好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

WINのほうが・・・

その後のintel mac miniです。
WIN使ってるとどうも職場のマシンより速いような感じがしたのです。
で、ちょこっと計って見ました。
約130MBほどのPDFデータを最適化して再保存をかけたのです。
職場のDellはPen4の3.2GHz。メモリは2GBです。
これで、4分36秒。
それに対して、intel mac miniはcore duoで1.66GHZで、メモリは512MBしかありません。それに、そこからグラフィックメモリをとられるので、実質はもっと少ない。
それで、4分4秒。
おお、速い。
デュアルコアだから当然なのかな。
ま、もっとも、いまはPen4なんて過去のCPUになってしまったので仕方ないとは思うのですがねえ。
それに、職場では、WINとMACとでっかい筐体をふたつ並べてるのに、あんなちっちゃいmini一台で、そのスピードに勝ってしまうのだからまあすごいですねえ。
これなら、iMacやMac Proならほんとに速いんでしょうね。

でも、問題はOSX。
今のところはシステムの中にもどうも最適化されていない部分があるようで、ときどきまごつきます。その昔の68kからPowerPCに移行して行く過程と似てますね。
b0057987_1084989.jpg

b0057987_1091842.jpg

やっぱりappleのロゴは表示されないのです。そりゃあ、そうか。
[PR]
by covaemon | 2006-12-08 10:19 | コンピュータ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/6160582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by apple-of-1000 at 2006-12-12 00:46
わーすごいですね(^-^; 仕事で使う関係で、そのうちWinも1台買わないと・・なんて思ってたんですけど、それよりもIntel Mac買っちゃった方が、断然おトクですね。お金も時間も(笑)
Commented by covaemon at 2006-12-12 13:00
apple-of-1000さん。
そうそう、intel macってかなりのいいWINマシンってことになると思いますよ。特に、mac proなんてのを手に入れられたとしたらかなりな高性能は間違いないでしょうね。
このごろは、こういう仕事していてもWINもなければ苦しい時代になってきましたからね。
それに、ソフトを両方揃えないといけないのも辛いところですね。