好奇心旺盛だから、内容は支離滅裂。

by covaemon

やっぱり腹がたつ、JR西日本

あの悲しい事故から昨日で一月がたちました。
直接、知り合いが亡くなったとか、けがをしたとかはなかったのですが、知り合いの知り合いがけがをしたとか、ちょっと前の電車に乗っていたなんて話を聞くと、常にああいう事故は身近に起きてしまうのだなと感じてしまいます。

今日のタイトルは直接JRの態度や対応について言いたいことがあるのではなく、それはぼくが毎日通勤でJRに乗車しているということに腹が立つのです。他の路線に変えたくても変えられない。そこはJRしか通ってないからです。

前にも書いたように記憶しているのですが、NHKなら、受信料を払わないとか、三菱の車なら買わないとか、市民がささやかな抵抗したりします。ここ最近では、イカリソースがスーパーから商品を撤去されたりして誰も買わなくなってしまった。ついに会社更生法まで申請ということになりました。

でも、電車などの交通機関はそういう抵抗ができない。それに、腹がたつのです。

雪印も元は大阪でしたが、今ではスーパーの商品も減りました。ぼくもあの事件いらい、一切雪印は買ったことはありません。

イカリソースなど一瞬にして何億もの損害が出てしまいます。しかし、JRは福知山線は損害だけどもその他の路線は普通どおりの収益を上げれるわけです。それは、市民は抵抗が出来ないから、これってほんとに理不尽です。

せめて、どこかの気骨のある企業が、JRには一切広告を出さないなんてことを言ってくれないでしょうかねえ。
[PR]
by covaemon | 2005-05-26 11:37 | ひとりごと | Comments(0)