好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

ドイツなかなかやるやん。

ワールドカップです。誰がなんと言おうとワールドカップです。
初戦でドイツがコスタリカに勝ちました。すばらしい試合でした。ワールドカップの初戦にふさわしいわくわく出来る試合でした。

そして、やっぱりドイツはドイツでした。やらなあかん時にはきちんとやってくるのです。ほんますばらしいです。
ひとつだけ、クリンスマンに助言をいたします。「バラックは使うな」今のお前の判断はすばらしい。ただ、キーパーはやっぱりカーンのほうがいい。

そしてコスタリカ。あきらかに、日本とドイツの試合をみていたのだろうね。
でないとあのカウンターはないでしょう。ただ、ワンチョペはすばらしい選手であることは間違いのないことなのであります。だから彼なしではワールドカップには出られなかったでしょう。

さてさて、我が日本代表はどうなるのであろうか。
勝ち点をいくと取れるか。2取れればいいほうだろう。もし、最後のブラジル戦で早々にブラジルが決勝リーグ進出を決めていれば引き分けにはしてもらえるかもしれない。でも、絶対に勝つことは出来ない。だから、ブラジルまでになんとかしておかなければいけないのだ。

でもだ。今回のメンバーではどうだろう。オーストラリアには引き分けにできるかもしれない。でもクロアチアには勝つのはかなり難しい。でもサッカーに絶対はない。この絶対はないということを選手がどれだけ分かっているかが問題なのだ。「我々は勝つ」と思いながら試合をしていればいい結果を見ることはもっと難しい。いかに、謙虚にストイックに勝つ為に頭脳を使うか。本番は違うのだということを見せてほしい。
もちろん、どんなことがあろうとも、生放送で見る。それがドイツに行けなかった日本国民の義務だ。
[PR]
by covaemon | 2006-06-10 19:58 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/4973801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。