好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

内閣総理大臣に私的参拝はありえない。

Excite エキサイト : 政治ニュース
国を代表する内閣総理大臣が一歩外に出れば私的な事なんてありえないのです。

だから、靖国参拝は明らかに公的な参拝。

ですから、憲法違反。

一宗教法人である靖国神社に公用車で乗り付けた内閣総理大臣が参拝するなんて許されるはずがない。

靖国神社にA級戦犯が祀られていてもいなくてもそんなのは関係ない。断固、憲法違反だと主張する。

野党や、中国や韓国は「日本軍国主義の復活」などと言っているが、今のヘナヘナな日本人に軍国主義が浸透するはずがない。
それに、過去の欧米列強や現在の強い国といわれている国たちが軍国主義でないのだろうか。

中国などはごくわずが一部の権力を守るために自国民を人民軍が制圧した。こんな軍国主義の国は他にないだろう。他国に軍国主義などと言う権利は全く無い。
おまけに台湾にもなんかあったら攻撃するとまで言っている。

韓国も徴兵制が義務付けられている。たしか竹島は軍が守っているはず。

それに比べて日本なんかイラクまでおっちら出て行っても堀の中でじっとうずくまっているだけなのだ。どこが軍国主義だ。武器持っていても自分では使えないから、よその国に守ってもらっているそんな軍隊があるのか。ああバカらしい。

だから、日本は軍国主義ではないのだ。中国も韓国も国内の問題から国民の目をそらさせようとして日本を利用してるだけ。
日本政府もはっきりと言ってやればいいのだ。

しかし、首相の靖国参拝は憲法違反である事は事実。野党もワーワー言ってるだけでなくて訴訟でもおこしたらどうなんだ。憲法違反だとしてね。
ま、この国の情けない裁判官ではなんにもできないでしょうけどね。
[PR]
by covaemon | 2005-10-17 13:29 | ひとりごと | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/3635758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ブラジルの蝶とテキサスの竜巻 at 2005-10-17 13:44
タイトル : 政教分離の違憲判断は無力なのか
<靖国参拝>支持派勉強会が再開 チルドレンに参加呼びかけ そもそも制度保障である「政教分離原則」についての違憲判断など無力なのではないだろうか。 第20条を「信教の自由」と「政教分離」に分けてみると、 「信教の自由」 第20条 1 「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。」 (前半部分) 2 「何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。」 「政教分離」 第20条 1 「いかなる宗教団体も、国か...... more
Tracked from 徒然閑話 at 2005-10-17 16:49
タイトル :  ・・・すべてが、予定通り何ですか?? 
<小泉首相>靖国神社に昇殿せず参拝 秋季例大祭初日 小泉純一郎首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相参拝は04年1月1日以来で、通算5回目。首相参拝は中国、韓国など近隣諸国が強く批判しているため対応が注目されたが、「年1回参拝」の公約を優先した。ただ本殿には上がらず、一般参拝客と同様に拝殿の前で手を合わせるなど過去の参拝と異なる形式を取り、私的参拝を強調した。 ーーーーーーーー  「公邸を出た首相は午前10時過ぎ、公用車で同神社に到着。一般参拝客と同じ拝殿に進み、一礼し...... more
Tracked from じっと、ずっと思う at 2005-10-17 23:55
タイトル : 憲法違反と詭弁。
Excite 小泉首相が靖国参拝へ=中、韓の反発必至=  言うまでもなく神社仏閣は国営ではない。国民から集めた税金を特定の宗教のために使うことは許されない。そんなことは憲法違反であるのはもちろんだが、税金=公金の使い方として不適正である。この参拝を支持するという”賢明”な皆さんは、公明党が政権を握ったとき、またはその議員が閣僚になった暁に、彼らが「私的立場」から「世界平和のために」創価学会の宣伝をすることも当然容認するわけだ。そうだよね、池田会長のヨイショなら中国も韓国も目くじらたてないしね。おめで...... more
Tracked from ◆木偶の妄言◆ at 2005-10-18 09:59
タイトル : 小泉首相が靖国参拝にこだわる理由
小泉首相が靖国神社を参拝した。 公人にあたる人物の靖国神社参拝についての僕の考えは、「未来に続く靖国問題」、「靖国参拝の不思議(上)」、「靖国参拝をどうするのか? 」「(補稿)靖国参拝をどうするのか?」などで縷々語ってきたので、繰り返さない。ここでは小泉首相が靖国神社参拝にこだわる理由を考えてみる。 僕はもともと小泉首相自身には靖国参拝に対する思い入れはないのであろうと推測する。 2001年の総裁選で票田である遺族会向けに8月15日の参拝を「公約」。国会答弁で靖国参拝を何度も明言した...... more
Commented by 琥珀亭 at 2005-10-19 13:02 x
ご無沙汰してます。
来月やる国際美容外科学会の裏方をやっているんですが、さっき北京の医師から「小泉さんの問題で、ビザが降りない。行けないかもしれない』と電話がありました。
困るんだよね〜、つまらない意地の為に国際交流が無になってしまうかも知れない。
Commented by covaemon at 2005-10-19 22:30
琥珀亭さん。どうもです。
いろんなところに影響が出るんですね。
ただ、中国、韓国の言ってることはほとんどいいがかりなので、いつまでも言わせておくわけにもいかないしね。
韓国の大統領の来日がなくなるかもしれないと言ってますが、別にこなくたっていいんです。来てもなにも解決しないでしょうから。