好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

新・旧のiPodをめでる

旧はたしかに、旧なんですが、新は正確には新ではありません。一つ前の世代の30GBモデルです。ここでは、旧をiPod1号、新をiPod2号と呼ぶことにします。

さて、1号ですが、これはご存じ初代iPodです。発売された2001年に買ったものです。今まで何のトラブルもなく通勤の時はいつも使っておりました。さすがにバッテリーがへたってきたのと、なんか音がガサガサするような気がしてきました。

2号はiPodphotoの30GBモデルです。先日アップルストア心斎橋にTigerを買いに行ったのですが、その時デパートのワゴンセールのような形で「整備済みモデル」としてG5やiMacG5、シネマディスプレイとかを販売していたのです。その中にこれもあったのです。

価格は今の20GBモデルよりすこし安かったです。それにFWケーブルもいっしょに買ってきたんです。前にアップルストア心斎橋に行った時にお店の人に「今のiPodはFWは使えない」と言われたとのことでしたが、今回は何の問題もなく「これですよ」と言ってケーブルを出してきてくれました。nekotekikakuさんに教えていただいたようにFWは使えるのです。

予想外の買い物してしまったので、Tigerは買えませんでした。来月以降ですね。まあ、来月になったらまた違ったものが欲しくなってしまうかもしれないですけどね。

さてさて、この2号。1号に比べてなにもかもが小さくなってます。本体もそうだし、FWのケーブルも細くなっている。イヤホンにいたってはすこし短くなってるのですね。でも音はよくなってます。1号ではベースブートしてたのですが、2号ではその必要なないです。ちなみに1号のイヤホンを2号に使ってみたのですが、音が悪くなってしまいました。つまり今のイヤホンは音が良くなっているのです。だからイヤホンだけを買ってきてもいい音で聞けたわけですね。

そして、シリコンのケースも後日ソフマップで買ってきました。1号ではケースは使ってなかったので、裏面の金属部分は傷だらけなんですが、以前テレビで見たのですが、金属部分はひとつひとつ新潟の工場でおじさんたちが手で磨いているのです。だからこれを傷つけるのはなんか申し訳ないような気がするのでした。ただ、このシリコンケース本体はよく守ってくれるのですが、ほこりがよくつくのです。これはちょっと困りものです。

しかし、容量に余裕があるのって精神的にいいですね。今までは全ての曲を入れられなかったのですが、今ではまだまだ余裕があります。
ああ、そうそうもちろん、最初に聴いた曲は「美しき青きドナウ」です。

b0057987_22294017.jpg

[PR]
by covaemon | 2005-08-06 22:32 | コンピュータ | Comments(2)
Commented by apple-of-1000 at 2005-08-07 23:02
iPod2台〜うらやましぃ〜!!(^-^;
私、iPodにしようか、iPod miniにしようか…と今さら迷っててまだ買えてません…(笑)iTMSもオープンした事ですし、今買うなら容量の多いiPodの方がいいでしょうか?
それにしても、iPodの裏側の金属のところは新潟のおじさまたちの手によってひとつひとつ磨かれてるだなんて…(^-^;イイ話ですね♪
ますますiPodに魅かれちゃいますね(笑)
Commented by covaemon at 2005-08-08 09:10
やっぱり容量に余裕があるのって精神的にいいし、それにデータを持って帰るのにも便利ですからね。
しかし、miniの小さくて軽いのは魅力的です。でもね、miniの6GBとiPodの20GBなら価格的にも極端に違わないので、考え物だと思いますよ。それに、おじさんたちの磨き作業はminiにはないですからね。(と言って、iPodを買わせようと洗脳している!?)
5GBの1号は引退させて永久保存品にいたしました。