好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

やっぱりこんなこと、やっちゃあいかんでしょう。

ロンドン同時爆発テロ | Excite エキサイト : 国際ニュース特集

バグダッドへの空爆の時もそう感じたのですが、やっぱりこんなことはやってはいけないと素直に思うのです。

よく、憎しみの連鎖なんてことが言われますが、そうなんでしょうか。ぼくにはわかりません。わからないけど、テロや戦争をやっていいということではないはず。

今回はまたアルカイダの犯行ではないかと言われてますが、もしそうだとしたら、なぜ、一般市民を狙うのでしょうか。たしかに、ニューヨークのビルもロンドンの地下鉄や2階建てバスはその国や都市を象徴したものであり、それを攻撃目標にするというのが理由でしょう。

でも、それには人間の犠牲者とくにアルカイダにはなんにも影響をおよぼしてない人たちもまきこんでしまうことになってしまう。

そんなことをするから、アメリカは「我々は軍事施設しか攻撃しない」などと言って正当化するのです。もちろん、アルカイダに軍事施設を攻撃しろと言ってるのではありません。

イラクが今どうなっているのか、まるで報道されていないのはなぜなんでしょう。報道されていないのは日本だけなんでしょうか。しかし、今回のようにロンドンでのことはすぐに全世界を情報が駆け巡ります。そして、全世界的に悲しみモードに入り、お偉いさんたちは「テロには屈しない」とお決まりの台詞を述べられる。

ニューヨーク、ロンドンと来れば次は東京なんでしょうか。しかし、東京や日本を象徴するようなものってなんでしょう。東京タワーってことはないだろうし、東京ドームも違うだろうし、東京都庁なんてのは絶対違うだろうし。富士山は標的にならないだろうし、やっぱり「新幹線」しか思い浮かばないのですが、そんなことだけは起こって欲しくないです。
[PR]
by covaemon | 2005-07-08 09:55 | ひとりごと | Comments(0)