好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

たしかに、審判は絶対。

なんか、高校野球のストライク、ボールでもめてるようですね。
もちろん、ぼくはあの試合は見てないのでなんにも言えないのですが、それにしてもあの監督、よく言えましたねえ。あれだけ言うということは誰が見てもストライクなのにボールにされたってことなんでしょうか。

どんなスポーツでも基本的には審判は絶対ですね。
一部、アメリカンフットボールは、抗議を受け付けてビデオで判定なんてこともやってますが、基本的にはその場の判定が絶対的であるわけです。

おっと、相撲はビデオ判定やってますね。あれは、行司以外にも見てる人がいるし、それでもわからないときは、ビデオ見るし、最後には差し違いや、取り直しなんてのもあるので、誰も文句は言わないでしょうね。でもそれがいいか悪いかは別の話だとは思いますが。

で、高校野球。
今のように、テレビもハイビジョンになって、クリアに見えるし、コマ送りも綺麗に見る事が出来るし、拡大なんて事も出来てしまうので、一般の人もそこそこああだ、こうだ言えるんですよね。

それに、あの一球で全てが決まってしまうかもしれないってこともある。特に決勝戦なんだからね。

それに、高校野球の審判ってどんな人がやってるんでしょうか。そりゃもちろん、きちんと資格のある人がやってるのでしょうけど、サッカーのように、世界が認めるいい審判。のような存在の人っているのでしょうか。

それに、審判の経歴なんてのは発表されてるのでしょうか。
やっぱり決勝戦なんだからそこそこ経験のある人じゃないといけないと思うのですよね。言ってみれば、「あの人が言ったのだから」って思えるような人じゃないといけないと思うのですよ。

サッカーや野球ではビデオ判定ってのは難しいと思う。どうしても流れを止められないときもあるだろうし、すんなり次のプレーに進んでしまったらもう戻れなくなってしまう。

とにかく、これで高校野球は終わってくれたから、ぼく的には、テレビも新聞もネットも見やすくなっていいのだ。

それに、こんなことで、ああたこうだ言える日本はほんとに平和なのだねえ。
[PR]
by covaemon | 2007-08-24 10:17 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/7341192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。