好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

やっぱり、エージングって必要なのか。

先日書いた、Panasonicのノイズキャンセルのイヤホン。なんとなく音が変ってきたのです。低音も出てきたし、高音部は最初の頃のキンキンした感じが減ってきました。

やっぱりエージングってありなのかなあと思っているところです。
ただ、このイヤホンの場合、イヤホン自体のエージングも必要なのかもしれませんが、電池を使う電気部品のエージングのほうが重要かなと思いましたね。

オーディオコンポなんかも買ってきた最初の時の音はとても聴けたものではありませんが、しばらくすると音がよくなってきたりしますからね。

でも、どっちにしてもこのイヤホンそれほどいい音ではありません。たしかに、iPod純正のイヤホンに比べるとレンジはすこしは広めではありますが、純正イヤホンがあまりにもナローレンジであると言わざるを得ないし、ノイズキャンセルがついてこの価格なのだから、それなりの音だと思わないといけないでしょう。

ぼくとしては、ほんとはヘッドポンやイヤホンは好きではないので、家ででっかい音で聴きたいですね。もっと高級なものを使うと心変わりするかもしれませんが。
若い頃は、LP片面が終わると、耳が「キーン」と言うぐらいの音量で聴いていたので、ほとんど難聴状態であったかもしれません。

このごろは、環境とか、年齢のせいであまり大きな音は出せないというか、体がついていかないというか、そこそこの音量ですね。
車でもカーステついてないし、iPodで聴くときが一番大きな音かもしれないですね。
[PR]
by covaemon | 2007-05-09 15:12 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/6834496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。