好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

小泉首相の靖国参拝問題

中国や韓国から小泉の靖国神社への参拝についてものすごい抗議が起こっていますね。日本国内でも様々に意見が出ています。小泉にいたっては他国にあれこれ言われることではないなどと言ってます。

はたしてそうでしょうか。ぼくは、中国や韓国が日本の教科書の内容にあれこれ口を出すのにはほんとに腹が立ちますが、この小泉の靖国神社への参拝については言っても仕方ないなと思ってしまいます。

A級戦犯といわれる人たちがほんとにどんなことをしたのかはぼくにはわかりません。調べれば有る程度はわかるかもしれないけど、事実なんて絶対に解らないと思う。

東京裁判でA級戦犯と決められてしまった人たちを戦没者として靖国神社に祀られるのはどうでしょうか。そもそも靖国神社は明治にできたものなので現在も同じように扱っていて良いのでしょうか。それに宗教法人として存在している靖国神社に、首相である小泉が行くのは許されるのでしょうか。

今の日本国憲法には宗教の自由は何人にも保証されています。しかし、国やその機関は宗教行為をすることはできないと定められています。首相はいいのでしょうか。ぼくは内閣総理大臣は国の代表であるから靖国神社に参拝することは宗教行為であるのでやってはいけないと思うのです。もし、A級戦犯が祀られてなくても同じであると考えます。

やはり、神社ではなく無宗教の戦没者施設を作るべきだと思います。どうしても神社と言うところには行きたくない人もいるのではないでしょうか。

で、問題の中国ですが、今中国では小泉首相の靖国神社への参拝だけ、やめてほしいと言ってるようです。先日、副首相が小泉との会談をドタキャンして帰りました。いろんな国からも批判されてます。しかし、批判覚悟でドタキャンしたんだと思います。

それまでにも中国側は主席や首相やいろんな人が靖国に行くのだけはやめてくれと発言してました。ひょっとして、副首相との会談で靖国には行かないと小泉が発言するかもしれないと思ったかもしれません。しかし、国会であんな答弁をしてしまったので、会談をするわけにはいかないのです。面と向かって小泉に靖国に行くと言われれば中国としては、どうでればいいか。

そんなことを言われて、ああそうですかと帰るわけにはいかないでしょう。そうなれば日本と中国は泥沼化状態になってしまいます。つまり、これは中国はまだ最後のチャンスを小泉に与えたのです。日本に来ていたのが首相や主席でなくてよかったと思わなければいけません。

だから、小泉首相はとにかく、靖国神社にはいかないでほしいです。
[PR]
by covaemon | 2005-05-27 15:09 | ひとりごと | Comments(0)