好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

電車でのメイク。

最近はあんまり見かけなくなった、電車の中でメイクをする女性。
ぼくは、そういう女性をそんなに嫌いではない。

なぜなら、変化していく過程を見るのはちょっとだけだけど、楽しい。
でも、あんまりじっと見つめていると、にらまれたりするので、そこそこ見ているだけなのだが。

だから、となりに座っている女性がメイクをしだすとちょっと残念。見れないから。それと、やっぱり化粧品のにおいはちょっと鼻につく。

よく考えてみると、電車でメイクをするってことは、そこまではすっぴんか、すっぴんに近い状態で歩いてきたってことにあるわけで、まあなんちゅうか、有る程度自分に自身があるって事なんでしょうね。

やっぱりものすごく変化するとそりゃあね、驚くわけです。
女性はやっぱり、○○い?
[PR]
by covaemon | 2007-09-14 11:23 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/7441221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by next-kazemachi at 2007-09-14 11:28
男性が見たがるものを、女はそうカンタンに見せてはいけないと思うのであります(笑)。
Commented by covaemon at 2007-09-14 13:09
next-kazemachiさん。
うまい!
だから、余計に見たい!
Commented by petite-tomo at 2007-09-14 16:47
あ、わかります、おもしろいですよね、顔が作られていく過程。わたしもつい見ちゃいます。揺れているのに器用にマスカラとかアイラインとか引いてるの見ると、感心してしまいます。
Commented by covaemon at 2007-09-15 10:34
petite-tomoさん。
そうそう、作られていくんですよね。まさに、クリエイティブ。
あれだけ揺れているところでも、破綻しないってすごいバランス感覚ですよね。