好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

やっぱり、拡張キーボードはエライ!

MACで仕事を始めた時から基本的にずっとこの拡張キーボードを使ってきました。今でも、職場ではMACもWINもこれを使っているのです。

この前買った、G4に付いていたキーボードはJISキーボードだったのです。ぼくはJISキーボードが大嫌いなんです。なぜ、@はあんな位置にあるのでしょうか。:はなぜ、移動したのでしょうか。( )の位置も。そしてなにより、コントロールキーはどこへ行ったのでしょう。ぼくは、コントロール、オプション、コマンドが一列に並んでいないとMACのキーボードとは認められません。でないとショートカットが使いにくい。

そしてなぜか、かなとか英数なんてキーが追加されてきました。こんなのなくても全く困りません。

だから、自宅のMACにも拡張キーボードをつけたかったのですが、拡張キーボードはADBです。今のMACにはUSBしか使えません。ADB-USB変換アダプターとして「i-mate」ってのがあるのですが、それは、職場のWINに使っております。だから、先日apple純正のUSキーボードを買ってきまして、それを職場に持って行きました。

そして、i-mateをG4につきさして、この拡張キーボードを使えるようになったのです。今のキーボードのようにトレイの開閉キーは付いていないのですが、F12キーでトレイの開閉ができます。ボリュームの調節もできませんが、ぼくはこれにはそんなに困らないです。ただ、消音キーは便利なのでこれはあればいいなあと思います。

それより、パワーキーがあるのがいいですね。問題なく使えます。ただ、OSXになってから、ほとんどシャットダウンすることがなくなったので、あんまり使わないですけどね。

この拡張キーボードはデッドストックの新品です。何年か前、製造中止になった時に2個買っておきました。一つは職場に持って行っているのです。今回押し入れの奥から出してきたのですが、当時の値札が付いていたのです、なんと2万円を超えていました。だから2個で4万円以上払ったのです。今では考えられないですよね。純正のキーボードなんて3500円ぐらいでしょ。

それと一緒に使っているマウス。これも古いですよね。でもこれが大好きなんです。一番使いやすい。これはもうかなり使っているものですが、これもひとつだけ、新品をストックしております。

考えてみるとcovaemonは昔から全く進歩してないと言えばそのとおりなんですが、もうこの環境になじんでしまっているので今さら変えられないのです。でも、いつかはキーボードも壊れてしまう。その時はどうすればいいのか、うーん、悩む。
b0057987_21575825.jpg

[PR]
by covaemon | 2005-09-04 22:03 | コンピュータ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://caffein.exblog.jp/tb/3414895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by apple-of-1000 at 2005-09-06 00:45
やっぱり長年使って来たキーボードが一番なんですよね(^-^;
私の場合は、17年もの間、JISキーボードだったので(笑)今、なかなか新しいキーボードになじめなくって苦戦中ですもん。
ホントに気に入ったキーボードに出逢ったら、買いだめしておくが吉♪ですね(^-^;
Commented by covaemon at 2005-09-06 08:47
17年間もですか。 apple-of-1000さんってぼくよりベテランさんだったんですね。
Commented by slashstyle at 2005-09-06 11:19
懐かしいな。使ってましたよ、キーボードもマウスも。
うちのスキャニング専用機にはまだこれが繋がっていますよ。なんたってG3ですから。
Commented by covaemon at 2005-09-06 12:59
slashstyleさん。
そうですよ、まだまだこのキーボードとマウスは現役ですよね。壊れない事を願うのみです。
Commented by apple-of-1000 at 2005-09-10 01:41
17年・・・と言っても、当時は中学生でしたから(笑)ベテランとは言えませんわ〜。まだまだひよっこですよ〜(^-^;
Commented by covaemon at 2005-09-11 01:29
ああ、中学生からやっておられるのですか。ぼくは、30すぎでからMACはじめたので、変に年齢を想像してしまいました。失礼をいたしました。