好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

容疑者Xの献身/東野 圭吾

文庫になったので読んでみました。
久しぶりの男性作家の作品です。

で、これで直木賞?ってのが正直なところ。
面白くない訳ではない。読みにくい訳でもない。事実、すんなりと最後まで読めてしまった。
でも、これで直木賞?と思ってしまう。

それに、どの登場人物もそんなに魅力的に思えない。なぜなんだろうか。
自分自身の理解力が不足しているのか、想像力が不足しているのか。

ま、一番理解できた事は「女は怖い」です。
[PR]
by covaemon | 2008-09-10 16:15 | 書き物 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/9470864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by covaemon at 2008-09-11 09:18
ですよねえ。
最後の首を吊ろうとしていたところなんかも、とってつけたような感じだし。
映画も出来たようだけど、これを映画にするのも辛かったでしょうねえ。
Commented by とと at 2008-09-11 22:18 x
あ!またコメント書けるようになってる~♪なんか嬉しい.

さて,この本,わたしも途中まで読みました.
東野圭吾の本は,何冊か読みましたけど,『殺人の門』とか面白かったですよ.

女は怖い・・・ですかぁ~.(笑)
じゃぁ,わたしも,今度最後まで読んでみるかな.
Commented by covaemon at 2008-09-12 15:12
ととさん。
ご無沙汰してます。
途中までお読みなんですね。ぼくはこの人のはこれが初めてだったのですよね。
はい、怖いです。
Commented by apple-of-1000 at 2008-09-14 22:28
ご無沙汰してますm(__)m
私も、つい先日ちょうどこの本を読み終えたところで、タイムリー!と思ってしまいました(笑)。
私は、新書版で買ったのにずーっと読まないまま本棚に建替えてちゃっていたので・・ダメダメなんですけど(笑)。

私は、東野さんの『怪笑小説』とか『毒笑小説』を読んで、「あぁ、おもしろいなぁ」と思って期待して買った本だったんですけど・・covaemonさん同様、「あれ??」って思っちゃいました(^-^;力のある作家さんだなぁと思うんですけど、この作品で直木賞・・っていうのはちょっと・・。

たぶん、他の作品は読まないでしょう。>とありましたが、ぜひ『怪笑小説』『毒笑小説』あたりを読んでみて下さい。そちらの方が、ちょっとブラックユーモアが聞いてて「うまいな」って思わせられるというか(^-^; 

Commented by covaemon at 2008-09-15 12:27
apple-of-1000さん。
こちらこそご無沙汰しております。
やっぱりそういう感想になりますよねえ。
ただ、レビューでは「泣ける」とか「純愛」なんて書かれていてなんか変な感じなんですよね。

『怪笑小説』『毒笑小説』は読んでみたいです。
Commented by hime_sh at 2008-09-20 17:48
東野圭吾好きなんですけど、私まだ読んでないんですよね…

映画ももうすぐ公開されますけどf^_^;
Commented by covaemon at 2008-09-21 10:15
hime_shさん。
久しぶりです。
ぼくは他の作品を読んでないので、偉そうな事は言えないのですが、どうもすっきりしないのですよね。
映画はどうでしょうね。