好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

忘れるわけない。

1月17日
[PR]
by covaemon | 2007-01-17 08:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/6348470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petite-tomo at 2007-01-17 09:14
もう12年前になるんですね
Commented by covaemon at 2007-01-17 13:09
はい。
いまだに、神戸に行くのは、ちょっとつらいです。
Commented by kazemachi-maigo at 2007-01-17 15:14
この年、地下鉄サリン事件もありました。
多くの命が予期しない形で奪われました。
ずっと昔のことのようでもあり、つい先日のできごとのようでもあります。
Commented by uroboros@osaka. at 2007-01-17 16:57 x
 友人の救援に7日後海路&徒歩で神戸に入りましたが、すごかったで
す。頭の上から瓦礫が降ってきたりして結構危なかった。往復するだけ
で早朝から深夜までかかりました。
 でも自分にとってはこの年、今の飼い犬が我が家に来たり、ビートルを
手に入れたり、ハッセルブラッドを手に入れて写真活動が活発化したりと
実は、とてもいい年だったのです。他人の事情と個人の事情との齟齬を
今でも痛切に感じます。震災を他人事とする後ろめたさを感じますが、
やはり自分は当事者ではないのだなと痛感します。そのあたりの気持を
今、後悔日誌に書いているところです。
 その神戸の友人は妙なマルチ商法にハマってしまい、僕は逃げの一手
で、なんかだかなぁと思います。やはり地震のトラウマでもあるんでしょう
かねぇ。
Commented by covaemon at 2007-01-18 10:23
> kazemachi-maigoさん。
そうでしたね。同じ年でした。全く違う形で都市というものの怖さを味合わされたのですね。

>うろぼろす堂さん。
確か前日か前々日にライブをやったんですよね。それで浮かれていたらあんなことになって、ものすごいショックでした。
ぼくには、友人とか、親戚とかの身近な人が重大な被害にあっていないので、人のことよりも、街そのものが、死んでしまったようで、ものすごく悲しかったのです。
そうそう、ぼくも同じように、布団かぶせて、自分は本棚や家具を押さえてましたね。でも、男でもそういうことが出来なかった人がいるんです。驚きました。「あんた死ぬで」って。