好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

文庫全制覇

b0057987_1183067.jpg

現在、文庫で出ている宮部みゆきの作品はすべて制覇いたしました。正確に言うと「ブレイブストーリー」は今読んでいるところなので、全て読破ではないのです。
しかし、去年の12月からこれだけ読んだのです。読書家の人から見ればなんてことない量であると思うのですが、ぼくにとってはまさに驚異的。

帯のついてるのは新品で買いましたが、そのほかはみんな古本屋を利用。なかには、ブックオフで105円なんてのもありました。

「誰か」だけ新書ですが、これはまだ文庫がでていないのです。
さて、無理やりにベスト3を決めるとすると。

No1・・・文句なく誰がなんと言おうと「火車」
No2・・・涙の「蒲生邸事件」
No3・・・これが難しくて同率で「クロスファイア」と「レベル7」かな。

やっぱり、現代物になってしまいますね。それも長編。

これからが問題。ぼくは基本的には通勤時間と昼休みを利用して読んで来たのです。だから文庫じゃないと困る。単行本は思いし、かさばるし。ハードカバーなんて電車の中で座っていればまだいいけど、立って読むのはたいへん。
しばらくは文庫は出ないだろうから、ああ、どうすればいいんだい。
[PR]
by covaemon | 2006-06-08 11:23 | 書き物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/4951939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sak161 at 2006-06-08 18:38
わわわ、凄いです。私は全制覇してないですよ。
ブレイブストーリーは同じく手をつけた所。
ただ、ここのところちょっと忙しく、読書時間がなかなかとれない〜。
私も文庫派ですが、宮部さんはしばらく出ないでしょうね…
京極堂シリーズにシフトするとか(笑)
Commented by kazemachi-maigo at 2006-06-08 22:06
おおぉっ!
実は、まだブレイブストーリー、買ってないんです。
読んでないの、それだけかなぁ・・・。
私、文庫まで我慢できない人なんで、ハードカバーもたくさんありますよ。
腕を筋肉痛にしながら、電車の中で読んでます。
あと、寝る前のベッドの中ね。

人間への視点の優しさ、言葉のわかりやすさ、くすりと笑わせてホロリと泣かせるテク、から言って、似ているのは、今はなき「岡島二人」だと思います。
ワタクシ、全作品制覇しております。
Commented by covaemon at 2006-06-09 00:34
sak161さん。
ね、凄いでしょ。ブレイブストーリーどうなんでしょうね。いかにも宮部作品であるとは思いますが、ゲームをしないぼくにはどう理解していいものやら。
京極堂かあ。でも妖怪はなあ。
Commented by covaemon at 2006-06-09 00:37
kazemachi-maigoさん。
さすが、全作品を制覇ですね。
ぼくは寝る前にベッドの中で読み始めると2分ぐらいしか目を開けておれないのです。
正直に言うとね、宮部みゆき以外は読みたくないっていう感じなんです。それにあんまりミステリーや推理ものが好きだったわけでもないので。ぼくって一途でしょ。
Commented by とと at 2006-06-10 16:49 x
すごいなぁ~.短期間にこれだけの読書量.covaemonさんはもはや,宮部みゆきを評論できるのでは?

わたしは同じ作家の本を読み続けるのは苦手.その理由は,ひとつは似たような傾向を感じ取ってしまうから.新鮮さが失われる気がするんです.もうひとつは,まさに今covaemonさんが悩んでらっしゃること.そう.読みつくしてしまう恐怖があるから.
なので私の場合,少しずつ幅を広げながら読んでいくんです.その場合,他の方の感想がすごく役に立つ.だから読書系ブログ(そういう名前かどうか知らないけど)は,あちこち覗いております.

ちなみに,もし今私がcovaemonさんにお薦めするとしたら,伊坂幸太郎かしら?一途なcovaemonさんを,ちょっと誘惑.(笑)
Commented by covaemon at 2006-06-10 19:45
ととさん。
なかなかするどいご意見をありがとうございます。
新鮮さが失われる。確かにそうかもしれません。ただ、ぼくは去年の12月、宮部みゆきを読み始めるまで全く彼女を知らなかったので、半年経った今でもまだ新鮮なんです。それにあの文体は飽きることがありません。感動しまくっています。
伊坂幸太郎と東野圭吾にはちょっとひかれているのですが、あくまでも、ぼくは一途は男なのです。
ひょっとして、宮部みゆきが女性だというのもここまで読み続けいてい理由の一つかもしれないですね。