好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

とは言うもののね。

ニートと働かないアリ

まあその、大企業にその「あんまり働かないアリ」がいてもそんなに周りには迷惑はかからないでしょうけど、小さな会社だと自分の役割というのは確実に決められているもので、それを納期までにきちんと収めてくれないとそいつのおかげで、廻りがたいへんな迷惑をこうむることがあるのです。

そういうときに限って、自分の仕事を犠牲にしなければならなくなったりするのでやっかいなのです。で、「あんまり働かないアリ」が実は自分は物凄く仕事が出来て、自分が会社を背負っているんだなんて思ってるので困るのであります。ひとりで「忙しい、忙しい」っていってて、人がちょっとでも休憩していると、「そんな暇があるんなら、手伝え」と。ぼくは心の中で、「そんな仕事、人に手伝ってもらわんでも、すぐに終わるやろ」ともう舌の先まで出ているのですが、そこから飲み込むのは、ものすごい苦労なんです。

僕の場合は、「あんまり働かないけど、なんとか自分の分の売り上げはかろうじてクリアしているアリ」ってところでしょうか。って、それも自分で思っているだけで、経営者から見ればマイナスだったりしてね。リストラされないようにがんばろー。
[PR]
by covaemon | 2005-05-26 13:24 | ひとりごと | Comments(0)