好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

ワインもペットボトルで買う時代。

仕事帰り、乗換駅にあるデパートのお酒売り場をうろついていたのです。そこで、お酒とか、オリーブオイルの量り売りをしているコーナーを発見したのです。
そこで販売していたワインはイタリア産のものでした。ぼくは最近はフランスのしか飲んでいなかったのですが、量り売りっていう珍しさもあり、一口飲ましてくれたということもあって、ペットボトルを105円で買ってそこにワインを入れてもらいました。

1リットル単位での販売なんですが、価格的には安いってこともないのですが、よくワインを飲むぼくにとっては、空になったボトルが邪魔だったのです。だから、これなら、ペットボトルを何度でも使えるし、資源を大切にすることにもなる。

それに、なんといっても、空ボトルがいっぱいあるとものすごく酒飲みに感じてしまうので、この方法はいい事ずくめなのです。でも、反対に言えばいくら飲んでも記録が残らないってことです。飲み過ぎないようにしなければ。ぼくが買ったのはフルボディで、なかなかおいしいんです。
b0057987_20253160.jpg

[PR]
by covaemon | 2006-04-07 20:26 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/4349792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazemachi-maigo at 2006-04-07 21:41
いいですね、これ。
昔、日本酒やお醤油は、一升瓶を持参して量り売りしてもらったものです。
ペットボトルでなくても、自前のカラフなんかに量り売りしてもらえるといいのになぁ・・・。

フルボディ、飲みたいです。
Commented by covaemon at 2006-04-08 01:27
うろぼろす堂さん。
そのとおり、近鉄百貨店です。ここはテナントでして、
http://www.vomfass.co.jp
という店なんですね。大阪はここしかないのです。あべのも捨てたもんじゃないですね。
自前の入れ物はどうでしょう?1リットル単位での販売だったような気がします。問い合わせてみてください。ちなみにメニューはたくさんありますが、実際に店頭に並んでいるのはそんなに沢山はありませんでした。

kazemachi-maigoさん。
ええ、なぜにそんなに昔の事をご存知なんでありましょうか。お店にはガラスのボトルなどもおいてましたね。あと、ブランデー用やオリーブオイル用に小さなボトルも。
http://www.vomfass.co.jp
ってお店です。本社は東京だし、お店も数店あるようですよ。
Commented by kazemachi-maigo at 2006-04-08 11:42
HP拝見しました。いいですね、ここ。
行ってみたいと思います。
オリーブオイル、料理用やサラダ用に、いろいろなヤツがチョットずつ欲しいときに便利ですね。いろいろな小瓶がたくさん並んでいるのを見るだけで、楽しくなります。

昔のことを知っているのは・・・それはもちろん、昔の人だからですよ(笑 泣)。
Commented by covaemon at 2006-04-08 22:34
kazemachi-maigoさん。
東京の方のお店は大きくて沢山商品がならんでいて、いろいろ選べそうで羨ましいです。大阪のお店はもうなんだか端っこの方に無理矢理商品を並べてるって感じですからね。
昔の事には・・・触れないでおきます。