気なんですね。それに、サイクルジャージで来てる人もかなりいます。と思えば、小さな子どもやかなりの年配者まで。

しかし、どこのブースもロードバイクばっかり。もちろん、それ以外もあるのですが90%はロード系だったのではないでしょうか。ずっと昔に行った時は空前のアウドドアブームとマウンテンバイクのブームが重なって全く逆のパターンだったように記憶してます。それに、ぼくの愛用のGTが出展してないようでした。SPECIALIZEDもなかったかな。

いくつかのイベントもありましたが、サイクルレースの中継をやってるJSPORTSではトークイベント。サッシャさんに、今中さん、安田団長が出てました。
b0057987_11155597.jpg



そんなこんなで2時間ぐらいうろうろしたでしょうか。
ATCで昼飯を喰って、南港の端っこにある南港野鳥園に行きました。
ここは4月に一度行ったのですが、なかなかいいところだったのでまだ来てみました。
室内から湿地帯の野鳥を観察できるのです。自前のでっかいフィールドスコープや超望遠レンズを付けたデジイチ持ってる人達がいました。
b0057987_11182822.jpg


前回来た時は備え付けの双眼鏡は無料で覗けたように思っていたのですが、100円必要でした。あれーっと思ったのですが、仕方ないので、連れの双眼鏡を時々借りて見てました。

時々、水中に潜って餌を取ってる鳥たちもいて飽きないですね。園内を歩いていても静かだし、鳥の鳴き声も聞こえてきてぼおーっとするのにはいいところだと思いますね。

夕方には夕陽に水面が光ってきてこれまた綺麗な風景でした。
フィールドスコープはかなり高価なので、そこそこの双眼鏡を手に入れようかなあって思ってる今日この頃なのであります。
[PR]
by covaemon | 2011-11-16 11:26 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

初秋の晴れた日に。

きょうはいい天気でしたよね。近所の小学校は運動会をやってましたし、町内では祭りの準備で忙しいようでした。
ぼくはといえば、この前安さにつられて買ってしまった折りたたみ自転車で地元を少しだけうろうろしてみました。

時々ここに載せているMTBは現在修理中なんですよね。部品がないとかでまだ乗れないのです。
当然のことながらMTBと同じ感覚で走ると偉いことになりますね。ブレーキはきかないし、まっすぐ走らないし。
普通の平地っで電動自転車に片手で日傘をさしたオバチャンにあっさり抜かれてしまいました。多分ぼくは15キロぐらいしか出てなかったんでしょうね。

b0057987_1631403.jpg

とりあえず、応神天皇陵の前で一枚。こういう色をフレンチブルーっていうんでしょうね。
スピードも出ないし、そんなに長時間も乗れないの、近場を買い物に行くとかにはいいですよね。後、車に積んでどっか行ってそこで乗るのもいいかもですね。

いちお、シマノの6段変速がついてますが、そんなに使い道はないかも。それよりブレーキ効くようにしたいですね。夜に乗るつもりはないので、ライトはなし。自転車屋で前につけるかごを見たのですが、やっぱりかっこわるいので、やめました。
まあ、いつまで使えるかですわね。
[PR]
by covaemon | 2009-10-04 16:37 | 自転車 | Trackback | Comments(2)

逃げは男の美学?

ツール・ド・フランス2009。
今年は日本人が二人も参加ということでなにかと話題です。
といっても、世間的にどれだけ話題なのかよくわかりませんです。

とはいえ、もう何年もツールを見てきたものからすれば日本人が出てくれるってだけでもう涙物です。
それなのに、ステージでひとりは5位に入るは、もう一人は8位に入るはでもう上へ下への大騒ぎでありますよ。

過去に一人プロとしてツールに出た人はいたのですが、そんなに期待していなかった。というか、期待できなかったというのが正直なところでしょうね。日本では速かったけどツールで通用するわけないよ。って感じですわ。

案の定途中リタイア。まあでもその時は出れてよかったのレベルだったんですよね。
今回も正直に言うとあんまり変わらない感じでした。スポンサーのお情けやんって言う人もいました。

それなのに、あの順位。いやあほんとに驚いたのです。ありえないことです。もうね、F1で中嶋が優勝してしまうぐらいありえないことですよ。

で、昨日のレース。チームタイムトライアルの翌日という事でかなり疲れている人たちもいたのではないでしょうか。その中で、前日にゆっくり(?)走ったチームから優勝者が出ました。

前半で見事に逃げが決まって最後はいつものようにスプリントになるかって感じだったのですが、かろうじて逃げ切りが成功したのです。

ぼくは、こういう逃げをする選手が大好き。それも一人で逃げるなんてのは最高にかっこいいと思いますね。
平坦ステージでいつも逃げのグループに入ってるって選手もいます。そういう人は目立ちますよね。そして自然に名前を覚えてしまう。

ツールでなくても違うレースでもまた逃げてる。そんなのほんとにかっこいい。
でも、ほとんどが最後には集団に捕まってしまう。昨日のように逃げ切れるなんてのはほんの少ししかありません。

つまり、逃げるのは破滅に向かって突き進んでいるとも言えるのではないでしょうか。
いや、かっこいい。
[PR]
by covaemon | 2009-07-09 14:38 | 自転車 | Trackback | Comments(0)