好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

ええぞ、クレスポ!、さすがベッカム!、やっぱりフィーゴ!!

いいですねえ。ワールドカップ。見たい人が怪我をしないで順調に出てきてくれてもう楽しくてしかたありません。

アルゼンチンのクレスポは前回大会で、ぼくは密かに得点王になるかもなんて思っていたのです。しかし、なんと彼は先発メンバーではなかった。それに予選リーグで終わってしまった。今回はもちろん先発メンバーでやってきました。でも得点王にはならないでしょう。彼がしゃかりきにならないでもまわりにもすごいメンバーがいっぱいいます。クレスポがおとりになってやれば全体ではいい結果になるでしょうね。それに、アイマールやメッシが控なんてなんて贅沢なチームなんでありましょうか。

ベッカム。もう言うことはない。あのフリーキックは完璧のペキちゃん。今回はチーム自体も調子いいようだから、フーリガン達もおとなしい。

フィーゴはいつもいつでもフィーゴなのだ。いつのまにかフリーになっていて、そこから絶妙のパスが出てくる。だいたい、なぜにフィーゴをフリーにしてしまうのだろうと思うのだが、時々彼は消えることが出来るのであろうか。

しかしだ、コートジボワールやトリニダードトバコなどのチームは勝ことは出来なかったが、実に質のいいサッカーをしていた。やっぱり身体能力が高いという恵まれた理由があるにせよ。いい外国人監督を招いて、正統なサッカーをやっている。気をてらったところがないから、いい。それに無用で卑怯なファールをしない。もし、これらのチームと日本がやればなかなか日本は苦戦するだろうし勝てないかもしれないと思ってしまう。

で、きょうは日本とオーストラリアだ。はっきり言って仕事なんてしている場合ではないのだ。とはいえ、試合開始は午後の10時ではあるのだが。10時以降は日本のテレビはワールドカップ以外は見てはいけないのだ。もし、違う放送が流れているテレビがあればすばやくワールドカップに変えなければいけない。

とにかく、オーストラリアはみんなでかい。これはたいへんだろう。宮本は飛ばされないだろうか。川口はキャッチできるだろうか。

勝つためには、スピードと的確なパスワーク。そして、とにかくシュートをする。パスばっかりやってても点は入らない。

引き分けはいい結果とは言えない。勝点3はどうしてもこの相手からほしいものだ。
[PR]
by covaemon | 2006-06-12 09:36 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/4989200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。