好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

宮部さんの新作が出るらしい。

「楽園」ってやつらしいです。なんだか「模倣犯」の続編っていう噂があり、大極宮で立ち読みができるので、見てみました。なんと冒頭から50ページ以上も読めるのですね。ま、新聞に連載していたらしいので、出し惜しみなんてことはしないのでしょう。

やっぱり、「模倣犯」の続編ですね。約10年後のお話のようです。
前畑滋子がでてきます。
うーん、ぼくこの人好きじゃないんですよねえ。それに、旦那のほうも好きじゃない。
最初読んだだけだから、これからどう進行していくのかはわからないですが、なんかもひとつ、読むぞって気になれないかもしれない。

それに、これも長いようです。上下にわかれてますから。
とりあえず、レビュー見てから、考えよ。
[PR]
by covaemon | 2007-07-21 14:35 | 書き物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/7157197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by next-kazemachi at 2007-07-21 16:06
えっ!
そうなんですか!
知りませんでした。
宮部さんの作品は長編も短編もみんな好きなのだけれど、前に読んだ「名もなき毒」と、この「模倣犯」だけは、なんとなくあんまり好きじゃないんです。
彼女の作品で犯罪を犯す人には、みんなどこか救いがあるのに、このふたつの作品には、それが感じられない。
探偵役の善人(?)にさえ違和感を感じてしまうってところで、私としては今ひとつかなあ・・・。

私、「模倣犯」なら、豆腐屋のオヤジが好きだった。
なんで、前畑滋子なんだろ。
でも、なんだかんだ文句言いながら、たぶん読むと思う。
ここが、オタクっぽい(笑)。
Commented by covaemon at 2007-07-21 20:00
next-kazemachiさん。
そうなんですよ。たぶん読むんですよね。読まずにはおれないというかね。ほんま困ったもんです。
どうもね、この前畑夫妻はやっぱりありえないと思うんですよね。
「模倣犯」で旦那が怒りだして夫婦仲が悪くなって、別居して、なのに、もとに戻ってっていうのがね。やっぱり独身の人が書くとああなるのかなと思ってしまいましたね。
でも、「模倣犯」はやっぱりすごいと思うのです。あれだけ、長い話をあれだけだれなくて、緊張感をもたして、内容が破綻しなくてっていうのはすごいと思います。