好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

iPodが5周年。

b0057987_1581030.jpg5年前の2001年10月24日にiPodが発表されたらしい。
ぼくは、なんとか2001年中には手に入れる事が出来た。

それまでは、ソニーエリクソンのauの携帯で、WINから、データを転送して、音楽を聞いていた。それ以前は、CDを持ち歩いていた。

たまたま、家にWINマシンがあったので、その携帯を使ったのだが、やっぱりWINでしか使えないことの不便さと、メモリースティックの容量のすくなさ、当時は64MBしかなかったってのがどうしようもなかった。

そこに、この5GBもの容量のiPodの出現。
なんといっても、すべてMACでできることの便利さは最高である。最初の頃は5GBも必要なのかと思っていたけど、その容量はあっという間に足りなくなってしまった。

そして、なんといっても、デザインがいい。
appleのデザインはほとんどのものが、初代モデルが一番いいデザインだと思う。
このiPodもそうだし、初代ibookもそうだ。特に、タンジェリンのはいかにもappleらしくていい。

久しぶりのモノクロディスプレイはコンパクトMACを思い起こさせてくれて、フォントもchicagoのようで、なつかしく思えた。
ハードディスク内臓だからやっぱりちょっとは重かったけど、いつでも聞きたい音楽がそこにあるのだから、手放せないものになった。携帯を忘れてもiPodは忘れないって感じだ。

今では、5GBでは容量が少なすぎるし、古くなってきてバッテリーももたなくなってしまったので、使っていないが、この初代iPodは、SE/30と共に、我が家で永久保存することに決定している。
[PR]
by covaemon | 2006-10-25 15:25 | コンピュータ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/5927775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hirokionbeat at 2006-10-26 09:01
ウチの初代(10GB)もバッテリが弱ってしまったので、常にAC電源繋ぎっぱなしでリビングのオーディオで鳴らしています。昔、私は「100連装CDプレーヤー」などという巨大な代物を使っていたのですが、今や比べ物にならないほど小さいiPodに何倍もの曲が入る時代ですから、技術の進歩を感じます。
iPod nanoも持っていますが、やっぱ容量がチト少ないので、5GiPodが気になります。次世代でFirewireの復活があれば買ってしまうのでしょうが、果たしてどうなんだろう?
Commented by covaemon at 2006-10-26 10:30
hirokionbeatさん。
「100連装CDプレーヤー」ってそれすごいですね。そんなもんかあったんですか。でも、うちには100枚もCDあるかなあ。
Firewireは難しいのではないでしょうか。やっぱりWINと共用しなければいけないので、USBになってしまうでしょうね。
ほんまWINって不便なもんですね。