好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

mac miniのメモリ増設


b0057987_138319.jpg
miniにメモリを増設するのはかなり面倒なのだ。
なかなか開けられないような設計になっている。
中古で買ったminiだからメモリは標準の512MBのまま。

メモリが安くなったので、1GB増設した。
本来は2スロットに同じメモリをいれることをappleは推奨しているけどそうしなくても動く事は動くのである。

しかし、ほんとに開けるのには一苦労だったのだ。いくつか開け方を紹介しているサイトを参考にしたのだが、家にある適当な道具を使ったのでかなり本体に傷をつけてしまったし手にも傷が出来てしまった。

開けてみるとよくもあの小さなところに詰め込んだなって感じである。
元に戻して普通に起動したときには安心したものだ。

さて、メモリを増やす事ってこんなに違うのってのが正直な感想。
起動自体はそんなに違わないが、ソフトの起動時間はものすごく速くなった。
特に、intelに最適化されていないイラレやフォトショがほとんど気にならないくらいのスピードになった。ま、それまで使っていたG4が古かったので気にならないだけかもしれないけど。

標準のままの256MBのメモリを1GBに付け替えると最大2GBまで増設できる。
次期OSXではやっぱり2GB必要なのかもしれない。外付けHDDも買った事だし、これでしばらくは使えるであろう。

でも、またあのminiはあんまり開けたくはないなあ。
[PR]
by covaemon | 2007-02-18 13:19 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/6496632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。