好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

「ルネ・マグリット」って知ってる?

土曜日のことです。前日までの予定では、朝早くに起きて、一番に京都まで行って伊藤若冲を見る予定であったのです。

しかし、起きてみるともう朝ではなかったのです。前日にちょっとばかり多くのアルコールを処方したのが原因であったのかもしれません。

若冲展は人気なので、平日でも待ち時間が出るような盛況ぶり。土日ではとんでもないことになるかも。だから、開館と同時に入ろうと計画していたのです。

断念。

ぼくはいらちの大阪人。待たされるのがイヤ。それに、ずっと立って待たされているとこれまた腰がつらい。

やっぱり、断念。

仕方ないのでと言っては失礼だけど、ブリューゲルを見に行くことにした。
ベルギーの美術館のものが大阪国際美術館にやってきていたのです。
初ブリューゲル。おお、これか。イカロス。でも、これしかないやん。
ぼくは、どっちかといえば、ブリューゲルは暗めの色のものが好きなのです。

ま、でもブリューゲル見れたからいいや。
で、ルーベンスもありました。
これも、初ルーベンス。ルーベンスといえば、フランダースの犬を思い出しますです。

で、なんか不思議な絵があったのです。それが、ルネ・マグリット。
ぼくは恥ずかしながら全く知りませんでした。
でも、そこにあった数点の絵を気に入ったのです。

会場の外では額装されたものが販売されてましたが、すんごい価格。係のおねーさんが、色々説明してくれるのですが、もちろん、買えるわけがない。まさかぼくが金持ちに見えるわけが無いでしょうに。

ミュージアムショップで、そのマグリットのがあったので、買って来ました。

ピザとビールと共に見てると、何点かはどこかで見たことのある絵もありました。解説文もかなりあって、読み応えはありそうです。ただ、全部読めるかどうかはなんとも言えませんが。

それにしても暑い日でありました。
[PR]
by covaemon | 2007-05-28 10:31 | アート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/6909487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petite-tomo at 2007-05-28 11:07
じゃくちゅー行きたいんですよおおおおお。
ああでももう無理かなあ・・・。夏までやっててくれれば。。
ルーベンスといえば、フランダースの犬。たしかに(笑)。
マグリットおもしろいですよねー。実家に画集あります。
Commented by covaemon at 2007-06-03 14:21
>petite-tomoさん。
返事が遅くなりました。
さすが、petite-tomoさん。若沖も、マグリットもなんでもござれですね。

>うろぼろす堂さん。
いまだにね、シュール・レアリスムってよくわからないのですわ。残念ながらぼくには、電気は走らなかったです。