好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

いったい、何がおかしいというのか。

Excite エキサイト : <高校野球>監督が故意の三振指示 秋田大会準決勝
勝つ為にやってるのだから、目の前に迫ってきた勝利を逃さないようにするのは当然のことでしょう。
それに、野球はプロも高校野球も同じルールでやっているのであれば、おかしいことはなにもないでしょう。
敬遠は今は高校野球ではしてはいけないのでしょうか。

ただ、選手たちはわざと三振をしたり気を抜いた盗塁などはやったことはなかったでしょうから、あきらかに見え見えのプレーになってしまったのでしょう。

たとえそうであったとしても、わざと三振したりすることがアンフェアであるとは思えない。
なぜならが、7回の裏に大量得点を入れられて同点や逆転されないとはいえない。もし、7回の表に1点でも入れておれば勝てていたかもしれないなんてことにならないとは言えないのだ。

負けたほうの監督は「負ける以上の屈辱だ」と言ったらしいが、そのとおりだ。でも、それが勝負というもの。それに、ルール上ではなんの問題もないこと。それをいかにも被害者みたいな表現をするのはおかしなことだ。

高校野球は教育だと言われる。そうであろう教育だ。でも、野球というものの教育のはずだ。だから、いかにして勝つかを教えるのが野球での教育であるはず。

なら、早く試合を終わらせる為には今の時点で何をするべきかを教えるのはきわめてただしい教育であろう。
もちろん、相手にけがをさせないとか、敗者をおもいやる気持ちとか、自分自身の体力や技術の向上というのももちろん、教育のなかに入るだろう。

しかし、いつまでこんなばかげた精神論みたいなことを言ってるのであろうか。勝つ為にはルール上で許されている事は何でもする。そして利用する当たり前のことなんじゃないのか。
[PR]
by covaemon | 2006-07-23 19:46 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/5327688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 湘南のJOHN LENN.. at 2006-07-23 21:48
タイトル : 試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会
試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会 写真は横浜スタジアム神奈川大会開会式 以下、報道から。 秋田市のこまちスタジアムで22日あった第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、本荘に故意に三振するなどフェアプレーに反する行為があったとして、県高野連は本荘に対し23日の決勝開始までに始末書を求めることにした。 問題の行為は7回表、雨が降り続く中であった。高校野球では、7回が終了すれば雨天でコールドが成立し、そこまでの得点の多いチームが勝者になる場面...... more
Commented by 賛成します。 at 2006-07-24 01:33 x
これがアンフェアだというなら、責められるべきはルール(を作った者)の方であろう。
ルールを「守り」、その中で最大限の努力をすることが結果としてどう見えるかと、ルール「違反」そのものとの線引きができなくなっている世の中かも知れない。
Commented by covaemon at 2006-07-24 22:38
拡大解釈とか、あとで、ねじ曲げるとか、結局高校野球で犠牲になるのは、みんな選手たちですよね。